*

「ハゲタカ」の作者真山仁氏の書きたい事

公開日: : 社会, 未分類

9/23の読売新聞に特集されていました。

「今年は作家デビュー10年。未来を考える上で今、取り組みたいのは昭和の時代を見つめ直すことだ。来年は戦後70年だ。あの戦争がなぜ始まり、続き、自分たちで終わらせることができなかったのか。次の10年でこの三つを小説にできたらいいなと思っている。」

 

この夏、司馬遼太郎氏と山本五十六氏の手紙についてのドキュメントを見ました。

司馬さんは、学徒出陣で徴兵され北関東の部隊にいたようです。

本土決戦に備えていた際、上官に確認したようです。

避難民が北上してきて混雑したらどうするのか・・・

「ひき殺していけ。」

私はこの話を聞いて、議論の余地がないと確信しました。

 

私の父も、国の命令で働いているとき、機銃掃射を受けたようですが、この国のどの組織にもその少年は守られていませんでした。

何のために戦っていたのか・・・

司馬遼太郎氏は昭和を書きませんでした。

あの戦争の総括が必要です。この国ではそれに対して違和感が流れる・・・でも、もしそのままなら、また繰り返すに違いない・・・

来年で70年・・・今更?いえ、ドイツは今月になって、「93歳の元ナチス親衛隊員を起訴」しています。

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

中曽根元総理の寄稿

戦後70年に当たり中曽根元総理の寄稿が報道されています。 特に以下の部分に感銘を受けました。

記事を読む

それを繰り返さないためには、まずそれを知る

年始に、BSで「映像の世紀」デジタルリマスター版を放送していますね。 1995年に放送されたN

記事を読む

天皇陛下の年頭所感全文

「昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、家族や住む家をなくした人々の気

記事を読む

「田舎のプロレス」に失礼

自国の議会を貶めるコメントがあったようですが、まさに官僚のおごりではないでしょうか。 以前にも

記事を読む

新自由主義とは・・・

1/3放送のBS1スペシャル「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」を見ました。

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

「脱法ハーブ」に代わる呼称名

悲惨な事件が続いています。 (怖くて都会には行けません・・・) 冗談抜きに普通の生活に対

記事を読む

当事者じゃない自分ができること

川崎で凄惨な事件が起きました。 犯人は自殺したため、動悸は明らかになりません。 &nbs

記事を読む

「直」とはこれなのでは

6月6日の朝のNHKニュースでやっていました。 「アイドルから”日韓”が見える?」 &n

記事を読む

財務省事務次官と日大アメフト監督の共通点

それぞれ、時代錯誤のハラスメント・・・   尚、これらが報道され世の中で騒ぎに

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑