*

「ハゲタカ」の作者真山仁氏の書きたい事

公開日: : 社会, 未分類

9/23の読売新聞に特集されていました。

「今年は作家デビュー10年。未来を考える上で今、取り組みたいのは昭和の時代を見つめ直すことだ。来年は戦後70年だ。あの戦争がなぜ始まり、続き、自分たちで終わらせることができなかったのか。次の10年でこの三つを小説にできたらいいなと思っている。」

 

この夏、司馬遼太郎氏と山本五十六氏の手紙についてのドキュメントを見ました。

司馬さんは、学徒出陣で徴兵され北関東の部隊にいたようです。

本土決戦に備えていた際、上官に確認したようです。

避難民が北上してきて混雑したらどうするのか・・・

「ひき殺していけ。」

私はこの話を聞いて、議論の余地がないと確信しました。

 

私の父も、国の命令で働いているとき、機銃掃射を受けたようですが、この国のどの組織にもその少年は守られていませんでした。

何のために戦っていたのか・・・

司馬遼太郎氏は昭和を書きませんでした。

あの戦争の総括が必要です。この国ではそれに対して違和感が流れる・・・でも、もしそのままなら、また繰り返すに違いない・・・

来年で70年・・・今更?いえ、ドイツは今月になって、「93歳の元ナチス親衛隊員を起訴」しています。

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「田舎のプロレス」に失礼

自国の議会を貶めるコメントがあったようですが、まさに官僚のおごりではないでしょうか。 以前にも

記事を読む

福島の子供達のみなさん、甲状腺エコー検査を受けましょう!

なぜこんな目に合わなければいけないのか・・・ 検査の効率をあまりに重視した一巡目の検査の進め方

記事を読む

子供たちが3.11が何の日か答えられなかった

子は鏡 ショックでした。「東日本大震災」とちゃんと言えませんでした。 しかし、これは自分

記事を読む

ノーベル平和賞 サーロー節子さんの演説

備忘のために記します。 「 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さ

記事を読む

ある大学の人権ガイドラインより

「大学は、いかなる人権侵害も許しません。学ぶ権利や教育研究を行う自由が阻害され、安全かつ快適に働くこ

記事を読む

敗戦の原因(半藤一利氏)

読売新聞の「戦後70年」に寄稿されていました。 最近の新国立競技場のやり直しにも見られるように

記事を読む

大雪 7大学救済なし

入試の機会の公平性 平成26年2月28日の山梨日日新聞より、 「県教委によると、15~1

記事を読む

ファシズムを繰り返さないために

自分を集団に融合させることで孤独を忘れようとする習性・・・ 集団に依存しきってしまう→ファシズ

記事を読む

研究の目的

STAP細胞の研究は残念な事になっていますね・・・ 私も一時期研究をしていましたが、かなり違和

記事を読む

「直」とはこれなのでは

6月6日の朝のNHKニュースでやっていました。 「アイドルから”日韓”が見える?」 &n

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑