*

中曽根元総理の寄稿

公開日: : 社会

戦後70年に当たり中曽根元総理の寄稿が報道されています。

特に以下の部分に感銘を受けました。

「本来は、当時の指導者の戦争責任を『日本人自らの責任で決着をつけるべきだった。』とした上で、『東西冷戦がはじまったことで、日本社会としての戦争の総括が中途半端に終わってしまった』と指摘した。」

 

人間関係において、相手を変えようとすることは適切ではありません。変える事ができるのは、自分だけです。

国も同じなのではないでしょうか。

 

元総理も覚悟の寄稿でしょうか・・・しっかり受け止めるべきだと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ノーベル平和賞 サーロー節子さんの演説

備忘のために記します。 「 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さ

記事を読む

一番悪いのは・・・虐めた奴

岩手でまた悲劇が起きました。確認しておかなければならないのは、「頭を何回も殴る」というのは障害罪だと

記事を読む

機動隊の目の前で信号無視

いや~、あんな数の機動隊はじめて見ました(^_^;) (日教組全国大会の特別警戒のようですね。

記事を読む

煽らない(or られない)ために

いくつかの知見を得ました。 (私自身がどうしていくべきか・・・)   欧

記事を読む

「歩行者軽視」に向き合う

また、子供たちの列に車が突っ込む事故が起きました・・・ でも、かわいそうに・・・残念・・・はあ

記事を読む

BS1スペシャル「欲望の資本主義2017 ルールが変わる時」

アメリカの大統領が、アメリカ第一・・・ 正直、「当たり前の事なのでは・・・」と思っていました。

記事を読む

周りにストレスをかけない運転

情けは人のためならず 最近、朝の通勤で強い雨の中での走行の機会がありました。霧もあって視界はか

記事を読む

2018.6.12は1989.11.9のような日になるのか

もしそうなったら、東西ドイツや関係国がどうなっていったのかを確認することは有益に違いありません。

記事を読む

こういう船長(責任者)って

報道されていることが事実だとすると、あまりにも酷過ぎて亡くなった人は浮かばれませんね。 船長が

記事を読む

ボーっと生きていてはいけない

そっちではなくて、例の如く「100分de名著」です(^_^;) オルテガの「大衆の反逆」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑