*

レガシィ B4 (CG REVIEW)

公開日: : 最終更新日:2014/12/06 , CG REVIEW

「隠れた逸材の登場」

いや、隠れているわけではないのでは・・・(^_^;)

まあ、レヴォーグとの兼ね合いで日本では・・・ということでしょうか。

 

大谷さんが長期テスト担当のレヴォーグの各グレードと乗り心地を比較しています。

「ボディが無駄に揺すられることが少なくフラット傾向がとにかく強い。段差を越えて着地した後でも一度で上下動を収めてしまい・・・」

相棒も一回では収まりませんから、おっしゃるように伸び側のダンピングが強いようですね。

「入力スピードがさほど速くない時は、ボディは素直にスッと縮み込み、ゆっくりと伸び上がってくる。・・・それが、たとえば高速道路などで大きなうねりを強行突破して入力スピードが速まると、・・・ボディの浮き上がりを効果的に抑え込んでくれるのだ。」

それと、エンジン相棒と同じじゃないんですね(^_^;)新型はFB25型DOHCエンジンでした<(_ _)>

「それら(ボディやステアリング)の剛性感が他を圧倒するレベルにあるレヴォーグと比べると、わずかに差があるように感じる・・・」

確かに、レヴォーグ素晴らしいですからね(^_^;)だからこそ、MTを<(_ _)>

「ロールマナーの躾け方に関しては、・・・ステアリング操作に対して”後輪の”反応が滅法速いから、進入時にコーナリング姿勢を整えやすい。」

これ、私にとっては大事なのです(^_^;)

「リアのロール剛性が高く躾けられていることで、・・・S字コーナーでの切り返しなど面白いように決まる。・・・レヴォーグよりも走り易い。」そしてレヴォーグより全高が高いがセダンボディの低重心を意識させる挙動で大谷さんを魅了したようです(^_^;)

これは是非、B4にも試乗したいですね・・・

 

ところで、WebCGでも触れていないのですが、パワステの戻りの手応え・・・相棒BR9が唯一レヴォーグに勝てるところ?

私だけ?と思っていたのですが、こちらでも同様の指摘が・・・レヴォーグとB4と共に暮らすスバリストのインプレッション。

「そうですよね~!」と思わず\(^o^)/

(アウトバックの戻りは自然でした)

 

いえ、ここ、MAZDAが大事に作ってきているので・・・

 

それと、新型レガシィ北米ではマニュアルミッション導入しているのですから・・・SUBARUさん、<(_ _)>

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

名古屋でCX-30

1日半の講習後2時間で200問の試験・・・ もともと都会の喧騒が苦手・・・ ラグビーWC

記事を読む

実家の車プロジェクト

MOMOさんから提案がありました。 (実家の車を検討すべき・・・) 今はティーダなのです

記事を読む

【CG REVIEW】MAZDA CX-5

少し前にUPしましたが、CX-5が目立つように停まっているので、通勤の帰りに毎日見ています・・・

記事を読む

インチダウン+Not ECO タイヤのすすめ

もし皆さまが、コーナリングの速さをそれほど求めないのであれば、インチダウンをおすすめいたしま

記事を読む

謹賀新年2017

明けましておめでとうございます。 昨年は、オバマ大統領が広島を訪問し、安倍総理が真珠湾を訪問す

記事を読む

ジュネーブショー2016

いよいよ始まりましたね! https://www.youtube.com/watch?v=vq

記事を読む

実家の車の候補

MOMOさんと意気投合しました。 https://www.youtube.com/watch?

記事を読む

新車で買える4WD+MTがまだあった

MAZDAはMTを大事にしてくれますね(^_^;) 先日マイナーチェンジしたアテンザで

記事を読む

やっぱり大きい車・・・

那須で大きな事故があったようです・・・ 7日午前9時45分ごろ、栃木県那須町の国道4号

記事を読む

久しぶりにDST

クラウンの試乗リポートを考えていてある事に気づきました。 (DSTを見てみよう・・・)

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑