*

スポーツデポの野球教室

公開日: : 最終更新日:2014/04/02 スポ少

3/23、スポーツデポの野球教室に参加いたしました。

予約でしたが、午後3:30頃から最後までうちのチームの選手たちが見ていただきました。

投打に於いて腰の使い方、力の伝え方の理解がとても重要だという事が選手たちの劇的な改善が続くことで思い知らされました。備忘のため記したいと思います。

これまで、上体のアドバイスを多くしてきました。しかし、腰の使い方ができていない上にいくら積み重ねても有効ではない事が明らかになりました。中には、トップで前側の手を上げたら、「あとは手は何もするな」と言われてドアスイングが改善した子もいました・・・「腰から先に」が如何に大事かと確認できました。

バッティング

1、2、3、4と唱えながら。

1:構え、2:バックスイング、3:足をステップ(トップ)、4:後ろの腰を前に出す。

両股関節の前に細い棒をつけて持つ(手の甲が前になるように)。スイングの間この棒は水平に回転する(軸側が下がらないように)。

「1」で後ろの足(右バッターの右足)を開かない。開く選手は、足の外側だけ板を踏んで矯正。

「2」でわずかに棒は後ろに回転。ただし、体重は後ろの足の内側にかかるように。

「3」の時、前の手(右バッターの左手)を耳の高さに(あとは何もしない)。後ろに回した棒はまだ戻さない(右の股関節が締まっている)。グリップが前につられて移動しないように(ステップ足とグリップが離れる)。

「4」で後ろの腰をボールに向かって出して行く。前側の腰に直角に当てた棒に、前述の前に持っている棒を90度回して合わせるように。前側の腰が後ろに逃げてしまうと届かない。後ろの腰で前の壁(棒)を打ち破るイメージ。これをやれば後ろ足がしっかりつま先立ちになるはず(ただし、めくれないように)。

※ ステップ時に突っ込みがちの選手は前側の腰をピッチャー側に動かしすぎないように。

※ 何かを変えるときは始めはゆっくり。慣れてきたら腰を出すのを速く強く。強い打球は腰の動きを強くして打つ。上体は意識しない。肩で打たない。

※ 上体の力みをとるには細い棒を振ってみる。

※ トスとタイミングを合わせる。「3」で投げなくてもそのまま待てるように。急にふんわり投げても待って打てるように。

ピッチング

グローブで飛球線を指してステップした姿勢。始めはトップの状態から。上体はそのまま後ろの腰を前にぶつけていくように出す。ただし、バッティングの時より内側に向けて(バッティングではボールに向かってぶつける感じ)。

その際、頭をホーム側に倒さない(腰の前出しが先)。

 

ところで、バットを短く持たされる選手が少なくありませんでした。アドバイザーの方に、

「長く持たせているからドアスイングになってしまったのですよ・・・」と言われているようでした(^_^;)

実は、直前のチームの総会で、チームでバットを買っていただくことになっていましたが、思い切って短いバットを買うことにしました。

75㎝と76㎝・・・

最新のバットを試合で使いたがる→短いバットを使う事に(^_^;)

4/6のシーズン始めの大会でレッスンの威力を発揮してくれるでしょうか・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツーシームって

チームではこれを使っています。 https://www.youtube.com/watch?v

記事を読む

羽生選手、葛西選手はメダルをとり・・・

こちら甲府は記録的な降雪のため2週間練習が休みでした(^_^;) 久しぶりに会う子供たちは元気

記事を読む

県学童少年野球優勝チーム

先週の土日、前監督の所縁の方が監督をしているチームからの依頼で、学童県大会に出場するためアップでグラ

記事を読む

シーズンスタート

いよいよ始まりました。同じブロックのトーナメント戦です。 選手宣誓にも、大雪で練習できなかった

記事を読む

応援してくれる人に喜んでもらう

日曜日、妻の発表会でした。 子供たちは自分の試合の時より緊張していた?確かにこういう重い感じは

記事を読む

成長の広場

家族で戦ってきた少年野球の記録。その舞台はグランドとはとても呼べない小石だらけの水はけの悪い広場…

記事を読む

桜吹雪の中、満塁ホームラン

クルマで40分のところのチームと練習試合でした。 せっかくの機会でしたが、欠席が多くボールボー

記事を読む

プライドを守る勇気

これは100分de名著からではありません(^_^;) 今、私と妻はのこの言葉に励まされています

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

少年野球は受験にも良い?

長男がこの春中学に進みました。 (附属からのエレベーターです) 元々は部員数9人(そのう

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑