*

Dセグメント・ジャイアントテスト

公開日: : CG REVIEW

今月号のCG誌はDセグメントのジャイアントテストでした。

前評判も高く、予想通りメルセデスのCクラスがウィナーでしたが、備忘のために銘記すべきことは、操縦性でBMW320iをおさえて1位を獲得していることでしょう。

ひとつ分からないのは・・・スカイラインと共に取り上げられているC200について、

「・・・スロットルを閉じると、円弧を小さくして車全体がイン側へツツーと寄っていくなどタックインが適度に効くので、狙った走行ラインを辿りやすい。流れ出した後輪に合わせてパワーを与えれば弱オーバーステアの姿勢を採れるとなれば(!)、これはもうCクラスの標準モデルとしては記念すべき出来事ではなかろうか。」

いっぽうジャイアントテストの総合評価では、

「”アジリティ”だけを比べたら先代のW204(の最終型)のほうがよほど強調されていて、そこにはクルマを操る喜びが存在していた。W205ではそれが薄らいでしまい、むしろ少し昔に戻ったような操縦性だと感じるスタッフもいた。」

(これはどっちなんでしょう・・・)

ゴルフⅦも「記念すべき」、とされていましたから操る喜びと言ってもそういう感じ?

(いずれにしても、今のうちにW204の試乗を急ぐべきか・・・)

ところで、BMWはMTだったようです(^_^;)あるんですよね・・・

でも、MTで楽しむセダン・・・これの方が分かりやすい?

アコードEuro R

(アテンザXDにもあるんですよね・・・)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

(CG Review)マツダ・ロードスター(ND)

確かに、このコンセプトには賛同せざるを得ない・・・ 「“加速”による尺度をひとまず傍らに置き、

記事を読む

レヴォーグ(プロトタイプ)のCG Review

アクセラには何度も使われているあの言葉が出てこない カーグラフィック3月号のトップはスバルレヴ

記事を読む

レガシィ B4 (CG REVIEW)

「隠れた逸材の登場」 いや、隠れているわけではないのでは・・・(^_^;) まあ

記事を読む

スカイラインのCG Review

私は幼少時は日産のファナティックでした。しかし、いつしか日産車には試乗することも少なくなってしまいま

記事を読む

意外なハンドリングWinner(CG10月号)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】CG (カーグラフィック) 2015

記事を読む

SUBARU、まずまずの評価

WebCGでチェックしているジャーナリストがいます。 山田弘樹さんです。 (SUBARU

記事を読む

【CG REVIEW】プリウス(プロトタイプ)

2階級特進! 今度のプリウス、軒並み評価が高いですね・・・ CG誌も絶賛です。

記事を読む

アテンザ(マイナーチェンジ)のCG REVIEW

アテンザのMCに対して、この指摘は私が見た範囲では初めてだと思います。 「ただし、パワーステア

記事を読む

【CG REVIEW】ホンダ・シビック

カーグラフィック2月号にシビックのセダンとハッチバックの記事がありました。 私にはデザインがし

記事を読む

【CG Review】国産コンパクトハッチ

エントリーはCG誌の紹介順で、スイフト、ヴィッツ、フィット、デミオ、ノート。  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑