*

4スタンス理論はけが予防にもなる

公開日: : 最終更新日:2014/10/18 スポ少

チームで4スタンス理論のつま先タイプかかかとタイプかを考慮して指導しています。

しかし、何か物足りない・・・

元々はさらに内側か外側かも分類して、4タイプに分ける考え方です。

うちの二人でやってみると・・・

長男:かかと外側(B2)

次男:つま先外側(A2)

長男のバッティングと次男のピッチングがもう一歩向上してほしいところなので、それぞれのタイプの選手をピックアップ・・・

長男:中村剛也選手(西武)。わきは締めておいた方が良い。バックスイングで腰をしっかり捻っていい。4タイプの中で一番上体が突っ込んではいけない。

次男:岩隈投手。足を上げた時胸を張る。右サイドを伸ばす感じ(これバッティングではやっていたのです)。捻って力を出すタイプではない(むしろ捻ると抜けるらしい)。

二人とも、「その方が動きやすい」とのこと・・・

 

ピッチングで投げる方の腕を離して上げるか、スッと近いところを上げるか・・・これだけはチームの子供たちもチェックしようと思いました。長男の3つ上?でスッと上げるようにして肩を悪くした選手がいたからです。

両方やらせてみてしっくりする方を選ばせました。それぞれ反対になっていないかを確認。

グローブの使い方もダルビッシュ選手(クロスタイプ)か岩隈投手(パラレルタイプ)か・・・

 

でも、まずは全てのタイプに共通する「基本」ができるように・・・

投げるときの故障予防で腕の上げ方はチェック。スッと上げていいのはA1とB2。

向上したい選手は言われなくてもいろいろやり方を探すはずです。

ただ、こちらから反対の事をやらせないように・・・

 

ところでママ.gifが自分も、と。親子試合でフライが打ちたいとのこと・・・

(フライ=いい当たりという意味の様です)

つま先内側のA1。

「イチロー・・・」

ガッツポーズされても・・・

タイプを知ってもそれに沿った練習が必要(^_^;)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スローイングのコントロールをよくする方法

ときどき壁当てをします。バッティングピッチャーで情けない事にならないためです(^_^;) 先日

記事を読む

人はセルフイメージを越えられない

少年野球教室での原俊介コーチの言葉です。 私は、論語の「汝は画(かぎ)れり。」を用いたのですが

記事を読む

ムカデ競争(中学)

皆様の地域では、中学生の運動会、いえ体育祭(と言わないと嫌がる中学生いますよね・・・)でムカデ競争を

記事を読む

羽生選手、葛西選手はメダルをとり・・・

こちら甲府は記録的な降雪のため2週間練習が休みでした(^_^;) 久しぶりに会う子供たちは元気

記事を読む

上体を開かない(次男に入ったアドバイス)

「上体を開かないように・・・」だと入らなかったのですが、「これ」は入りました。 すぐに確かめた

記事を読む

人口減少社会とはこういう事?

私も以前少子化について触れていました。 5/31に放送されたNHKスペシャル「戦後70年 ニッ

記事を読む

スタートは上々

1週間経ってしまいましたが、チームの戦いが始まりました。 所属するブロックのトーナメント戦でし

記事を読む

学童善戦

週末の学童予選、善戦してくれました。 前回と違って、第一試合を勝ち抜くと同じ日に強豪と対戦する

記事を読む

試合でできない・・・

ブロック主催の審判講習会に参加しました。 いえ、私が講習を受けるのではなく、チームが講習を受け

記事を読む

プレーの向こうに見えるもの

思いもよらない言葉でした。(私と見方が逆・・・) なんで捕れないんだろう・・・そう思っていまし

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑