*

王さんがバッティングを語る

公開日: : スポ少バッティング, スポ少

これは古くて新しい!

貴重だと思うのでサマリーを・・・

・貪欲に取り組むべき。ダラダラしていてはいけない。

・指の付け根くらいで握る(手のひらではない)→手首がよく動くように
・前の手(右バッターの左手)の中指、薬指、小指で握る。
(後ろの手は親指の付け根で押す感じ)
・バットは短く持つ。
・構えではできるだけバットを軽く持つ。
・ 〃   ひざを軽く曲げる。
・ 〃   両母指球に荷重する。
・ 〃   前の手でカサを持つイメージ(後ろの手は添えるだけ)
・獲物に襲い掛かる前の豹のように待つ(力まない)

・バッティングは全部足の内側の意識
・トップの手の位置は弓を引いたときの手の高さ

・ステップでは前のお尻のえくぼをピッチャーに向けて出す(ステップで腰が開かないように)。

・ステップ後、後ろのひざをぐっと締める(=前のひざにぶつける感じ)。それがスイングの始動。上体から始動するのではない。

・ステップ後、ヘッドが肩より下に下がらない意識(結果ではなくて)

・後ろの肘はへそに来るくらい締める。

・インパクトでは曲がっている後ろの腕をフォローにかけて伸ばす。空手チョップ(掌は上)のように。刀で切るように。

・どのボールも全部打ちに行く。見送るのではなく、途中で打つのをやめる。

バッティングの神髄とは?
相手の力を利用する。全部自分の力で打つのではない。
→はじめは力を抜くべき。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

県学童少年野球優勝チーム

先週の土日、前監督の所縁の方が監督をしているチームからの依頼で、学童県大会に出場するためアップでグラ

記事を読む

次男復帰

3カ月かかりました・・・ チームメイトに手指を踏まれたのがそもそもの始まり。 その後、自

記事を読む

ムカデ競争(中学)

皆様の地域では、中学生の運動会、いえ体育祭(と言わないと嫌がる中学生いますよね・・・)でムカデ競争を

記事を読む

中学と合同練習

この冬、同じ敷地の中学の野球部がときどきスポ少を練習に呼んでくれます。 今回は中学のレギュラー

記事を読む

初戦突破

いよいよ、学童の予選が始まりました。 初戦突破しました。12-11、逆転サヨナラ・・・

記事を読む

学童善戦

週末の学童予選、善戦してくれました。 前回と違って、第一試合を勝ち抜くと同じ日に強豪と対戦する

記事を読む

これはグローブが柔らかくなる。

まだ馴染んでいないグローブやミットを柔らかくしたいときに、これは今までで一番有効でした!

記事を読む

最高の贈り物

今朝、当直に向かう時、上着の上に四葉のクローバーが置いてありました・・・ (大丈夫だ、前を向い

記事を読む

公式戦初勝利!

チームとしては昨年のジュニア大会で勝っているのですが、私の監督としては公式戦初勝利を子供たちはもたら

記事を読む

スポ少、一区切り

最後の県の規模の大会が終わりました。 県内100あまりのチームがくじを引いて、会場も含めてどこ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑