*

【CG REVIEW】プリウス(プロトタイプ)

公開日: : 最終更新日:2015/12/18 , CG REVIEW



2階級特進!

今度のプリウス、軒並み評価が高いですね・・・

CG誌も絶賛です。

「まず、何がいいって、シートがイイ。」

着座位置が56mmほど低くなって、良いポジションが取れるようです。

「まだ、動き出してもいないのに、これほどの安心感を与えてくれるコクピットもそうない。」

 

それとよくある表現ですが、動き出しでかなり「上質」感があるようですね・・・

「ステアリングポスト付近に漂うカチッとした印象・・・」

サーキット走行でFun to drive!

「もっともっと乗っていたい・・・」

「2階級特進ともいうべき、飛躍的な進化を遂げていた。」

(いや~、これは楽しみですね・・・)

走る”ときめき”はCX-5並み!

「堅固なボディ、よーく粘る高いシャシー性能、・・・低重心化、安楽で快適なシート、・・・軽快なドライブフィール・・・よいクルマとしての達成度と充実ぶり。・・・いつまでも走り続けたいという想いに激しく駆られた。」

これは、同誌にしてはかなり高い評価ですね・・・

「かくも走る”ときめき”を覚えた最近のクルマといえば、・・・マツダCX-5ぐらい。」

これは、本当なんでしょうか・・・いえ、大歓迎です。ああいうクルマをTOYOTAが作るようになったんですか・・・\(^o^)/

(ちなみにCX-5は日本車ではじめて?CG AWARDを獲っています

 

これは、素晴らしい・・・

日本で最も売れる車の一つが「Fun to drive」になる。それを、求めない人もその良さを知ってくれる・・・

日本車の個性に「Fun to drive」が加わる・・・

 

妻は日本車ならTOYOTA、ということなので、現実的な候補車がCX-5に匹敵するFun to driveなクルマになってくれる・・・

(SUVやワゴンといったバリエーションもこれがベースになるのでしょうか・・・)

 

この年の瀬に、未来が明るく感じるニュースとなりました。

他メーカーもこれに続き、日本車がますます「高質」になっていってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

トルクが40kgmって・・・

MAZDAの22XDはトルクが42.8kgm(420Nm)もあります。 (これをMTで・・・)

記事を読む

レヴォーグにMT?

それは、本当ですか! いえ、スバルの人がそう言ったという事だけで十分です。 そうなると、

記事を読む

レヴォーグベースのエクシーガ?

ベストカー誌にありましたね。 1.6ターボ。レヴォーグベースのエクシーガ・・・ これは良

記事を読む

自分らしさとは

長男(中3)が修学旅行から帰ってきたら、 「カラオケが好きな人」に変わっていました(^_^;)

記事を読む

次期相棒候補、CX-3

CX-3には本当に4WD+MTが設定されるようですね・・・ 「四輪駆動のMT車というのは、他に

記事を読む

スカイラインに試乗?

ハイブリッドのアクティブステアリングは生煮えのようなのでスルーしていますが、 2000㏄ターボ

記事を読む

スバル、世界生産台数100万台突破

5年連続で過去最高を更新し、ついに100万台を超えたようですね。 ご同慶の至りです。 と

記事を読む

意外なワインディングのコンペティター

昨日、農道で帰りました。 この道との付き合いは長いです。学生の家庭教師の時からだから・・・うわ

記事を読む

マツダ、CX-8発表

CX-8でしたね・・・(^_^;) SUVの3列シート・・・ 4900×1840

記事を読む

リニアトロニックとDSG

実は最近まで、DSGがなんでそんなにいいのか(リニアトロニックはそんなに悪いかな・・・)と思っていま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑