*

B1タイプ(かかと内側)タイプのプレーヤー

公開日: : 最終更新日:2016/06/30 ゴルフ

B1タイプのプレーヤーと言えば、

なんとインパクトで前の足のかかとが浮いている!

(これ、NHK趣味Do楽の「いまさら聞けない!ゴルフの基本」のひっかけが出だしたときの修正メソッドだったような・・・)

試しに素振りしてみると・・・

振りやすいじゃないですか(^_^;)

(パットもやりやすい・・・)

 

インパクトの時に前の足(自分の場合は左)のかかとを上げたままなんて・・・

でも、どうせひっかけの修正で前足のかかと上げメソッドはやらなければいけないのでしょうから、そのままバッバ・ワトソン流で?

 

B1タイプは無理して体重移動しなくていいからスタンスは狭くていい・・・

そう、始めてすぐのころのスイングでよかったんですね(^_^;)

よりうまくなろうと・・・でも、ほとんどが余計だった?(TωT)

 

動きやすいフォームでいい、というよりだんだん無理には動けなくなっています(TωT)

(動けるようにしか動けない)

 

夏には懐かしいメンバーで回る予定です。それに向けて・・・B1スタイルを磨きます。

B1の備忘(ゴルフ上達ガイド「90切は夢じゃない」より)

  • 構えるとき、先にひざを曲げる。そのあと前傾。骨盤と足首をそろえる。
  • スタンスは足の外側が骨盤の幅(狭い!)。
  • グリップはパームで手のひらに対して直角。クラブを上げて握る。ロングサム真上に置く。ハンドダウン。
  • バックスイングでは右(肩と腰)を縮め、ダウンでは左を縮める
  • バックスイングで左ひざが中に入る。フィニッシュで右ひざが曲がっている。
  • パットはカップを意識(途中にスパットを意識しない)
  • 左足上がり。①右手でクラブを持ち、両足をそろえた状態でボールにクラブヘッドを合わせる。②右足、右股関節、首の付け根が垂直になるように構える。③左足、右足の順でスタンスを広げ、頭を少し右に動かしてカラダのラインを傾斜と垂直に、肩のラインを傾斜に平行にする。

(マキロイ選手もインパクトで左足が浮いてますね・・・)

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

中井学超ゴルフ学

備忘のためサマリーを・・・ ●右を向いてしまいがち・・・⇒飛球線の目印を探してそれに平行に構え

記事を読む

違う素振り

インパクトでどうしても「エイ!」と力むようになってしまいました。 (ウェッジ2本素振りが影響し

記事を読む

「45歳からシングルになる!」

備忘のためにサマリーを(^_^;) ●「右肩を後ろに引く」とテークバックが上がりやすい。

記事を読む

初心に帰る(ドライバー)

このブログでも何回か書いてきましたが、私はゴルフを始めてすぐのころは結構とんとん拍子にすすみました(

記事を読む

パターグリップを交換

毎日やってます!(もう一か月は過ぎた?) 2mくらいのパット ⇒ ウェッジ1本でマットにピンポ

記事を読む

練習開始

今放送しているEテレのゴルフレッスン番組はタイムリーです。 (対象:これから始める人、あるいは

記事を読む

【ゴルフ】変わるべきは・・・

120も越えてしまいました(^_^;) さすがに参りました・・・   と

記事を読む

本当にその練習をしていたか・・・

先日のラウンドは47-61でした(^_^;) 前半はティーショットが安定していて、久しぶりの4

記事を読む

ゴルフが上手くなるには・・・「素振り」

皆さまに、天地神明に誓って嘘ではないと言えること・・・ (このサイトの内容は基本的にそうなので

記事を読む

Rシャフトにチェンジ

右腕の負傷を受けて、スチールシャフトを卒業プロジェクト。 黄色いお店でその場で揃うもの・・・ア

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑