*

レヴォーグ(プロトタイプ)のCG Review

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 , CG REVIEW

アクセラには何度も使われているあの言葉が出てこない

カーグラフィック3月号のトップはスバルレヴォーグ(プロトタイプ)の緊急試乗の記事でした。

(かなり無理して間に合わせた感じです。)

CG誌によると、

「総じて『スバルの内装の質感は低い』という汚名は返上するレベルに達している。」

スバルは同誌にこのように書かれたことはこれまでないのでは(^_^;)アテンザやレクサスISのような手触りのステアリングホイールのようです!確かに、サイドビューは相棒(BR9)とは別次元・・・同じ全幅1780mmでもレガシィ(BR9)の方はアウトバックのホーイールハウスを削った感じですから(^_^;)

「GT-S(ビルシュタイン製ダンパー&ピロボールブッシュ付きのアルミ鍛造製ロワーアーム)のハンドリング特性はクセがなく極めて素直なもの。」

カタログには、フロントピロボールとあるのです・・・デフォルトで4綸ピロボールということなのでしょうか(^_^;)ここもレヴォーグがWRXワゴンなのでは、としている根拠です。

「ステアリングレスポンスはよく、旋回中に妙な挙動や無駄なボディの動きはほとんどなかった。頭がグイグイとイン側に向こうとするような回頭性ではないけれど、切れば切っただけ向きを変えるダイレクトな操縦性備えている。

この表現がちょっと気になります。素直に何であの言葉を使わないのか・・・

「ただし、2Lについてはシャシーに対してエンジンがややオーバーパワー気味で、加減速の際にダイブ/スクォットの動きが顕著に見られた。・・・市販モデルでは改善されていることを願うばかりである。」

これ、フォレスターのターボもそうだったと思います。フラット感を最優先しないのならあれが感じられなければ・・・

「軽快感」

アテンザやアクセラに対しては何度もこの言葉が出てきます。同3月号にもアクセラのハイブリッドの記事がありましたが、やはり出てきます。しかし、フラット感がないわけではなくむしろクラスの白眉なのでは。

MAZDA勢は、地味なところでCX-5のリアサスを改善してきました(その記事も3月号にはありました)。是非スバルにも、商売は好調のようなので、(そういう状況のうちに)走りでもMAZDAについていってほしいと思います。

(逆にレガシィに期待?デカくなったって走れるところを!)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次期アウトバックのティーザー

スバルは、4月16日に幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーで、新型アウトバックを公開すると発表しま

記事を読む

「B4には鋭さがある」

自分の車の嗜好を確認するためにも、B4には試乗すべきのようですね。 600kmインプレッション

記事を読む

坂口安吾の「堕落論」的な車

相変わらず「100分De名著」からです。この番組は「若いころもう少し読んでおけばよかった・・・」とい

記事を読む

MTではなくてMAZDAとして

新しい相棒はMTであることにスポットを当ててきましたが、はじめてのMAZDA車でもあります。

記事を読む

トランプさん、フォーカスのMTなら買いますよ

日米首脳会談どうなるでしょう・・・ トランプさんの方が、スコア良さそうですかね(^_^;)

記事を読む

MAZDA CX-3見たり!

皆様、見てしまいました・・・CX-3 かなりカッコいいです(^_^;) その前にマイナー

記事を読む

スバル、ニュルブルクリンクで快勝

今年は快勝だったようですね。トラブルらしいトラブルがほとんどなかったとか・・・(強い) 一年越

記事を読む

試乗:ルノー・キャプチャー・インテンス

ルノー・キャプチャーが試乗の順番に割り込んできたのは、カーグラフィック誌のジャイアントテストで高く評

記事を読む

今年はモーターショー行く?

スバルだけでも行く価値ありますね・・・(^_^;) ・VIZIV FUTURE CONCEPT

記事を読む

次の次

これですかね(^_^;)   (その前は?) 色々な流れから、や

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑