*

桜吹雪の中、満塁ホームラン

公開日: : 最終更新日:2015/04/09 スポ少バッティング, スポ少

クルマで40分のところのチームと練習試合でした。

せっかくの機会でしたが、欠席が多くボールボーイが一人足りない・・・

 

風は強かったのですが、砂ではなく桜の花びらが舞うだけですみました。

グランドには花弁の吹き溜まりが川のように何カ所も・・・

 

そんな中、次男が自身初となる満塁ホームラン!

なんかジブリ作品のワンシーンのような・・・

 

4番とは不思議なもので、あそこで打っていれば勝っていた?という場面で回ってくるのは少年野球でも同じのようです。

 

次男は私には訊かずに、振り込むようです・・・(前の大会で、少しブレーキとなって初戦を落としていました)

確かにステップで投手側に上体が倒れるのが直っていました。

 

それにしてもスゴイ打球・・・あのバットで打てるようになったようです。

盆地の東部にちょっと名刺を置いてくることができたでしょうか。

 

いえ、私も良いチームと試合ができたことはすぐに生かさなくてはなりません。

 

あの場合、クリーンナップでもツーランスクイズは「有り」なんですね・・・(うちでは発想できない)

いえ、これ子供たちに自分で考えさせようと思います。

あれ、どうやって防ぐ?自分たちはやりたい?

 

そういえば、次男、3塁へのディレードスチールやった・・・

(頭はクールに。自分もそうでなければ・・・)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

少年野球は受験にも良い?

長男がこの春中学に進みました。 (附属からのエレベーターです) 元々は部員数9人(そのう

記事を読む

長男:中学初ホームラン

といっても、3年生のお別れ試合ですが(^_^;) こちら(スポ少)は午前中練習でした。長男の登

記事を読む

チームの抱負

年末年始の番組でチームの抱負につながる知見をいくつか得ました。 一つは心理学の番組から。

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

上体を開かない(次男に入ったアドバイス)

「上体を開かないように・・・」だと入らなかったのですが、「これ」は入りました。 すぐに確かめた

記事を読む

羽生選手、葛西選手はメダルをとり・・・

こちら甲府は記録的な降雪のため2週間練習が休みでした(^_^;) 久しぶりに会う子供たちは元気

記事を読む

白星スタート

今シーズン初めての試合は2:1と締まった試合でした。 規定の試合時間である1時間半で6イニング

記事を読む

スバル、ニュルブルクリンクで快勝

今年は快勝だったようですね。トラブルらしいトラブルがほとんどなかったとか・・・(強い) 一年越

記事を読む

元気いっぱい打ちなさい

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」囲碁棋士・井山裕太のなかのある言葉に衝撃を受けました。

記事を読む

消費増税後の買い物

① 軟式審判用インナープロテクター チームで必要になったので、それならと・・・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑