*

変えないと繰り返す・・・

公開日: : 社会

本当に必要なのは、議会改革ではないでしょうか。

以前に書いているのですが、あれから8年ですか・・・いまだに議会が、仕組みを進歩させていない。

だから、政権が変わっても同じ光景。経験が生きない。

 

わたしは、世の中が良くなるために、いや悲劇を繰り返さないために、以下に紹介する「議会改革」と「情報公開」が必須だと思います。

以下、再度抜粋いたします。

「意見が違うからといって、国会審議による調整ができないというのはおかしい。
与党が両院で多数を占めていても日程の都合で成立しない法律が出る半面、修正によって法案を成立させようとする事がほとんどなかった・・・

その背景には、与党による法案の事前審査制がある。これは、内閣が法案を国会に提出する前に、自民党などの与党の了承を必要とするという慣行である。与党が国会で法案に賛成するためには、その内容を確認するのは当然である。しかし、事前審査を前提として、国会審議の前に与党議員に内閣提出法案に賛成する義務が課せられるというのは、当然ではない
国会議員の投票を縛ることは、議院内閣制を採用する国で広く行われているが通常は議会の委員会審議が終わるころに行われる。議会で法案の修正などが行われることを考えれば、審議を受けて議員が態度を決めるのが自然だからだ。
ところが日本では、国会で議論を始める前に法案の細部にまで与党の賛成が決まってしまう
これは立法における官僚の影響力の強さの表れだ。官僚の立場から見れば、事前審査制は他の省庁の官僚だけではなく、与党議員を中心とする政治家を説得し、内容を調整することを意味する。つまり、国会審議前に法律の内容を固めてしまうことにより、担当省庁の官僚が主導権を持つことができるのだ。
官僚による根回しによって物事が進むことに慣れた政治家たちは、法案の中身に注文をつけたり、法案を了承する代わりに行政に口を出すことがあっても、その骨格を検討することは少ない。
しかし、衆参の多数派が異なる現状では、賛成反対を明らかにするだけでは物事は動かない。政治家同士の討論を重ねるなかで、双方の違いと共通点を明らかにしたうえで、妥協できるところは妥協した方が実り豊かである。
国会審議という表舞台で法案の中身を検討するには、政治家にも随分と力量が必要である。しかし、日本の国会議員だけが、官僚の根回しがなければ法案審議 ができないというのはおかしい。困ったことの多い衆参のねじれではあるが、それを契機に政治家同士の討論を活性化させるべきではないのか。
(中略)
「困った困った」というだけでなく、「ねじれ国会」を動かす地道な努力を重ねることで、国会のあり方も正常化するのではないか。変革期にある日本政治においては、先例にとらわれず、問題解決の努力を続けることが必要である。」

この努力、すなわち主導権を議会に取り戻す事をしない政権は、結局官の槐癩なのです。

 

これで、政治に対する無関心が進んでしまうと・・・本当に戦前の歴史が繰り返されてしまいます。皆様、是非ご一考を<(_ _)>

戦争になって何百万人も殺し合ってでも解決しなくてはならない事なんて、何があるのでしょう・・・

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

上越市(謙信公の本拠地)が甲府市に除雪車と運転手を派遣

このニュースは今回のことではじめてホッとさせてくれました。 「新潟県上越市は2014年2月17

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

当事者じゃない自分ができること

川崎で凄惨な事件が起きました。 犯人は自殺したため、動悸は明らかになりません。 &nbs

記事を読む

財務省事務次官と日大アメフト監督の共通点

それぞれ、時代錯誤のハラスメント・・・   尚、これらが報道され世の中で騒ぎに

記事を読む

大地の怒り

噴火の次の日に、マグニチュード8.5!(のちに8.1に修正されました) 阪神淡路のゆうに30倍

記事を読む

100分de名著「苦海浄土」

恥ずかしながら、知りませんでした。 今年の出会いの中で、もっともショッキングだったかもしれませ

記事を読む

争点を整理

なんか、分からなくなってきました・・・ (与党大勝で大丈夫?) 仕事人内閣ってなんだった

記事を読む

人口減⇒いろんな一軍が弱くなる?

私の通っていた中学は8クラスでした。 隣の中学は13クラス・・・時々校庭にバイクが走っていまし

記事を読む

「歩行者軽視」に向き合う

また、子供たちの列に車が突っ込む事故が起きました・・・ でも、かわいそうに・・・残念・・・はあ

記事を読む

編集は自由なのか

安倍晋三首相は10月6日の衆院予算委員会で、朝日新聞の報道について 「民主主義がしっかりと健全

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑