*

レクサスNX200t“Fスポーツ”(AWD)

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 試乗リポート,

えっ、けっこう硬い・・・(^_^;)

当たりの角は取れていますが・・・タイヤの横グリップが強すぎ?なぜそう考えるかというと相棒BR9レガシィとコーナリング時の挙動が同じなので(^_^;)

速いハンドル操作で前の内側が浮くロールを感じます。これはハリアー(FF)にはなかったと思います。

試乗ではあまり攻められなかったのですが、もしかすると相棒BR9のごとくさらに飛ばすと良さが出てくるタイプ?(^_^;)

6ATが気になりますね(^_^;)こちらではあまり触れない項目ですが、直近に乗ったハリアーとの違いとして感じられてしまいます・・・(ハリアーのCVT善戦)

ボディー剛性が高いと足が硬くてもしなやか・・・だったレヴォーグのようにもなりません。

密度感といいますか、もっと詰まった感じがあるといいますか・・・逆に言うとレヴォーグが頑張ったという事でしょう。

エンジンの音も原因?この4気筒ターボは今後の主力となるようですが直4ならVWの方がいい音に感じます。

低い方のトルクは確かにあります。でも、MAZDAのターボディーゼルではなくこっちのエンジンの方が・・・というものは・・・ないかも。

(これそのままISにも載っちゃうのでしょうか・・・となると6気筒のISを早めにチョイスするというセレクトもあり得るかもしれません。)

このランバーサポートはハリアーと同じで私にはちょっと合わないですね・・・今度は細い横棒で押される・・・それ以外は素晴らしいシートです。(ランバーサポートが要らないくらい・・・)

アイドリングストップからの復帰は意外にもハリアーの方がスムーズ・・・(あの2L(NA)+CVT侮れない?)

パワステの手応えは素晴らしい(これはトヨタの美点)。レヴォーグと違って戻りの最後も問題なし・・・

それと、NXのパーキングブレーキは足踏み式ではない!\(^o^)/でも、相棒BR9にもついているくらいなのでハリアーくらいには採用すべきではないでしょうか・・・

 

ブレーキのカッチリ感はNX>ハリアー。

 

どうなんでしょう・・・NXに対するこの物足りなさはどこからくるのでしょう?いえ、続きはノーマルサスに試乗してからにすべきでしょう。骨太さ?そのあたりもCX-5やアウトランダーPHEVの方が?

 

でも・・・NX、かっこいいですね(^_^;)

 

それと、「FUN TO DRIVE」のおかげで私自身が”スポーツ”じゃなくてもスポーツドライブを楽しめるようになっているのかもしれません。となると、ハリアーの方がバランスが良い?

なので、ハリアー、足踏み式パーキングブレーキが本当に残念(TωT)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相棒で疲れたのはこれをしていなかったから?

今回の夏休みで、相棒BR9で最後に東京駅から甲府までドライブしたときにいつもより疲れた・・・というの

記事を読む

スズキ、ソリオにも「デュアルカメラブレーキサポート」

スバルのアイサイトのサプライヤーである日立オートモーティブシステムズが、軽初のステレオカメラによる衝

記事を読む

レヴォーグ(プロトタイプ)のCG Review

アクセラには何度も使われているあの言葉が出てこない カーグラフィック3月号のトップはスバルレヴ

記事を読む

エクストレイルの新しい顔

この顔いいじゃないですか。でも・・・日産、キャッシュカイ(デュアリス)の時もMCでいい顔にな

記事を読む

【試乗】ホンダ S660 α

当サイト初の途中でGive up !   左のひざ痛で・・・ いえ、脚力

記事を読む

スポーツドライブを楽しむのに使っていいエネルギー

私の今の相棒は、Legacy 2.5i S Pack. Limit.です。 通勤で週6日往復3

記事を読む

【試乗】トヨタ・シエンタ(ガソリン、4WD)

意外に良い・・・ セレナやノアではなくこういうクルマが街に増えてほしい・・・(その方が

記事を読む

2017インプレッサ発表

発表されましたね\(^o^)/ 素晴らしいじゃないですか・・・ こうなるとXVも

記事を読む

トヨタ、燃料電池車を発表

トヨタは6月25日、2014年度中に発売を予定している燃料電池車(FCV)の市販型車両を発表しました

記事を読む

やっと出た、ストリーム・ハイブリッド

出ましたね、ジェイド。 https://www.youtube.com/watch?v=cXr

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑