*

「結果、打てなくても良い・・・」

公開日: : 最終更新日:2016/05/07 中学野球

自分が中学のとき(市の新人戦優勝)よりも、長男(中3)の方がすでに結果を出しています(県大会準決勝進出)。

(そういえば同じ一番バッター)

 

最近は、バッティングフォームについてこちらから前のようにはアプローチはしませんでした。

 

昨日、兄弟でプラスチックの穴あきボールを近くから投げて、実践的なイメージで打つ練習をしていました。

長男は小学校4年~6年の途中までほとんど毎日「トスやって・・・」とリクエストしてきたのですが、それと同じ内容でした。

当時はこれよりもステイバックを磨くメニューの方がいいのでは・・・とも考えましたが、何を練習しても結局長男はこれを求めてきました(^_^;)

子供の身長に合わせて椅子に座って・・・近くからけっこう速く投げました。良い打球を打つようになってからは、こちらは面をかぶるようになりました(^_^;)

 

それを、中学に上がった次男とやっていました。

良い練習に見えたので、いえ、正直記念撮影の感じで撮りました。

 

正直、それをしなくてもそこそこ打っているので、触れないようになっていましたが、直っていました・・・

フォローで左肘が左胸に付いている・・・

 

表題の台詞は私ではなく本人が言ったものです。

そう言えるスイングを県大会でできる・・・そういう気持ちの裏返しでしょうか。

 

(実戦でも大丈夫?)

例えば「二死満塁」というように実践的なイメージの下でのスイングだったので・・・むしろ自信をもってスイングできるようになった方が大きいかもしれません。

長男がそういう気持ちで大会に臨ませていただけることに感謝いたします。

 

次男も、良い感じで打てていました。

自分たちの強みは自分のことをよく見て来た人がいる・・・

(お互いがお互いの強み)

あのスイングは二人で作り上げた・・・

 

どうせファーストストライク、というか初球を打つのは変えないでしょう(^_^;)

(追い込まれたら難しい投手ばかり・・・)

ただ、これまでとは一味違うかもしれません・・・

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

地道な積み重ねが結果に

先日の文化の日の練習試合(軟式野球)で、次男(中1)が2試合2四球を含む10割だったようです。

記事を読む

太田オープンの出場校

この春、関東で開かれる中学軟式野球の大会に県3位として参加します。 同じ予選グループに千葉の代

記事を読む

長男最後の県大会

「楽しかったよ!応援ありがとう」と言って風呂に向かいました。ちょっと救われた思いでした。

記事を読む

長男のスイング決定

「このスイングで行くよ!」 珍しく自分のスイングを見せてきました。相変わらず物真似は多かったで

記事を読む

良い兆し?

「サッカー部に(打ち込んで)当ててはいけないから、そう、越せばいい・・・」 ニューバットはしっ

記事を読む

次男の投球フォーム

人生初の中間テストの準備期間にもかかわらず(^_^;) 「こう投げると(制球が)よかった・・・

記事を読む

バッティング開眼?

昨日の練習試合で次男がセンターオーバーを打ったようです。 お腹の調子もあり?サードコーチャーの

記事を読む

次男にも身長抜かれる

とうとうその日が来ました。 家族で背の順で3番目に・・・   他のSNS

記事を読む

行ってきました、太田

北関東自動車道に入ると、高速機動隊の白バイと、それが取り締まる対象としているバイクが交互に並んで走行

記事を読む

最後の夏が来る

これまで2回も県大会に連れて行ってくれました・・・ そう、十分なはずなのです。 &nbs

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑