*

日産が三菱を傘下に

公開日: :

機を見るに敏ですね。

いずれスカイラインやエクストレイルのPHEVが出るのでしょうか・・・

そうだ、これにも?

 

三菱のメリット?

そういう立場じゃないですかね・・・

 

現場にいい仕事させてほしいと思います。

 

もしまだやっているのなら、新入社員に三菱のマークを描かせる研修をやめましょうか・・・

そんなこと岩崎弥太郎は望まないでしょう。まして、彼が引き継いだ亀山社中の祖、坂本龍馬はもっと・・・土佐藩の枠を超えていたのだから、

(土佐藩の家紋に似た、「そんなマークやめろ!」と言われる?)

 

もう一度、憧れの的となるモデルを、是非_(._.)_

 

三菱の現場の皆さん、頑張ってください!

(軽の枠を超えた、「i」の後継モデル、行きましょう)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Hey BR9, You are good !

フィールド・オブ・ドリームズを気取ってみました(^_^;) 千代田湖という近くの池に通いだして

記事を読む

【CG Review】アウトバック VS ゴルフ オールトラック

CG誌の表記もこの順番でした。確かに、このタイプの先駆はアウトバックですね(^_^;)

記事を読む

MINIもMT追加

限定車ではありますが、MINIの5drにMTが採用されました。 (これもうれしいニュー

記事を読む

相棒(BR9)、最も早いスタッドレス交換

あまり、自信ありげに天気予報が言うので・・・ 午前中は天候が良かったので、11月ではありますが

記事を読む

RX-7復活!?

「次期RX-7を2017年に発表する計画だ」と、担当主査の山本氏が明かしたと報道されていますね・・・

記事を読む

できない理由ではなく、どうすれば・・・

このところ、担当のスタッフに、MAZDAはMTを大事にしてくれる・・・と突っかかっていたからでしょう

記事を読む

インプレッサG4のSTIパフォーマンス

東京オートサロン2017(2017年1月13日~15日)にスバルが出品するようです。 メインは

記事を読む

試乗:ルノー・キャプチャー・インテンス

ルノー・キャプチャーが試乗の順番に割り込んできたのは、カーグラフィック誌のジャイアントテストで高く評

記事を読む

大きい車に乗りましょう?

事故現場の声より、 (やっぱり軽は悲惨なようです・・・) ということで、私号候補はやっぱ

記事を読む

水平対向の低重心の恩恵を一番受けるモデルは

水平対向エンジンによる低重心の恩恵を一番受けるモデルって・・・やっぱり、

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    この問題が出たときに、ふと思ったことがあります。

    燃費ってカタログ値より、下回るよな・・・?

    私のレガシィって14km/lですけど、そんな値ってずっと高速を運転した時の1回のみ。通常8~9km/lです。
    これもどうかと思いますけど。

    日産との資本提携はある意味救いとなったと思います。
    日産からしたら軽自動車の開発や工場を持たないで、そのノウハウを手に入れられるわけですから。
    三菱のメリットは社員、下請け会社の救済ではないでしょうか?
    あとは資本。

    でも、どうしてもダイムラーの影が見えてくるのですが。
    技術流出?
    小型車でアジア市場の開拓?

    ゴーンさん手腕でしょうか? どうした、JAPAN!

    • tanac より:

      Mashiさん、ありがとうございます。
      良しとしなくていけないというところなのでしょうか・・・

      でも、プラグインHVの技術流出ですか・・・
      (スバルもちょろちょろリコール出ていますので、リコールを出さない、ではなく対応で判断ミスがないように・・・)

      今は焦ることはないので、良い球だけ打てばいい?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑