*

先発の立ち上がりの難しさ

公開日: : スポーツ

はじめて、高校野球の応援をしました(観戦でなく)。

長男の通っている高校ですが、それでもタイムリーヒットが出たときは盛り上がりますね~。

 

私は、ドア to ドアで通学に1.5時間かかったこともあり、野球部の応援等には行きませんでした・・・スタンドでこういう雰囲気ははじめてでした。

(奥さんと共に団扇を二枚ダメにしました・・・)

 

相手は、第1シードの山梨学院さんでした(^_^;)

応援も素晴らしい!

 

(コールドだとしても最後まで見てあげたい・・・)

 

長男の中学の時のチームメイトが2人野球を続けている市内の別の高校は前日、相手が同じ公立校でありながらいいところなく敗れました。

 

(野球は先攻の方がいい?)

夏の高校野球は3年生投手の立ち上がりは難しいのでしょうか・・・この2試合それを見せつけられました。

ただ、長男の高校の監督さんは違う対応でした。

(1回が終わらないうちに交代・・・彼には打者としての奮起を願ってファーストに)

 

後を継いだショートの主将はサイドスローでチャンピオンチームに小気味よく向かっていきました。

前日の同じ市内のチームと違ったのはベンチに帰ってくるときの選手たちの表情でした。

リリーフの力投とベンチの空気が功を奏したのでしょうか、中盤まではヒット数はチャンピオンチームを上回りました。

先発よりも彼の方がピッチャーらしい立ち居振る舞いでした。ランナーが出ると少し長めに持って、それでいてけん制も油断できず、チャンピオンチームは自分のペースでリラックスしてプレーできませんでした。

確かに死球は多かったのですが、コースを攻める必要があり仕方がなかったのでしょう。むしろ、鍛え上げられた下半身には蚊に刺されたようにしか見えませんが、だんだんムキになっている選手も出始めていました。

チャンピオンチームはエースナンバーを背負ったサウスポーを出してきました。予定通りだったのかもしれませんが、一応リリーフ?という空気になりました。

エースを引きずり出した、というのは明らかに言い過ぎですが、こちらとしてはそういうことで・・・(^_^;)

なんと、初球を三遊間に!明らかに動きの違うショートを本気で飛び込ませました。

エースから点を獲ったときのマーチで団扇に紙は残っていませんでした。

 

(これはいいチーム・・・リアルにベスト8を目指すべき)

 

一度長男に、やっぱり高校野球をやってみては・・・と話しをすべき?と思わせてくれるナイスゲームでした。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バカになって野球やろう

ファイナルステージ、2連敗して追い込まれたソフトバンク・ホークスの工藤監督が選手たちにそう声をかけた

記事を読む

【ゴルフ】あ、この感じ・・・

来週、職場のコンペがあるので、ちょっと練習に・・・寝坊して千代田湖に行けなかったので(^_^;)

記事を読む

長男の映像(バレーボール)

はじめて試合の映像を自分から見せてくれました。 高校から始めたこともあり、自分もバレーの経験が

記事を読む

残念、清原逮捕

このブログを始めた年(2005年)に、私は彼のパリーグへの移籍について触れていました。 &nb

記事を読む

違う観点からみること

どういう風の吹き回しか、今年の春の高校野球をが何試合もスタンドから見ていました。 長男とチーム

記事を読む

チームの抱負

年末年始の番組でチームの抱負につながる知見をいくつか得ました。 一つは心理学の番組から。

記事を読む

「松井と黒田 知られざる絆」を観て

車内で泣いてしまった・・・ https://www.youtube.com/watch?v=l

記事を読む

久しぶりのラウンド(ショートコース)

、とショートコースを回りました。ええ、むしろ暖かかったです(^_^;) (長男は部活で吐きそう

記事を読む

がんばれ、山梨学院高

球春到来ですね。 いきなり初日の登場です。実は大雪の影響で直前までグランドが使えなかったようで

記事を読む

デジタルビデオカメラの断捨離

うちのディーガには64GのSDカードが認識されないのを、今頃知りました(^_^;) ビデオカメ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑