*

世のため人のためになる車

公開日: : , 社会

4月から勤務先が変わりました。

これまでとは違って農道を気持ちよく走る・・・ようなステージはありません(^_^;)

田舎の県ですが、そのなかではもっとも渋滞となる経路の一つ?車内表示で、9.8km/L⇒8.0km/Lくらい落ちています。

と言っても都内と比べればそんなの渋滞とは言えないよ・・・と笑われてしまうかもしれません(^_^;)

 

これまでと一番違うのは、朝走行する時間帯が変わったので子供たちの通学と遭遇する・・・

(この列に突っ込んで、その場から逃げるなんて・・・少子化なのだから子供をひいたら厳罰?)

 

遭遇する台数が多くなったからだと思いますが、運転にセンスの感じられないことが・・・

左折の時に、なぜそうするのかわからないのですが、

膨らんで曲がる。

交差点で、向かい合ったRXがそれをして・・・いや~寿命縮まったと思います(^_^;)

 

カービングになる前のバブルの頃・・・自分は競技スキーをやっていましたが、大回転の板を買うとき、

「メートル5(=205㎝)だ~!メートル(=200㎝)にしとけ!」

コンシェルジュというにはあまりにも品がありませんでしたが、でもそれは正しかったのでしょう・・・(^_^;)

(こう言うアドバイス、今も存在しているのでしょうか・・・)

ちなみに買ったのはメートル3のアトミック。私をシード選手にしてくれました_(._.)_

 

けっこう、周りに負荷をかけるように左折で膨らんで曲がる人をみかけます・・・

普通の交差点で、膨らまなくては曲がれないなら・・・

(その車に乗るのを控えてほしい)

これ、生体内だと他の細胞にストレスを与えるから・・・免疫細胞に処理されてしまいますよ(^_^;)

 

そういう方は交差点の先頭だと白線で止まらないで出てしまうから、大型が曲がってきて・・・あ~あ~ってことに?

そうですよ、大型が曲がれるのだか左折時に中央をはみ出して膨らむのはおかしいですよね(^_^;)

 

昔の3ナンバーって今とは違う特別な雰囲気を持っていたのでは。排気量が大きい、外寸が大きいというだけではなくて・・・

 

どうなんでしょう・・・全幅180cm(Or 175?)で太いラインをひいては・・・(昔の3ナンバー以上の特別感になる位)。

その代わり今の5ナンバー(排気量<1000㏄?)にインテンシブを設けるとか・・・

 

これだけだと、「結局、お金?」になってしまいます・・・

 

前述のスキーの店員さんやコーチ・・・の

「お前にはそれは無理」に代わるものは・・・

 

そういう重し?がないと、

「EUから離脱」を選んでしまう・・・(エラーばかりしてしまう、打てない・・・⇒野球をやめる?)

運転がうまくないのに、デカい車に乗る。

待機児童で困っているのに・・・それも少子化なのに・・・

 

こうやって文明は衰亡していくのでしょうか・・・沈んでいる船に気づかない?

 

ということで、やっぱりアテンザ(全幅1840mm)は大きいですかね(^_^;)

(風が吹けば桶屋が・・・_(._.)_)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

胸騒ぎの原因

前回、クラウンのモデルチェンジについて言及しました。 でも、胸騒ぎの原因はクラウンに限らなかっ

記事を読む

相棒(BR9)帰還

帰ってきました。 以前BRZに試乗した後は相棒がアウトバックに感じたとしていましたが、スタッド

記事を読む

MAZDAは「ワクワク感」を研究している

今朝のNHK「おはよう日本」でやっていましたね。 MAZDAは「ワクワク感」を研究しているとの

記事を読む

試乗:スバル・インプレッサスポーツ ハイブリッド

相棒の6カ月点検を待っている間に、良い山坂道を乗らせていただきました。 ざっくり言

記事を読む

AIに倫理を学ばせたら

BSで、AIと倫理、AIは脅威か・・・というような主旨の討論番組をやっていました。

記事を読む

この胸騒ぎは・・・

全然自分には関係ないのですが、なぜか今回は気になるのです。 それどころか、CG誌のジャイアント

記事を読む

変えていい流れ

職場のサンダルを変えました。 よくあるあれ・・・ (けっこう履き心地良いんですね・・・)

記事を読む

次期相棒考

買い換えは、長男が高校に入って落ち着いたら・・・と考えていました。 彼は新しくバレーボールを始

記事を読む

やっぱりWRXだ。なぜなら

懐かしい方からメールが来ました。 そして、私のカーライフにとって大事なポイントになるであろう情

記事を読む

男には秘密基地が必要?

たなべさん、リンクさせてください。m(_)m 九州のコニサーは彼にとっての「ニュル」に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑