*

ダイハツ・コペン(プロトタイプ)CG REVIEW

公開日: : 最終更新日:2014/05/03 , CG REVIEW

東京モーターショーで発表されたとき、外板が脱着可能というところからなんかコペンをちゃんと見ていませんでした。

ところがCG誌が走りについて大絶賛しているのです。

「ステアリングを握って感じたドライブフィールは(軽の)規格外。まさにライトウェイトスポーツと呼びたくなる完成度の高さなのだ。」ときました。

「上下曲げ方向で3倍、捩れ方向で1.5倍もの剛性アップを実現・・・」

「(路面の荒れたところを)強行突破しても、スカットルシェイクはおろかフロアに安っぽい振動が伝わることもなかった。とてもオープン(それもコスト制約が厳しいはずの軽規格)とは思えない出来の良さ・・・」

「スポーツカー的なソリッドな挙動とストローク感を両立したそのセッティングは素晴らしいの一語に尽きる。」

「ペダルの剛性感、節度あるシフトタッチともに軽の水準を抜いている。・・・電動パワステのフィールも自然だった。」

「エントリークラスの本格スポーツカーとして・・・」

・・・べた褒めですよ(^_^;)

家の車がVIZIV 2のようなライトSUVになったときの自分号の候補として銘記・・・いえ、理屈抜きに試乗候補の一番手に割り込んできました(^_^;)

でも、どうせ軽のスポーツならこういうのも・・・

以前、笹目さんが書いていた、

ノンパワーのステアリング」がどういうものか、気になります・・・同じノンパワステならこっちも?

いずれにしても、今やノンパワステって何か捨てないと乗れない?(^_^;)

(その点、コペンはそんなに捨てなくても乗れそう・・・)

VIZIV 2&コペン・・・いや、ロードスターも来ますよね(^_^;)

でも、これを一台でカバーするのは・・・(WRX-STI?)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相棒(BR9)の良さを引き出す。

今、相棒(BR9)の良さを引き出してドライブできているかもしれません。 さすがにWRX STI

記事を読む

今年はモーターショー行く?

スバルだけでも行く価値ありますね・・・(^_^;) ・VIZIV FUTURE CONCEPT

記事を読む

MAZDAのGVC、その哲学や良し

MAZDAがG-VECTORING CONTROL(ジーベクタリングコントロール、GVC)を発表した

記事を読む

【試乗】スズキ・ソリオ HYBRID MZ(2WD)

最近のSUZUKIは軽量化を前面に出しています。それがどのようなものか確かめたいと思って

記事を読む

VW残念・・・

今後しばらく、VWの試乗は控えようと思います。 (ゴルフのプラグインハイブリッ

記事を読む

ドイツ人の3分の2がVW車「変わらず素晴らしい」

ロイターによると、 「ドイツ人の3分の2が自動車大手VWのイメージは排ガス規制逃れ問題で傷つい

記事を読む

「6段MTの前輪駆動を日本でも・・・」

C-HRのチーフエンジニアの言葉とのこと・・・ 素晴らしいですね\(^o^)/ &nbs

記事を読む

今度のプリウスのリアサスはダブルウィッシュボーン!

豊田章男社長になってから開発されたプリウス・・・ 楽しみです。 (ゴルフを越えて来るに違

記事を読む

「私は卒業後全部MTです・・・」

Facebookで新しく買った愛車のコンソールの写真がUPされていました・・・ 一発で当てまし

記事を読む

レヴォーグ試乗

1.6GT(アイサイトなし)と2.0GT-Sにしっかり乗らせていただきました。 (狭い

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑