*

「ハゲタカ」の作者真山仁氏の書きたい事

公開日: : 社会, 未分類

9/23の読売新聞に特集されていました。

「今年は作家デビュー10年。未来を考える上で今、取り組みたいのは昭和の時代を見つめ直すことだ。来年は戦後70年だ。あの戦争がなぜ始まり、続き、自分たちで終わらせることができなかったのか。次の10年でこの三つを小説にできたらいいなと思っている。」

 

この夏、司馬遼太郎氏と山本五十六氏の手紙についてのドキュメントを見ました。

司馬さんは、学徒出陣で徴兵され北関東の部隊にいたようです。

本土決戦に備えていた際、上官に確認したようです。

避難民が北上してきて混雑したらどうするのか・・・

「ひき殺していけ。」

私はこの話を聞いて、議論の余地がないと確信しました。

 

私の父も、国の命令で働いているとき、機銃掃射を受けたようですが、この国のどの組織にもその少年は守られていませんでした。

何のために戦っていたのか・・・

司馬遼太郎氏は昭和を書きませんでした。

あの戦争の総括が必要です。この国ではそれに対して違和感が流れる・・・でも、もしそのままなら、また繰り返すに違いない・・・

来年で70年・・・今更?いえ、ドイツは今月になって、「93歳の元ナチス親衛隊員を起訴」しています。

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

技を磨く方がよっぽど・・・

まあ、昭和50年代半ば、遠い昔の普通の中学の話ですが・・・ (それも、自分はそう理解していたと

記事を読む

人の中に巣くう「争う心」と決別する

安倍首相が2016年5月14日に都内の会合であいさつし、オバマ米大統領の広島訪問に関してのコメントの

記事を読む

機動隊の目の前で信号無視

いや~、あんな数の機動隊はじめて見ました(^_^;) (日教組全国大会の特別警戒のようですね。

記事を読む

決め方

天皇皇后両陛下は6月27日、那覇市にある対馬丸の犠牲者の慰霊碑を訪ねられました。(NHKニュースより

記事を読む

胸騒ぎの原因

前回、クラウンのモデルチェンジについて言及しました。 でも、胸騒ぎの原因はクラウンに限らなかっ

記事を読む

システム手帳って・・・

この時期、ザ・テレビジョンの年末年始号を買って・・・その時に、システム手帳のカレンダー用紙を一緒に買

記事を読む

雪に埋まった牡丹が

綺麗に咲きました。  昨冬の大雪で完全に埋もれ、ダメージも大きくあきらめていました。 自

記事を読む

新幹線が全車両脱線し、高速道路も破壊

自然の力の前で人類はまたもやあまりに無力でした。 私たちはもっとそれに対して畏怖の念を持つべき

記事を読む

自転車は左を、前をしっかり見て・・・

何を言い出したかと思われますでしょうか(^_^;) でも、前をみていない右側通行をしている自転

記事を読む

政治生命をかけた冒険?

ジャーナリストの田原総一朗氏がなんか動いているようですね・・・ 「(衆院)解散ではない。そんな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑