*

【試乗】アクセラ・スポーツXD

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 マツダ, 試乗リポート




レヴォーグの前に乗っておきたくて、梅雨の晴れ間に行ってきました。

結論からすると私は20Sの方を選びます。ただ、相変わらず2.2ディーゼルエンジンはスーパーでした。

このモデルに何を求めるかになってくるのだと思います。

相変わらず高質な乗り心地と羨ましいシート・・・舗装の悪いところを越える時、アクセラは柔らかくはないのですが、当たりはとれていますし、そのあとボディが揺れない・・・相棒BR9に戻った時にさらにその差を実感します(^_^;)

アクセラが「ドッ、ドッ」のところを相棒だと「ドッ(ウワン)ドッ(ウワン)」と余計にボディが動きます(TωT)同じ18インチですが、収まりは・・・相棒(BR9)けっこう差があります(^_^;)

もし、走り出しだけに聞こえるディーゼルとわかる音が気になるのなら、ボーズのノイズキャンセルの機能をもつシステムで音楽を聴けばかなり解決します。この手のものでその効果がこれだけ分かったのははじめてだったかも(まだ耳は聞こえる?)というよりこのシステム、音が素晴らしい(^_^;)

こちらのディーラーもしっかり乗らせてくれました。20Sの時と同じカーブを走ることに・・・

そこまでの移動は新しい高架の道を走ったのですが、正直これまで乗ったことがない乗り物・・・

力はV8の4L?でもゴルフみたいな大きさ・・・そんなに重くないから、あ、ゴルフのR32・・・締まった感じが似てる。でも、パワーはアクセラの方が一枚上手。回転が上がらないのにスピードが上がる、いえ、それもスピード感として訴求してこないのでメーターで後で確認する感じ。それで、「これまで体感したことのない」になるのです・・・(ある意味ハイブリッドに似てる?)

ただ、その同じカーブで20Sの時のような「魔法」は感じませんでした。XDは運転が難しい・・・シンメトリカルAWDの相棒BR9のアドバンテージをより多く感じることになりました。

やはり前が重いからバランスが?逆にステアリング操作でなにをやってもスパッとこなしてくれる20Sの方がスーパーハンドリングなのでしょう。

操舵に対するレスポンスは精密なので、適切な舵角で決まった時、あるいはそれがうまいドライバーはXDでも問題ないのかもしれません。

実は、最近のMAZDAミッションが良い・・・正直、相棒負けてます(^_^;)カーブ前のパドルシフトによるシフトダウン・・・これで十分。相棒のリニアトロニックで物足りないと感じるところでもこのATはクリアしてくれます。

(実は攻めた時よりも「ゆっくり走るよろこび」の時の方がミッションの要求が高くなったのです・・・今ごろになって、リニアトロニックに対する指摘の意味が分かったのです(^_^;)いかにトラクションを軽視して走っていたか<(_ _)>)

アクセラのXDはセダンの方がいいのでは・・・と感じました。最近ほとんど見なくなったこのクラスの「セダン」がこれまで体感したことがない乗り味をより表現するのでは・・・(隣にハイブリッドが停まっていたので、ふと・・・)少なくとも言えるのは、どちらもカッコいい(^_^;)

個人的にはこの2.2ディーゼルで一番感銘を受けたのはCX-5になるのかもしれません。マイナーチェンジでリアのダンパーが変わったようですが、機会があればチェックしたいところです。

(さあ、レヴォーグ如何に?)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【試乗】ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッド

直前にアクセラに乗っていたのは大きかったかもしれません。 いえ、冷静に考えるとフィットとの比較

記事を読む

【試乗】スズキ アルト・ワークス

これは気合が入ってる!ただ・・・ 朝一で行ってきました。でも、ちょっとコースが・・・ 一応カ

記事を読む

【試乗】スバル・レヴォーグ1.6GT(B型)

こんなに日が長いのですからどんどん試乗したいのですが、そういう時に限って雨が降って・・・

記事を読む

デミオXD(乗り直し)

そうですよね・・・ほっとしました(^_^;) もう一度乗ってみました。プレマシー、CX-5、ア

記事を読む

ホンダ ジェイド ハイブリッド X

久しぶりのHONDA車の試乗です。 こちらのディーラーは大きく立て替えていました(隣接する2店

記事を読む

【試乗】スバル・インプレッサ スポーツ 2.0i-S

「レオーネ⇒レガシィをもう一度やる」とはこういうこと 今回の試乗の前にすでにスタッフの口からこのセ

記事を読む

【試乗】ダイハツ・キャスト スポーツ

確かに、これはコンパクト並 カーグラフィック誌、およびカーグラTVでダイハツの軽モデル

記事を読む

レガシィ アウトバック リミテッド

「これは素晴らしい」 初代のアウトバック(グランドワゴン)に乗ったときの衝撃を思い

記事を読む

【試乗】スズキ・スイフト RSt

こちらのサイトでエンジンの話しからはじめることはあまりなかったと思います。 大きなコンプレック

記事を読む

スバルWRX STI Type S / S4 2.0GT EyeSight

天気予報が外れて逆にゲリラ試乗となり(^_^;)いつもの担当の方が不在。試乗ルートはこれではWRXの

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    どっ、うぅん

    は、マイレガシィも感じます。私はそれがしっとり感と捉えてます。
    ここ、感覚を文章にする難しいところですが、それが好きか嫌いかなんですかね?

    仕事で助手席に座った時、たまたまその時の運転した方が言うには、
    フワフワして乗り心地いい!
    と、言ってました。
    私には無い感覚です。
    でも、しっとり感とフワフワ感って実は同じなのかな?
    ど、うぅんって…

    いや、フワフワは踏ん張らないよな?
    んー、自分の直感を信じるしかないですかね?

    • tanac より:

      Mashiさん、ありがとうございます。サスの味付けというよりボディ自体の動きとして感じました(一部本文を変えました< (_ _)>)
      相棒BR9のこの(ウワン)の時に起こる?内側の前が上がるようなロールが嫌だったのですが、それをやり過ごすようなコーナリングの仕方ができるようになって、実は最近相棒がより好きになりました。(17インチにすればもっとよくなるのだと思います)

      でも、アウディA3やゴルフⅦに迫るようなアクセラの仕上がりに拍手を送り、レヴォーグも続いてほしいと思います・・・(ウン)がなくても不快ではないし、「ドッ」自体もむしろ良い・・・18インチなのに(^_^;)

      そうですね・・・逆に言えば妻号C3は(ウワン)は2回です(^_^;)

      その車の良さを引き出すドライブ・・・できるようになるかなと感じています。

      アクセラ(2L)はベストのショートストップ?土でもいい鳥谷選手のような・・・(^_^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑