*

試乗:スバル・インプレッサスポーツ ハイブリッド

公開日: : 最終更新日:2015/08/06 試乗リポート,




相棒の6カ月点検を待っている間に、良い山坂道を乗らせていただきました。

ざっくり言うとXVハイブリッドのローダウン?

という事はXVの良いところ・・・重量増に備えたリアサス周りの強化、ハイブリッド化によって求められる静粛性の強化によって、「ひとつ上のクラスのような感じ」は当然踏襲されているわけですね・・・

ただ、直近で乗ったレヴォーグ(B型)の印象が凄すぎたので(^_^;)、正直XVハイブリッドの印象は薄くなっていました・・・

 

そう、オリジナルのインプスポーツと比べるとけっこうパワステがクイックなんですよね。それでいて、重量増は重心が低いところのみですし、それに対するリアサス対策が相まって・・・かなりスポーティです。

よって山坂道はかなり楽しいです。クロスオーバー7の直後に乗ったのですが、やはり設計年次が新しいだけあってすべてで上回りますね(^_^;)

舗装の荒れをクリアするときのいなしと音の処理はちょっと比較になりません(^_^;)

それと、このディメンジョン。絶対的に?スポーツドライブをすると相棒BR9と比べると、とにかく気軽に楽しめます。でも、良い意味でどっしり感があります(そこでも相棒軽く負けます(TωT))。ちょっと不思議な感じです。インプなのに走りが高級・・・でも、コーナーも楽しい。

ただ、それをもってしても年改のレヴォーグ1.6GTはさらにその上を行きます。よりしなやかでパワステの手応えがより繊細・・・懸案の中心への戻りにおいてもレヴォーグの方が自然です(ただ、その差はかなり小さい?)

パワステの重さは・・・実はインプハイブリッドの方が、私は好きです。レヴォーグ、2.0はどういう重さなのかチェックしたいところですね。

ブレーキは、まあこれは電車のようなもの?でもあるので難しいようですが、ジェイドに完敗です(^_^;)でも、それは普通のブレーキの止まる直前のところの話しなのでコーナーでは問題はありませんでしたが・・・

これで、クロスオーバー7的手法で内装をオリジナルと区別化すれば、プリウス:CT200=インプ:インプハイブリッドのようになれるのでは・・・少なくとも走りでは達成できています。

ただ、秘すれば花?このモデルに乗っている人には敬意を表せずにはいられないですね・・・(お分かりになっている)

相棒(BR9)、インプスポーツハイブリッドに何が勝つでしょう・・・

STI performance pack.化してるので・・・鷹揚感?いや、ノーマルでも勝っていないかも(^_^;)

まあ、パワステの戻りの手応えは・・・(反則ですが)

高速巡航?

なんか、不安です(^_^;)

 

(これは掘り出し物かもしれません)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次の次

これですかね(^_^;)   (その前は?) 色々な流れから、や

記事を読む

可変圧縮比エンジン!

可変圧縮比エンジン・・・これは、興味深いですね(^_^;) 日産はV6の代わりにそれを備えた4

記事を読む

CX-4?楽しみ・・・

CX-4のスクープ画像が出ていますね・・・ カッコいい(^_^;)

記事を読む

このペアリングはスゴイ?

ウォーキングのルートの途中にこの2台が並んで停まっているお宅があります。   (色は違い

記事を読む

MAZDAの色を見に・・・

改めて、色をチェックしに帰りにディーラーに寄ってみました。 試乗の時に見ているはずなのですが、

記事を読む

楽しみな日本車

カーグラフィック誌を買いに久しぶりに・・・(いえ、下手をするとカーグラを買いに行く時しか本屋に行かな

記事を読む

北米向けシビックの新型

まあ、「北米向け」の新型ですが・・・(^_^;) でも、私にとってシビック

記事を読む

相棒後継車考

中津スバルさんはご存知の方も多いかもしれません。 (御坂トンネルから生還したWRX) &

記事を読む

日産ノート e-POWERの試乗記に・・・

当サイトの本来のコンセプトである試乗リポート・・・ 先日こちらでは雪が降りまして、試乗車がスタ

記事を読む

スズキ、ソリオにも「デュアルカメラブレーキサポート」

スバルのアイサイトのサプライヤーである日立オートモーティブシステムズが、軽初のステレオカメラによる衝

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    インプにハイブリッド、気になってます。

    なるほどインプレッション、分かる気がします。
    レンタカーで何度か運転したインプレッサ1.6。ガッチリしてるんですが、どこか軽いと言うかバタつくと言うか…
    モーターの重さとトルクが加われば、つい付くように加速するイメージが浮かびます。

    一方レヴォーグもいい感じに改良されてるようですね。

    フォレスターのフルモデルチェンジでは、1.6ターボが採用との記事…

    結構いいとこ取りのような気がしてます。

    実はこれでは?次期マイカー?

  2. tanac より:

    Mashiさん、ありがとうございます。
    ビッグマイナーではフォレスターに1.6Lターボはないようですね。これまでのパターンだとあり得るんですけどね・・・もし、それにMTあったら、おっしゃるとおり候補筆頭です(^_^;)

    インプ・スポーツハイブリッド素晴らしいです。レヴォーグは柔らかさ(<しなやかさ)のなかに凄さを確認できましたが、インプハイブリッドの方が分かりやすいかもしれません。ココは優先順位によると思います。同乗したスタッフの話しをパクリますが(^_^;)塩かしょう油かの話しに近い?SUBARUなら塩でしょ・・・いや、それは好みの問題でどっちもそれぞれ良いレベルになっているのでは?
    麺は硬めでいいならインプかなり良いかもしれません(^_^;)

    ちなみに昨日、めずらしく家族みんなが休みだったので、大人の?ラーメン屋に行ったのです。こういうところにお前たちと来るときが来たか・・・(遠い目)
    長男:「今まで一番上手いラーメンの一つかもしれない・・・」
    私:「今までのベスト3は?」
    長男:「札幌で食べた味噌・・・」
    (確かに、それは言えてる)
    長男:「幸楽ラーメンの塩、」
    (^_^;)
    長男:「あとはこの間の吉田のうどん・・・」
    (クルマをきいているのに、バイクを言ってきたな・・・(^_^;))

  3. Mashi より:

    となると、気になってたけど試乗できていない
    XV って、トッピング(チャーシュー、もやし?)した感じですかね?
    ずっしりした感じで車高がある・・・

    どんな味なのか、改めて興味が出てきました。

    • tanac より:

      スバルは、SUV的クロスオーバーのトッピングに強いかもしれませんね。
      そういう時こそ低重心が力を発揮する、というかそれが分かる機会が日常的?(^_^;)(BRZだと、進化を発揮する領域が高い?)

      Mashiさん、XV試乗の場合麺は堅めで・・・ではなくてハイブリッドも< (_ _)> サス等のリア周りが違うし、パワステもクイックでかなり変わってきます。見た目からはイメージされない、かなりスポーツなモデルだったという印象でした。

      SUBARUも次のインプ?でレヴォーグ(B型)を凌駕する感じでやっちゃってほしいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑