*

FUN TO DRIVE

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 CG REVIEW

今月号のカーグラフィック誌は「FUN TO DRIVE」がテーマでしたが、八木記者の記事はおもしろかったですね。

「のんびりと車を楽しむのが好きだ。」から始まります。

長期テストで担当していたシトロエンC4の経験がつづられていました。

薄明るい早朝の国道1号線を延々と(1時間以上)走ってしまったとのこと・・・「あまりに心地よい時間だったため、終わらせたくなかったのだ。・・・地平線の先まで絨毯が伸びていくような感覚・・・まさにそんな時間だった。」

たしかに、私も週末のスポ少の練習後に疲れてるときはC3のキーを持つことが多いです(^_^;)

「瞑想するようにずっと一定車速を保ち、最小限の舵角を与えながらの”太極拳ドライブ”は・・・これは1日10時間続けても飽きることがなく、むしろ頭が冴えてくる。」

(これはスゴイ・・・ドラーバーズ・ハイ?)

「・・・この最小限の舵角というやつが意外と深いと思っている。どこまでゆっくり切れるか、どこまで舵角を少なくできるか、神経を集中させて追い込んでいくと、割と曲率に合った舵角と感じられる中にも、幅があることに気づくのだ。その、ざっくり曲率に合っている中で、さらにギリギリを探すわけである。」

最近、相棒BR9を乗り直しています。どうしてもうまくクリアできなかった右カーブがあったのですが、この春サマータイヤに戻して、前の内側がぐらっと浮かないで走れたのです。

相棒はSTI Performance pack.化しているのですが、もっといい乗り方があるのでは・・・といろいろやりだしたところだったので、この記事は染み込んできました。

(頭が冴えてくる・・・)これ分かりますね(^_^;)スマホなんか見てられませんよ、面白くて・・・(そもそも持ってません<(_ _)>)

「うまくしてその最小舵角に到達すると、突然ガチっとレールにはまったようなソリッド感が生まれ、ボディの動きや体にかかる横Gが絹のように滑らかになる。・・・例えば減速中に転舵する場合にはそのふたつの抵抗(縦と横のG)の総和が変わらないように配分に注意するなどすれば、非常に平和なキャビン空間になる。ドライバーは(スポーツドライビングとは違うもう一つの意味の)車との一体感楽しめるし、この運転ができているとき、パッセンジャーはだいたい眠りに落ちる。」

乗り直しても、どうしてもグラッとしてしまうカーブが残っています。下水処理場の前のS字・・・いえ、普通に走っていてもグラッとくるのです・・・この記事を読んで改めてTryしようと思います。逆にそーっとじゃなくてスッと切って上手くいきだしているのですがあそこはそれができない・・・前後のGを変えてみる?

「ゆっくり走る喜びは、よほど乗り心地に特徴があるか、あるいは僅かな運転操作に対して精密にレスポンスが出る車でなければ味わえない。」

八木さんは、メルセデスが持っている操舵レスポンスが好みに合う、としています。新型Cクラスを絶賛していました。

相棒BR9も操舵に対するレスポンスは自然だと思うのですが、今後の試乗はこういう観点でもチェックしていこうと思います。

(アクセラ・ディーゼル?レヴォーグ?)

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CセグメントでシビックがWinner(CGジャイアントテスト)

CG (カーグラフィック) 2018年 04月号 [雑誌] 価格:12

記事を読む

カーグラフィック誌でマツダ特集

カーグラフィック4月号はMAZDA特集でした。 【楽天ブックスならいつでも送料

記事を読む

アクセラスポーツXDのCGTV Review

CGTVでアクセラスポーツXDが絶賛されていました。忘備のためUPします。 初っ端

記事を読む

カーグラフィックTVでアクセラ絶賛

CG AWARD 2014ではデミオが扱われていましたが、カーグラフィックTVでは松任谷氏がポツリと

記事を読む

また、C3がCG AWARDに!

実はうちの奥さんはCGイヤーカーと暮らしてるのでした(^_^;) 疲れたらC3・・・ これは間違

記事を読む

今月号のテーマは「本当の燃費」

今月号のカーグラフィック誌は燃費を特集していますね・・・ CG (カーグラフィ

記事を読む

レヴォーグ(プロトタイプ)のCG Review

アクセラには何度も使われているあの言葉が出てこない カーグラフィック3月号のトップはスバルレヴ

記事を読む

【CG Review】アウトバック VS ゴルフ オールトラック

CG誌の表記もこの順番でした。確かに、このタイプの先駆はアウトバックですね(^_^;)

記事を読む

【CG Review】ダイハツがちょっと違う?

カーグラフィックでハイトワゴンが比較されていました。 (同じように見えますが、ダイハツは他とは

記事を読む

Dセグメント・ジャイアントテスト

今月号のCG誌はDセグメントのジャイアントテストでした。 前評判も高く、予想通りメルセデスのC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑