*

日本カーオブザイヤー2016-2017 インプレッサに決定!

公開日: :

インプが獲ったようですね。

2016 - 2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー決定!

ハイブリッドでもないオーソドックスなセダンが・・・

プリウス、セレナを押さえましたか・・・

これは、うれしいニュースですね。

 

ちなみに、さかのぼっていくと・・・

ロードスター、デミオ、ゴルフ、CX-5、リーフ、CR-Z!、プリウス・・・

 

スバルとしては、4代目レガシィ以来13年ぶりとのこと・・・

そういう意味でも新型インプはBL/BPの流れを汲むのでは、という分析に箔が付きますね(^_^;)

 

ただ、こういう時こそ足元を見て・・・m(__)m

 

相棒(BR9)のリコールの案内に、「助手席に乗らないように」と・・・(TωT)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レヴォーグに座って

雪で延びていたBR9のドアミラー交換に行ってきました。 感謝デーだったのもありますが、これ

記事を読む

これ、カッコいい!

(VW HPより) サイドフォルムにやられてしまいました(^_^;) (大きさはそんなに

記事を読む

恵比寿ショールームに行ってきました。

久しぶりの東京でした。 セミナーに出席後、実家に顔を出してその帰りに寄りました。

記事を読む

ターボディーゼル+マニュアルミッション

これがありましたね。 試乗もしていました(^_^;) シフトフィールとザックスダ

記事を読む

そういう事だったのか・・・(相棒後継プロジェクト)

いろんな事が、とにかく腑に落ちました(^_^;) (なんで、買い替えに非協力的なのかが分かった

記事を読む

祝10周年

長いもので、TanaCar.netをはじめて10年が過ぎました。 最初にリポートしたのは・・・

記事を読む

VIZIV2がフォレスター?

今出ているベストカーにこの文字が・・・ VIZIVがフォレスター?でも、VIZIVってコンセプ

記事を読む

試乗:ルノー・キャプチャー・インテンス

ルノー・キャプチャーが試乗の順番に割り込んできたのは、カーグラフィック誌のジャイアントテストで高く評

記事を読む

アイサイト搭載車の追突事故、84%減

富士重工業が、交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出したようです

記事を読む

「堕落論」的美しさ

前回、坂口安吾の「堕落論」について触れましたが、同書では美しいものとして、 刑務所、工場(プラ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    今年はインプレッサかプリウス以外はないと思ってましたが、
    RJCでは、まさかのセレナが受賞でしたね。

    COTYとRJCではセレナは真逆の結果ですね。どういうことでしょうか?
    評価の基準が違うんですかね?

    • tanac より:

      Mashiさん、ありがとうございます。それぞれの受賞理由を・・・
      COTY「新開発のスバルグローバルプラットフォームなどにより質の高い走行性能を持つとともに、国産車初の歩行者保護エアバッグ、運転支援システムのアイサイトをはじめとする多くの安全装備を標準装着するなど世界トップレベルの安全性能も実現したことは見事。さらに200万円を切る手頃な価格からラインナップしたことも高く評価した。」
      RJC「足先の動きでサイドドアが開閉できる「ハンズフリースライドドア」、バックドアの上部だけの開閉もできる「デュアルバックドア」、2列目のシートを横スライドさせて3列目シートへの乗降性を大きく向上させたアイデアなど、ミニバンとしての利便性を徹底的に追求すると同時に、レベル2の自動運転サポート技術を比較的価格の安いモデルで実現したことを高く評価した。」
      (面白そうなので、これまでの受賞理由もチェックしてみますか・・・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑