*

周りは変わらない、自分が変わる・・・

公開日: : スポ少, 社会

名古屋で大変な事件が起きましたね。以下報道より、

「JR名古屋駅近くの笹島交差点の歩道に23日、乗用車が突っ込み、13人が重軽傷を負った事件で、愛知県警に殺人未遂容疑で逮捕された名古屋市西区の無職、大野木亮太容疑者(30)が「人間関係がうまく築けず、社会に受け入れられない。社会や自分に不満があった」と供述していることが、県警 への取材で25日分かった。

調べでは、大野木容疑者は大学卒業後、コンビニエンスストアや警備員のアルバイトをしたが、長く続かず、昨年7月に人材派遣会社に1日だけ勤務したのを最後に仕事をしていなかったという。大野木容疑者は家族や社会への不満を繰り返し話し、「自分が社会に受け入れられないのはおかしい」との趣旨の供述をしているという。」

周りや他人は変えることはできない。変えることができるのは・・・自分。

スポ少の指導で火の玉さんのブログ「もっと野球が楽しくなる。幸せな道の見つけ方」を参考にしています。

そこでよく出てきたのです、前述の言葉が。

年末年始くらいからなんですが、なんか変わってきたように感じるのです。

(怒らなくなってきた?)

「それで?」と引かれてしまうかもしれませんが(^_^;)家族からはそういう声も出ています・・・

前述の火の玉さんのおかげで「周りをこういう風にしてやろう」とあまり思わなくなったかもしれません。

これ一つですべて上手くいく・・・そんな魔法はないのでしょう。でも、この時代に野球を選んでくれた子供たちに、大きくなってしんどい状態でも踏ん張れるように、野球を通じてそういう力を育んでいければと思わされました。

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

小保方さん、公式戦でホームランを

「200回はSTAP細胞を作成した・・・」 私が子供たちに話したのは、 「試合で、それも

記事を読む

大地の怒り

噴火の次の日に、マグニチュード8.5!(のちに8.1に修正されました) 阪神淡路のゆうに30倍

記事を読む

中学と合同練習

この冬、同じ敷地の中学の野球部がときどきスポ少を練習に呼んでくれます。 今回は中学のレギュラー

記事を読む

人はセルフイメージを越えられない

少年野球教室での原俊介コーチの言葉です。 私は、論語の「汝は画(かぎ)れり。」を用いたのですが

記事を読む

人類みな兄弟

妻が「人」が好きだと言います。 それを言い換えた時の言葉です。 何かいろいろはがれていき

記事を読む

スマホを見ないで運転するのは、何のため?

また、「スマホを見ていて」が人の命を奪いました。 それも故郷で、実家に行くときにいつも通る交差

記事を読む

こうふ開府500年PR動画

https://youtu.be/kEA4f1fn7dQ (けっこうカッコいい・・・)

記事を読む

変えないと繰り返す・・・

本当に必要なのは、議会改革ではないでしょうか。 以前に書いているのですが、あれから8年ですか・

記事を読む

争いのない世の中に・・・どうやって?

新しい天皇陛下とこちらとのゆかりを地元のマスコミは競うように伝えています(^_^;) 人々は「

記事を読む

決め方

天皇皇后両陛下は6月27日、那覇市にある対馬丸の犠牲者の慰霊碑を訪ねられました。(NHKニュースより

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑