*

【CG Review】アウトバック VS ゴルフ オールトラック

公開日: : 最終更新日:2016/08/22 , CG REVIEW




CG誌の表記もこの順番でした。確かに、このタイプの先駆はアウトバックですね(^_^;)

アウトバックの乗り心地を、

「ほぼまっすぐにクルージングするような場面では、減衰力の立ち上がりが穏やかに設定されているのが、体感上もよく分かるソフトな乗り心地である。目線の高さもしっかりある一方で、パワートレインの重心位置の低さなのだろう、ボディの高さの割にはグラグラした不安なロール感がなく、リアアクスルの安定性があるので、高速域でもしっかりと手応えのあるシャシー・レスポンスを感じる事ができる。」とした上で、

「路面の小さなうねりが続く場面では、わずかにフルフルとした上下動が残る傾向があった。走行ノイズはゴルフオールトラックよりも大きめで・・・(風切り音、ロードノイズについて)。シャシーの直進性も中心にドシっと座る感覚がもう少し欲しいと感じられた。」としています。

ノイズや直進性もアウトバックは絶対的にはそれほど悪くないのだが、ゴルフ・オールトラックは明らかにこれらの点で勝っている、とされています。

「(ゴルフⅦは)ラクシュリー・クラスに相当する静けさを手に入れているから、アウトバックにとっては相手が悪かった・・・」

「電動パワーステアリングの制御は緻密で、モーターが動く際のトルク変動もほとんど気が付かない。」

残念な話題のVWですが、静粛性とパワステの仕上がりは傑作といっていいゴルフⅦ。この2点について、スバルを含めて日本勢は追撃の手を緩めてはならないと思います。

「一般道では少々固めに感じるサスペンションは、・・・(高速域では)まるでレールの上を走っているかのようなスタビリティを披露する。」

これは確かめたいところですが、こちらにオールトラックの試乗車がないのです・・・しばらく、国内でも苦戦が続くかもしれないので、試乗車が設定されるかどうか・・・

「段差があるとガコっと固い当たりになる事が多いが、その後ボディの上下動は1回ビシッと止まって後を引かないので、割と大きめの振幅の中で収まっていくアウトバックとは対照的。・・・純粋に好みの問題と言える。

そうです、これは好みの問題に他なりません。ちなみにシトロエンC3は2バウンドしますよ(^_^;)

「アウトバックは鋭い突き上げに遭うと、まれに車の骨格に響くような『ビシン!』という細かい振動が感じられる。」

これも、試乗では分からなかったですね・・・逆に、オールトラックの「ガッチリ感」を試したいところですが、ヴァリアントにもう一度乗ってみますかね。

「コーナリングにおいても低重心感があるのはアウトバックなのだが、路面への張り付き感が強いのはオールトラック・・・アウトバックはコーナリング中に舗装の不整があると、バタバタと足回りが踊って軌跡に若干の乱れも看取される。」

これは、困りますね・・・でも、今の私は改善策を知っています。

「インチダウン・・・」<(_ _)>

オリジナルの乗り味が固いという声に対してB型は改良されたようですが、A型に試乗した際には不満はなかったのですが・・・この項目はA型の方がいい?

 

VWの電動パワステの仕上がりは、今の問題とは別に評価されるべきだと思います。ただ、そのレベルの高さは何のためなのでしょう。

(ハンドリングはMAZDAやSUBARUの方が、愉しい・・・)

そもそも、VWの車づくりの指針って?

「Volkswagen. Das Auto.」

・・・

クルマの理想がここにある、という事でしょうか。正しさ、とかあるべき姿という事でしょうか。

VWって、運転していて、なんというかクルマと楽しさを共有できないんですよね・・・いえ、私と合わないというだけなのですが。

 

ただ、今回の問題にかかわらず、ゴルフGTIのMTには試乗させていただきたいと思います。試乗車を設定してくれればですが。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【試乗】スバル・レヴォーグ 1.6GT-S

実家と日帰り往復(約350㎞)できると助かる・・・ということで2ペダルも選択肢に・・・となっているの

記事を読む

「堕落論」的美しさ

前回、坂口安吾の「堕落論」について触れましたが、同書では美しいものとして、 刑務所、工場(プラ

記事を読む

2017インプレッサ発表

発表されましたね\(^o^)/ 素晴らしいじゃないですか・・・ こうなるとXVも

記事を読む

何かを運ぶためのもの?

新しい職場に来て1年になります。 (改めて、初心に帰って・・・)   み

記事を読む

C3ピカソの後継?

C3と暮らしていることは、私のカーライフに幅を持たせてくれています。 もし、うちのが次期インプ

記事を読む

自分の波長

先週末、職場の旅行に参加してきました。 ここ数年は週末はスポ少に参加していましたので、前回の旅

記事を読む

「B4には鋭さがある」

自分の車の嗜好を確認するためにも、B4には試乗すべきのようですね。 600kmインプレッション

記事を読む

日本カーオブザイヤー2016-2017 インプレッサに決定!

インプが獲ったようですね。 ハイブリッドでもないオーソドックスなセダンが・・・

記事を読む

カッコいいクルマに

先週末は、久しぶりに仕事で2日間缶詰の講習に参加しました。 あれは何という線なのでしょう・・・

記事を読む

2015レガシィ微妙

写真が出てきましたね・・・ボストンのスバルディーラーのページのようです。  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑