*

違う観点からみること

公開日: : ゴルフ, 家族, スポーツ

どういう風の吹き回しか、今年の春の高校野球をママ.gifが何試合もスタンドから見ていました。

長男とチームメイトだった仲間たちが出るという話しが入ったから?

次男の進路先のチェック?

 

でも、良いバッティングを見ているうちに、次男のバッティングと比べて何か違う・・・と感じ出したようです(^_^;)

 

それで、先日のテニス後のスイングを見て、

「結構近づいてきたかもしれない・・・」とコメントしていました。

次男ともども、今後が楽しみです(^_^;)

 

この話にはまだ続きがあって・・・

うちの奥さんは、独身のころけっこうゴルフを頑張っていたようです(^_^;)

(お互いバブル世代なもので・・・)

 

でも、まあ、時間や経済的なエネルギーをかけた割にはものにならないと、事実上やめてしまいました。

スイングもいいし、スコアもたぶん私より・・・(^_^;)

正直何が気に入らないのか・・・分かりませんでした。

 

最近、お義姉さんがゴルフを始めて、昨年はお義父さんと3人で回ったようです。

そんなことで、何十年ぶりにクラブを握るようになったのです。

 

それで高校野球の試合を見ていたら、見えてきたというのです(^_^;)

 

「インパクトが大事。いいインパクトをするためにスイングしている?」

 

ちょっと驚きました。では、独身時代はどういうイメージだったのでしょう・・・

もし、イメージ通りのスイングではなくても、いいインパクトで良いボールが出たら・・・

それはいいショットではないと位置づけられていたようです(^_^;)

 

ちょっと極端な例かもしれませんが、視野が狭くなって煮詰まるとあり得るのでしょうか・・・

奥さんはゴルフのスイングを、何か決められた踊りのようなものとして頑張っていたのかもしれません。でも、それは何のためのトレーニングなのか・・・

 

お義父さんは古くからゴルフをやられてシングルにまでなった人です。でも、娘2人と回られるのは、別の楽しみなのだと思います。さすがよくご存じ?で、知人からうちの奥さんにゴルフセットがいただけるようです(^_^;)

(これまでにないモチベーションのUP状態です・・・)

これまでとは違う・・・と感じるのは、老後に備えて私と一緒に何かできるように・・・というセリフが出てきたことです。

そうであれば、私もフォームについては一切言わないように・・・(^_^;)

今であれば、スポ少の時に子供たちにかつて求めていた「成功者の7つの習慣」の事も入るかもしれません(自主性、目的を理解して、大事なことからすぐに・・・)。

そう、それらを検討すべきなのは私たちの方なのです・・・(^_^;)

(釣りもそうなんでしょうね・・・)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今回の年賀状は、はじめて・・・

早いものです、もう年賀状・・・ 今年の我が家は、本来それを置く場所ではありましたが、ダイニング

記事を読む

卒業式の前日に髪を切りすぎ

本日、長男が小学校を卒業します。 タイミングを見誤り前日に床屋に行って、切りすぎたとのこと・・・

記事を読む

4年ぶり?のコースは・・・

56-53の109でした(^_^;) 実はスポ少でベンチに入るようになる前は110も切れなくな

記事を読む

マネしちゃった方が早い

よく子供たちに話していました。 トップでグリップが一緒にピッチャー方向に動かないように・・・

記事を読む

応援してくれる人に喜んでもらう

日曜日、妻の発表会でした。 子供たちは自分の試合の時より緊張していた?確かにこういう重い感じは

記事を読む

初心に帰る(ドライバー)

このブログでも何回か書いてきましたが、私はゴルフを始めてすぐのころは結構とんとん拍子にすすみました(

記事を読む

高校の同窓会 vol.2

みんなの懐かしい話し方・・・ いずれも香りを意識させられる素晴らしい料理と、かつて赴任していた

記事を読む

がんばれ、山梨学院高

球春到来ですね。 いきなり初日の登場です。実は大雪の影響で直前までグランドが使えなかったようで

記事を読む

続マネしちゃった方が早い

私ではなく、次男の方です・・・ 真似をする対象が、早々に変わりました(^_^;) 広陵高

記事を読む

ころ柿にTry!

週初めの仕事中、いつになく左前腕の筋肉痛・・・ こんなところが痛くなるのはじめて。打撲はないは

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    妻とまだ交際していた際に一度だけゴルフコースを回りました。

    結構練習(打ちっ放し)も毎週のように行って楽しんでたんですが、
    コースに出たらルールが分からないという状況になり、あーだ、こうだアドバイスしちゃたんですね。
    移動は素早く、グリーン上では走るな、飛び跳ねるな・・・・

    その後、二度と一緒に行かない、ゴルフも辞める結果になってしまいました。
    良かれと思ってたことが、本人は苦痛だったようです。

    今思うと、『そりゃ、そーだわな』と思います。(^^)

    • tanac より:

      Mashiさん、ありがとうございます。
      珠玉の思い出もご披露いただき・・・m(_)m

      「良かれと思って・・・」
      まさに、私にも同じようなことが少なくありません(^_^;)

      何十年ぶりのラウンドが実現したら・・・たぶん、当時とは違う感じのラウンドになると楽観しています。私は、逆に少しはルーティン、とくにスイングのテンポが速くならないように・・・これだけはやってみようと思います。
      (「困る」と速くなる?)

      スポ少で私の前に監督をした人は甲子園経験者でした。横でコーチをしていた時は、子供たちよりも私の方が飛び跳ねていたかもしれません(^_^;)

      でも、彼は技術的なことはほとんど教えませんでした。むしろノックは私が・・・
      (自らノックを受けて楽しく野球をする姿を見せてくれました)

      彼の最後の練習の時に、バッティングについて2点、それと取り組む姿勢として「仲間を叱咤激励する」の言葉を贈ってくれました。私は折に触れてそれらを踏襲しましたが、子供たちに本当に入ったのは中学だったかもしれません・・・

      そこまで、野球を続けてほしいというメッセージだったのだと今は思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑