*

【CG REVIEW】MAZDA CX-5

公開日: : , CG REVIEW

少し前にUPしましたが、CX-5が目立つように停まっているので、通勤の帰りに毎日見ています・・・

(本当にカッコいいですね)

 

ジュネーブショー2017ではボルボのXC60も発表されているようですが、それをみても今のデザインの主流ということなのでしょうか。

 

カーグラフィック誌にインプレッションがありました・・・

初代の長期テストを担当した記者が先代の高い評価を展開していました。

「・・・担当した半年の間は、とにかく会社に行くのが楽しくて仕方がなかった。」

「喩えようのない爽快なドライバビリティを供してくれる。」

「クルマというより、もはや”相棒”とでも呼びたくなるような存在感。」

 

確かに、私も初代CX-5に試乗した際には、この大きなSUVがとてもスポーティーで、コーナリングをかなり楽しめたことを覚えています。

 

そんな、担当記者が新型をどのように評したのか・・・

(NA 2ℓのガソリン)

「乗り手のニュアンスにピタリと応える繊細さとともに、とにかく知的で上質なその身のこなしにも感じ入った。車重1530kgとはにわかに信じられない軽快さ・・・」

(2.2ℓディーゼルターボ)

「前方にワープするかのような加速・・・」

「新型ではそうした(ディーゼル特有の細かな振動)ザラ付つきは皆無。」

「明らかに跳ねがちだった乗り心地も、新型ではとにかくフラットでなめらか。」

 

「インテリアやキャビンは、初代に比べてふたクラスほど上の質感を湛えている。」

「ミディアム・クラスの上質なセダン的な役割まで担える存在に”深化”・・・」

と、大絶賛されています(^_^;)

 

(これに乗ったら、次期相棒MT化プロジェクトが・・・)

 

ところが結びの前で、

「(初代と)半年間暮らしたものとしては、・・・気がつけば、乗り手がその気にさせられるダイレクト感、そして、クルマを着るかのような感覚のドライブフィールは、荒削りながらもCX-5らしい魅力だったはず。」

これは、私としてはありがたい指摘でした。

おそらく、秋のアテンザのモデルチェンジもそういう方向、いえ、アテンザはそれでいいのだと思います。

私も「その」ドライブフィールに共感するので、アクセラもモデルチェンジで新型CX-5的になっても、大丈夫そうですね。

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アウトバック発表

ニューヨークショーでアウトバックが発表されましたね。 https://www.youtube.

記事を読む

軽スポーツ当たり年

世の中はS660で大騒ぎかもしれませんが、機を同じくして、私にとって大事なモデルが発表されました。

記事を読む

今度のプリウスのリアサスはダブルウィッシュボーン!

豊田章男社長になってから開発されたプリウス・・・ 楽しみです。 (ゴルフを越えて来るに違

記事を読む

スポーツドライブを楽しむのに使っていいエネルギー

私の今の相棒は、Legacy 2.5i S Pack. Limit.です。 通勤で週6日往復3

記事を読む

なんと、セダン!

SUBARU、TMS 2017はセダンですか! (やられました・・・) 「安心で

記事を読む

パルサーが還ってくる?

私は特に中学生のころ、日産のファナティックでした。 「パルサー」というネーミング大歓迎です!

記事を読む

2016 CIVIC in US

これがシビックですか! https://www.youtube.com/watch

記事を読む

日露首脳会談を薩長同盟になぞらえる

ロシアのプーチン大統領が日本を訪問しています。 70年かけても進まなかった事に変化が出るのでし

記事を読む

次期CX-5にMTの国内設定なし

MAZDAのコールセンターにメールで問い合わせたのですが、 「CX-5へのMTの設定につきまし

記事を読む

アクセラに4WD+MT!

今度の7月?にアクセラがマイナーチェンジするようです。 いまだに、アクセラはもっともカッコいい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑