*

「田舎のプロレス」に失礼

公開日: : 社会

自国の議会を貶めるコメントがあったようですが、まさに官僚のおごりではないでしょうか。

以前にも書きましたが、ここがポイントだと考えています。

国会審議の前に与党議員に内閣が提出する法案に賛成する義務が課せられている・・・

国会議員の投票を縛ることは、議院内閣制の国ではよく行われていますが、普通は委員会審議が終わるころに行われます。議会で法案の修正などが行われることを考えれば、審議を受けて議員が態度を決めるのが自然です。

でも、この国では、国会で議論を始める前に法案の細部にまで与党の賛成が決まっている・・・

そうなると、委員会審議って?

法案を提出する担当省庁の官僚からすれば・・・委員会自体が田舎のプロレス?

でも、その国の議会の審議がそういう位置づけでいいのでしょうか・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

政治生命をかけた冒険?

ジャーナリストの田原総一朗氏がなんか動いているようですね・・・ 「(衆院)解散ではない。そんな

記事を読む

結果とともに生きる・・・

皆さんもご覧になったでしょうか。 https://www.youtube.com/watch?

記事を読む

争点を整理

なんか、分からなくなってきました・・・ (与党大勝で大丈夫?) 仕事人内閣ってなんだった

記事を読む

「ながらスマホ」2019年12月から免停

まあ、実際かなり危ないですからね・・・ と他人事なのは・・・ スマホを持っていないから(

記事を読む

人を幸せにしてくれるAI

AIによって人の暮らしがどう変わっていくか・・・今後AIとどう共存していけばいいのか・・・ そ

記事を読む

「歩行者軽視」に向き合う

また、子供たちの列に車が突っ込む事故が起きました・・・ でも、かわいそうに・・・残念・・・はあ

記事を読む

研究の目的

STAP細胞の研究は残念な事になっていますね・・・ 私も一時期研究をしていましたが、かなり違和

記事を読む

清原と佐々木

この二人が法廷に・・・ 佐々木氏の引退の際にも対戦した二人。私は特別な思いでそれを見ていました

記事を読む

胸騒ぎの原因

前回、クラウンのモデルチェンジについて言及しました。 でも、胸騒ぎの原因はクラウンに限らなかっ

記事を読む

「沈没船ジョーク」を聞いて

長男から教わりました・・・ 「フランス人は・・・あ、忘れちゃった。一番面白かったのに・・・」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑