*

チームの抱負

公開日: : スポ少, スポーツ

年末年始の番組でチームの抱負につながる知見をいくつか得ました。

一つは心理学の番組から。

一人で綱引きを引くのと何人かで引く場合では、一人の時の方が力を出している・・・

それも、5人の時より10人の時の方が力を出さない・・・

これを「社会的手抜き」と言うそうです(^_^;)

 

(これをチーム内で防ぐには・・・)

番組ではその解答も用意されていました。

 

一つは、綱引きのチームの選手は集団でも力が落ちない。

「専門的なスキルは社会的手抜きを防ぐ」

 

もう一つは、うちのチームでもすぐにできる(^_^;)

「応援」

それも、名前を呼ばれるとその人は力が落ちませんでした(^_^;)

抱負1「仲間を応援する」

 

もう一つは、結果を出しているラグビー日本代表のヘッドコーチ エディー・ジョーンズさんとローソン社長、玉塚元一さんの対談。テーマは「強い組織」

・「このチームは強くなれる」の共有。

・個がチーム内で満足しない。

(うちのチームでは・・・でも、市では?県では?)

それにはハードワークによる自信が必要とのこと・・・

自主性

なぜこれが大事なのかは、前述の「社会的な手抜き」が説明してくれる。自主性はそれを防ぐはず。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

兄弟で一矢

3年前の同じ学童予選。5年の長男が21点?取られ、こちらはノーヒット。 あれはタフな試合でした

記事を読む

今度はプレーヤー

新しい職場に来て1年が過ぎようとしています。 先日、職場のソフトボールに誘われました(^_^;

記事を読む

王さんの始球式(平和の象徴)

高校野球の始球式を王さんがつとめられました(^_^;) 今年は高校野球100周年。第一回大会の

記事を読む

少年野球は受験にも良い?

長男がこの春中学に進みました。 (附属からのエレベーターです) 元々は部員数9人(そのう

記事を読む

上村選手、銅メダルの滑り

録画を見ました(結果は知らない状態で)。 バンクーバーとちがってモーグルは予選から合わせるとけ

記事を読む

次男が負傷続き

来月の2週目、こちらではメインの大会があります。 それに向けて、上り調子だった次男が負傷続きで

記事を読む

スタートは上々

1週間経ってしまいましたが、チームの戦いが始まりました。 所属するブロックのトーナメント戦でし

記事を読む

元気いっぱい打ちなさい

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」囲碁棋士・井山裕太のなかのある言葉に衝撃を受けました。

記事を読む

成長のホームラン

先週末5年生以下の練習試合がありました。 登板予定の子が急きょ捻挫してしまい、2試合投げること

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑