*

【試乗】ホンダ・ジェイドRS

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 試乗リポート,




店に入る前に「いらっしゃいませ」と言わんばかりにS660が置いてありました。

いえ、今日はHONDAの新型ターボエンジンの味見に来たはず、浮気はいけません(^_^;)

 

元ストリーム乗りとしては、この感じは懐かしい・・・良くも悪くも、走りはストリームの後継です(^_^;)なんというか、「粉っぽい」・・・前日にレヴォーグに試乗していたので余計に感じられてしまいます。

ブレーキを残してコーナーに入ると、タックイン気味に巻き込んでいく(内側の後ろが上がるのが感じられる)・・・

こういうスポーツドライブとなると・・・アクセラの方が気持ちいですかね(^_^;)

そうなると、この締まった硬い乗り心地は現相棒(BR9)と比べても不快な当たりはなく、個人的には好ましいのですが、何のため?となってしまいます。

 

パワステ自体の手応えは、インフォメーションも豊富で不自然さもないのですが・・・しっとり感がないんですよね・・・(ただ、しっとり感が薄いのは全体に通っているのでバランスは取れているのかもしれませんが)

 

私にとって致命的なのは、パドルシフトでシフトダウンしてもすぐに「D」に戻ってしまうところです(以前、戸惑ったフィットRSのCVTと同じですね・・・)

それならマニュアルモードに入れればいい?でも、スバルのリニアトロニックはいきなりのパドルシフトでもそれが起きませんし、MAZDAのATもそれは起きません・・・ジェイド・ハイブリッドに採用されているデュアルクラッチミッションの採用を強く望みます

 

件のターボエンジンは?そうですね、それをチェックしに行ったわけですが・・・ミッションが足を引っ張るのでなんというか、スバルの1.6を凌駕するとは感じませんでした・・・エンジン単体なら?という評価はできませんし現実的ではありません・・・ただ、せめてもと直線でベタ踏みした時の音は・・・悪くはありませんでしたが、そのあたりも元相棒ストリームのKA20がシビックのそれとはチューニングが違う?と同じというところでしょうか・・・痛快な音がするわけではありません。このエンジンの良さを引き出すためにもデュアルクラッチミッションと組むべきでしょう

 

そうでした、ブレーキは良かったです!(そうえいばストリームもそうでしたね・・・)これは逆に定評のあったMAZDA勢より?

 

それとこれは皆さんどうなんでしょうか、室内側から見たドアミラー取付け部の処理・・・ちょっと厳しい(^_^;)

 

(レヴォーグと20万円くらいの差ですか・・・)

 

S660から変わっていくのでしょうか、HONDA。そういう意味でS660にも試乗してみたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次期インプレッサにMTがない

発表された中にMTの設定はありませんでした・・・ そうなると、SGPベースの次期フォレスターに

記事を読む

レクサスNX300h“バージョンL”(4WD)

NXは次期候補になり得るかと、意欲的なターボエンジンのバージョンに試乗しましたが、Fスポーツでしたの

記事を読む

「(私の実家)には行けるんだよね・・・」

え?どうなんでしょう・・・ (MTで本当に大丈夫なんでしょうか・・・)  

記事を読む

試乗:日産スカイライン200GT-t

(良い車見つけた) 「スカG」という響きはやはり特別でしょうか・・・ 私にと

記事を読む

試乗:マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(4WD/MT)

この試乗車の設定をしているディーラーに敬意を表したいと思います。 レジェンドでもな

記事を読む

新型レガシィ登場

来ましたね、レガシィ! (カッコいい・・・) こんなスバルが出るなんて・・・

記事を読む

メルセデス・ベンツCクラス(W205)CG REVIEW

長くカーグラフィック誌を読んできましたが、これほど絶賛されているのは少ないと思います。 (その

記事を読む

今度のプリウスのリアサスはダブルウィッシュボーン!

豊田章男社長になってから開発されたプリウス・・・ 楽しみです。 (ゴルフを越えて来るに違

記事を読む

【試乗】スズキ・ソリオ HYBRID MZ(2WD)

最近のSUZUKIは軽量化を前面に出しています。それがどのようなものか確かめたいと思って

記事を読む

高校の同窓会 vol.2

みんなの懐かしい話し方・・・ いずれも香りを意識させられる素晴らしい料理と、かつて赴任していた

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    HONDAの1.5ターボ、気になりますね。
    待ちに待ったエンジンですが、ステップWGNとジェイドでは…

    まだこれからと見てます。次期シビックセダンに載せるとか?
    日本はハイブリッドのみとか、そんな記事がありました。
    数を追わないと新社長が言ってます。

    ダウンサイジング・ターボはVTECを否定するのでしょうか?
    低回転でトルクを出し、高回転でパワーを出すターボ?

    あり得るのでしょうか?
    シビックTYPE-RはVTECターボでしたね…でも高過ぎ(´・_・`)

    なんでしょうね、HONDAの空回り感。

    • tanac より:

      Mashiさん、ありがとうございます。
      専門家の方々はこのエンジンを評価しているので大丈夫なのではと期待しています。素人が評価しにくいミッションと組むのではなく、そのエンジンの良さを引き出すように・・・(燃費ということなんですかね。あまり気にすると変なクルマになっちゃうのでは。走らない時が一番良いになっちゃう・・・)
      今の車は、このエンジンとこのミッションでこの車に載せればいいのに・・・という風にはいかないんでしょうね。となると逆にコンセプトが大事になってくるのでしょうか・・・

      個人的には、フォレスターに1.6LターボのMTがあれば決まりなんですが・・・(2L NAのMTでもいいのでは?)実は最近はそういう感じになってきました(^_^;)ダウンサイズターボ全盛のときにあえてNAのMT・・・昨日、インテグラType Rに遇ったのですが、神々しかったです(^_^;)よし、フォレスターのMT、ローダウンしてマフラーもSTI・・・これ、自分らしいかも< (_ _)>

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑