*

マネしちゃった方が早い

公開日: : 最終更新日:2017/08/23 ゴルフ

よく子供たちに話していました。

トップでグリップが一緒にピッチャー方向に動かないように・・・

トップで弓矢のように・・・

 

それよりも、自分がそういうふうに振りたいな~と思う選手のスイングをまねした方が・・・

 

次男は、西武の森選手のスイングを真似するようです。

これまで出てこなかった名前。左右も違う・・・

でも、いいと思います。何か入ったのでしょう。不足のあろうはずがありません(^_^;)

ただ、彼はあることを始めてから打球が飛ぶようになったという話しを聞いたことがあります(子供たちにもしたような・・・)

「四股」

(次男)「よし、やろう!」

さあ、どうでしょう・・・

 

ところで先日、また110の王(60-52)でした(TωT)

そう、真似すべきは私の方・・・とくに、テンポなんだと思います。

フェアウェイから、自分でも嫌になるほど切り返しが早くなってしまうのです(^_^;)

 

形というより、スイングのテンポ・・・ゆったりと言えば、

どうせ110叩くなら、せめてこういうふうに振りたい

 

来週、学生の時のメンバーで回ります。

(コンセプトはこのテンポで振る!)

 

追伸:

ふと鏡の前でシャドーをしてみたら・・・

ちょうど岡本プロのスイングを見て何度も確認していたところができていませんでした。

下半身主導

正直、岡本プロのスイングを見るまでは、スイングがスムーズだったらどっちでもいい?と最重要課題ではなかったかもしれません。

 

そこに留意してやってみると・・・

まず、かなり意識しないと腕が先に動いてしまう・・・スライスが恐くてそうなってしまうのでしょうか。かなりこびりついているようです(^_^;)

「くるぶしを地面に倒すように」よりは「左ひざを飛球線方向に戻す」の方がやりやすい。

そして、これが目的だと思うのですが、ダウンで上体、とくに腕に力が入らなくなる

 

私の場合、トップで間を置くというよりは、切り返しで左ひざが飛球線側に動き出すまで上体は待つ、でやってみようと思います。

(このドリルは、どこでもできる・・・)

追伸:

上記のイメージでうまくダウンスイングに入った時、左胸が左腕の上腕二頭筋を押し返す感じになります。

いわゆる「脇をしめる」なのですが、上述のイメージだと腕に力が入らなくなるようです。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

打ち方決定

結論からすると、一番「当たる」打ち方です。 はじめて地方に赴任した時、働き出して2年目頃・・・

記事を読む

フェードも・・・

久しぶりに打ちに行きました。 パット、マットのラインに合わせたハーフスイング素振り、かごに入れ

記事を読む

ダイナミックゴールド断念

練習場でMIZUNOの試打会をやってました・・・ 実はミズノのダイナミックゴールドを検討してい

記事を読む

パターグリップを交換

毎日やってます!(もう一か月は過ぎた?) 2mくらいのパット ⇒ ウェッジ1本でマットにピンポ

記事を読む

ゴルフが上手くなるには・・・「素振り」

皆さまに、天地神明に誓って嘘ではないと言えること・・・ (このサイトの内容は基本的にそうなので

記事を読む

【ゴルフ】これで練習していく

前回の追伸で書きましたが、「これ」は今の私には少なくとも必要のようです。 価値観が変わる?人が

記事を読む

初心に帰る(ドライバー)

このブログでも何回か書いてきましたが、私はゴルフを始めてすぐのころは結構とんとん拍子にすすみました(

記事を読む

「強く打ったことはない・・・」

これがラストチャンス?という覚悟で再出発していますが(^_^;)、参考にさせていただいているMASS

記事を読む

練習の始め方

このところ調子が良かったのですが・・・ (ちょっと風邪気味?後頚部痛だったのはありました・・・

記事を読む

中井学超ゴルフ学

備忘のためサマリーを・・・ ●右を向いてしまいがち・・・⇒飛球線の目印を探してそれに平行に構え

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑