(CGTV REVIEW)スバル・レヴォーグ STI

長年観てきましたが…

こういう反応はなかった…

松任谷氏とインプレッションが近いと感じた最初はプジョー306だったと思います(遠い目)

その後も、特にパワステの手応えについては共感することが多かったのです。

 

「どうまとめたらいいか分からない…」で始まりました💦

 

「重箱の隅をつつこうにもつつけない」

「フラットですよね…」これは注釈が必要でしょう。最近スッとこのセリフを言わないなと…

今回は、前置きなしに呟くように…

 

「ベストバランス」

「スムーズ…」

そして、国産車では一番「好きな」パワステ…

良い、ではなくて「好き」でしたね…

 

(でも、アレについての遠回しの弁明のようなコメントがそろそろ…)

 

CVTのネガはほとんど感じられない…

 

なんと!本当ですか…

田辺さんはシートも高い評価でした。

平板なシートだと思ったが、走り出すと馴染んで包んでくれる…

以前SUBARUのディーラーで聞いたのですが、STIは皮革の格がレクサスの物を使っているとの事…トヨタ車はそこにラインがあるが可能となったとか…

番組全体のトーンとしても、SUBARUのこれまでの頑張りを讃えるような…

 

(これは、相当の仕上がりのようですね…)

 

…乗ったら最後でしょうね💦

まあ、でも日本車がそう扱われる時が来ましたか…\(^o^)/

(2ペダルはSUBARUに戻ればいい…)

 

尚、STIではないノーマルモデルは高速で若干線が細い…とのことです。

コメント

  1. […] それと、CGTVでの評価がすこぶる高い! […]

タイトルとURLをコピーしました