*

【CG REVIEW】プリウス(プロトタイプ)

公開日: : 最終更新日:2015/12/18 , CG REVIEW



2階級特進!

今度のプリウス、軒並み評価が高いですね・・・

CG誌も絶賛です。

「まず、何がいいって、シートがイイ。」

着座位置が56mmほど低くなって、良いポジションが取れるようです。

「まだ、動き出してもいないのに、これほどの安心感を与えてくれるコクピットもそうない。」

 

それとよくある表現ですが、動き出しでかなり「上質」感があるようですね・・・

「ステアリングポスト付近に漂うカチッとした印象・・・」

サーキット走行でFun to drive!

「もっともっと乗っていたい・・・」

「2階級特進ともいうべき、飛躍的な進化を遂げていた。」

(いや~、これは楽しみですね・・・)

走る”ときめき”はCX-5並み!

「堅固なボディ、よーく粘る高いシャシー性能、・・・低重心化、安楽で快適なシート、・・・軽快なドライブフィール・・・よいクルマとしての達成度と充実ぶり。・・・いつまでも走り続けたいという想いに激しく駆られた。」

これは、同誌にしてはかなり高い評価ですね・・・

「かくも走る”ときめき”を覚えた最近のクルマといえば、・・・マツダCX-5ぐらい。」

これは、本当なんでしょうか・・・いえ、大歓迎です。ああいうクルマをTOYOTAが作るようになったんですか・・・\(^o^)/

(ちなみにCX-5は日本車ではじめて?CG AWARDを獲っています

 

これは、素晴らしい・・・

日本で最も売れる車の一つが「Fun to drive」になる。それを、求めない人もその良さを知ってくれる・・・

日本車の個性に「Fun to drive」が加わる・・・

 

妻は日本車ならTOYOTA、ということなので、現実的な候補車がCX-5に匹敵するFun to driveなクルマになってくれる・・・

(SUVやワゴンといったバリエーションもこれがベースになるのでしょうか・・・)

 

この年の瀬に、未来が明るく感じるニュースとなりました。

他メーカーもこれに続き、日本車がますます「高質」になっていってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

なんと、セダン!

SUBARU、TMS 2017はセダンですか! (やられました・・・) 「安心で

記事を読む

マニュアルミッションがあってほしいダークホース

MAZDAの2.2Lディーゼルで私が試乗した印象で一番良かったのは・・・ CX-5だったと思う

記事を読む

アルピーヌ・ビジョンに期待

アルピーヌA110への憧れの想いは、私の場合ここが源泉ですね(^_^;) http

記事を読む

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします。 年始は

記事を読む

RX-7復活!?

「次期RX-7を2017年に発表する計画だ」と、担当主査の山本氏が明かしたと報道されていますね・・・

記事を読む

SUBARU、フォレスター(E型)にMTを設定

SJフォレスターのE型にMT残りましたね・・・ 設定が無くなると書きましたが、違っていました。

記事を読む

次期インプレッサにMTがない

発表された中にMTの設定はありませんでした・・・ そうなると、SGPベースの次期フォレスターに

記事を読む

ライトを点けましょう。

台風18号の迫る中の通勤でした。本格的な風雨で斜線変更時はかなり神経を使う状況でしたが、ライトを点け

記事を読む

このペアリングはすごい、のつづき

以前に、近所のこの2台のペアリングについてご紹介しました。   今朝、ゴルフGTIの方が

記事を読む

試乗が恐い(CX-5)

実は、通勤の帰りに毎日見ます(^_^;) 目立つところに置いてあるので・・・こっちを見てきます

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑