*

ダフリと引っかけ

公開日: : 最終更新日:2016/12/27 ゴルフ

スポ少の指導で参加していなかったので、5年ぶり?でした。

「こういうメンバーで回るのは(気を使わなくて)楽しい。」と誰かが言っていましたが、終わってラウンジで話していた時も学生の時に戻ったようでした。

みんな、しっかり頑張っているようで、何人かクルマもグレードアップしていました(^_^;)

(よし!自分も頑張りますか・・・)

 

久しぶりの気の置けないメンバーでのラウンドなので、事前に少し練習して臨みました。当日の練習も良かったのですが・・・(TωT)



現実を見つめなくては!

ダフリと引っかけ

コースで実際打つときにこれらが頭をよぎって、練習場のような気持では打てていません(^_^;)

コースでは、練習とはかなり違う動きになっているのでしょう・・・

もっとこれらの対策をするべきなのだと思います。

まずは、100を切ってから!

・ ボールの左に仮想ボールを想定。そこまで打つように。

・ 上体の軸を右に傾けない。

・ 腕を緩めて打つ。突っ張らない。

・(緊急避難)インパクトで右手親指を浮かせる

ドライバーが急に崩れたら・・・

・ ドライバーをさかさまに持って、インパクトに音が出るように素振りをする。

力を抜いて振るために・・・

・ 腕に力が入らないために、逆に体幹(丹田を意識

・ スイング中、腕の力を変えない。ハンマー投げのイメージ(ヘッドを感じる)。

・ ダウンで両手をストーンと落とすイメージ。

ダフリ対策

・ まっすぐ立つ(右手が下がらない意識)。

・ バックスイングで骨盤が右にスライドしない

・ コンパクトなバックスイング(上体を伸ばさない)

右肩が突っ込まない

・ 右手首の角度をキープ

・ トップで左肩をあごの下まで。その時の目線(ボールまでの距離をインパクトまでキープ

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

マネしちゃった方が早い

よく子供たちに話していました。 トップでグリップが一緒にピッチャー方向に動かないように・・・

記事を読む

打ち方決定

結論からすると、一番「当たる」打ち方です。 はじめて地方に赴任した時、働き出して2年目頃・・・

記事を読む

違う素振り

インパクトでどうしても「エイ!」と力むようになってしまいました。 (ウェッジ2本素振りが影響し

記事を読む

バックスイングの時に

平成最後に・・・このところ、テレビを見れば「平成最後・・・」のオンパレードですね(^_^;)

記事を読む

目指せ、79!

人生の目標が一つ増えました。 80を切る・・・ (安倍総理に挑戦)  

記事を読む

もしかして「B2」?

先日、ラウンドしました・・・ (TωT) 110も切れません・・・  

記事を読む

令和最初のラウンド?

大げさな言い方ですが、単に久しぶりのラウンドです。 でも、今までで初めてということになりそうで

記事を読む

「45歳からシングルになる!」

備忘のためにサマリーを(^_^;) ●「右肩を後ろに引く」とテークバックが上がりやすい。

記事を読む

【ゴルフ】力が入る・・・

例の本に「ティーショットはスプーンやフェアウェイウッドの方が・・・」とあったので、U2に変えて練習・

記事を読む

身体が自然に・・・

シュートに対して偶然ではないハンドをするとレッドカード・・・ 意外なサッカーの厳しさを知る事に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑