*

【試乗】スズキ・アルトワークス(於ホームコース)

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 スズキ, 試乗リポート




アルトワークスにホームコースで乗らせていただきました。

前回の試乗でフットレストがないのは分かっていたので、ホームコースですからちょっと踏ん張りのイメージトレーニングを・・・

(ん?手前の床で踏ん張れる・・・)

 

やっぱり、乗り心地ハードですね(^_^;)

いえ、それなりのスピード(斟酌ください<(_ _)>)になれば、ピターッと落ち着くので・・・スキーに例えれば、ウェーデルンはビシッと決まるので乗り心地を指摘する方がおかしい?それをするために作られたクルマなのだし・・・

 

ここまでハードな板でなくてもウェーデルンができる・・・すなわちスポーツ走行を楽しむ事ができるようになってきたので、個人的にはもっとしなやかでもいいのかもしれません。

(でも、それはモディファイできる範囲のこと・・・)

 

パワステの手応え・・・

SUZUKIはこれについて上げるべきだと思います。そうすれば逆にこの乗り心地にも少し説得力が出てくるのでは。

切りはじめの手応えは、相棒BR9と比べるのはフェアではない・・・

 

でも、ダイハツとは比べられるべきでしょう。

ちょっと差があります・・・これくらいの(少し重くして)パワステが積まれれば、エンジン音は逆に圧倒していますし、史上の名車になるのではないでしょうか。

 

シート高は前回も触れましたが、慣れると不思議と気になりません。ホームコースなのでけっこうやらせていただきましたが座面が高いから突っ込めないということはありませんでした・・・(シートそのものの性能も大きいでしょうか)

逆に、相棒BR9に戻ったとき、久しぶりに自分の方が低くくてホッとするパターンでしたが、座面の角度をレカロと同じように真似してみると・・・

(良くなりました・・・<(_ _)>)

 

ところで・・・実はこれに試乗する前に、先にリクエストしたモデルがありました。

すごいカッコいいですよ、イグニス!

 

SUZUKIさん、この流れでこういうのやってみては・・・

じゃんだらりんさんよりいただきました<(_ _)>)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost

今時珍しい漢(おとこ)車 インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを2年連続(2012年

記事を読む

山梨トヨタ70th試乗会

貴重な試乗の機会となりました。山梨トヨタのみなさんお世話になりましたm(__)m でも、本当は

記事を読む

【試乗】スバル・エクシーガ クロスオーバー7

結局、相棒レガシィ(BR9)の次の車検までの点検パックに入りました(^_^;) (

記事を読む

【試乗】ダイハツ・キャスト スポーツ

確かに、これはコンパクト並 カーグラフィック誌、およびカーグラTVでダイハツの軽モデル

記事を読む

試乗:マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(4WD/MT)

この試乗車の設定をしているディーラーに敬意を表したいと思います。 レジェンドでもな

記事を読む

試乗:VW ゴルフTSIコンフォートライン

(今更?) そうですよね・・・<(_ _)> 最近、相棒のレガシ

記事を読む

ゴルフヴァリアントTSIハイライン

やっと試乗できました・・・ 雨だったのでアップしていませんでしたが、ゴルフⅦ(5ド

記事を読む

プジョー 308 Cielo

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたモデルに乗っておくべき・・・ いえ、正直言うとC4ピ

記事を読む

【試乗】スズキ アルト・ワークス

これは気合が入ってる!ただ・・・ 朝一で行ってきました。でも、ちょっとコースが・・・ 一応カ

記事を読む

試乗:ルノー・キャプチャー・インテンス

ルノー・キャプチャーが試乗の順番に割り込んできたのは、カーグラフィック誌のジャイアントテストで高く評

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑