*

王さんがバッティングを語る

公開日: : スポ少バッティング, スポ少

これは古くて新しい!

貴重だと思うのでサマリーを・・・

・貪欲に取り組むべき。ダラダラしていてはいけない。

・指の付け根くらいで握る(手のひらではない)→手首がよく動くように
・前の手(右バッターの左手)の中指、薬指、小指で握る。
(後ろの手は親指の付け根で押す感じ)
・バットは短く持つ。
・構えではできるだけバットを軽く持つ。
・ 〃   ひざを軽く曲げる。
・ 〃   両母指球に荷重する。
・ 〃   前の手でカサを持つイメージ(後ろの手は添えるだけ)
・獲物に襲い掛かる前の豹のように待つ(力まない)

・バッティングは全部足の内側の意識
・トップの手の位置は弓を引いたときの手の高さ

・ステップでは前のお尻のえくぼをピッチャーに向けて出す(ステップで腰が開かないように)。

・ステップ後、後ろのひざをぐっと締める(=前のひざにぶつける感じ)。それがスイングの始動。上体から始動するのではない。

・ステップ後、ヘッドが肩より下に下がらない意識(結果ではなくて)

・後ろの肘はへそに来るくらい締める。

・インパクトでは曲がっている後ろの腕をフォローにかけて伸ばす。空手チョップ(掌は上)のように。刀で切るように。

・どのボールも全部打ちに行く。見送るのではなく、途中で打つのをやめる。

バッティングの神髄とは?
相手の力を利用する。全部自分の力で打つのではない。
→はじめは力を抜くべき。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子供たちの前でオーバーフェンス!でも・・・

見えなかった(TωT) 昨日は、これまで単身赴任でありながらスポ少のコーチとして指導していただ

記事を読む

成長のホームラン

先週末5年生以下の練習試合がありました。 登板予定の子が急きょ捻挫してしまい、2試合投げること

記事を読む

消費増税後の買い物

① 軟式審判用インナープロテクター チームで必要になったので、それならと・・・

記事を読む

練習でできるのに試合でできない

県大会につながる最後の大会が終わりました。 まずはじめに触れなければならないのは、その試合のグ

記事を読む

波平の声が変わった

次男(この春から小5)のクラスでは、朝、順番で1分間スピーチをしていたようです。 次男はその時

記事を読む

チームの抱負

年末年始の番組でチームの抱負につながる知見をいくつか得ました。 一つは心理学の番組から。

記事を読む

ムカデ競争(中学)

皆様の地域では、中学生の運動会、いえ体育祭(と言わないと嫌がる中学生いますよね・・・)でムカデ競争を

記事を読む

成長の広場

家族で戦ってきた少年野球の記録。その舞台はグランドとはとても呼べない小石だらけの水はけの悪い広場…

記事を読む

スローボールの練習

次男に緩急をつけるピッチングの練習を・・・ プラスチックボールでライナーを投げさせる。スナップ

記事を読む

周りは変わらない、自分が変わる・・・

名古屋で大変な事件が起きましたね。以下報道より、 「JR名古屋駅近くの笹島交差点の歩道に23日

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑