*

ツマラナイカラヤメロ・・・

公開日: : 最終更新日:2017/09/01 社会

通告なしの日本の上空通過は初めてではありません。

ただ、19年後に避難訓練で体育館で頭を抱えて伏せることになろうとは・・・

父が言ったことがあります、

「そういう空気ではなかった」

今の小学校高学年の少年は仕方がありませんが、大人たちが空気を読んで、それでどうなったのでしょう・・・

当時の人たちも竹鑓でB-29が落とせるなんて、誰も信じてはいなかった・・・
(じゃあ、なんでやってたのでしょう・・・空気を読んで?)

昔と違って今は人工知能が囲碁で人間に勝つ時代。東アジア情勢を問うてみては・・・

コンテストで優勝するAIはこう答えるかもしれません。

「巨神兵では王蟲には勝てない」

もう一度歴史を勉強しようと思います。ちょうど子供用に高校講座「世界史」を録画していました。むしろ世界史をとっていなかった私が見るべきでした(^_^;)

今後、「竹鑓で・・・」と同様の事を言われそうな「空気」になるかもしれません。そうなっても悲劇を繰り返さないために・・・「学ぶ」のだと習いました。

でも、私たちにはすでに答えがあります・・・
「ツマラナイカラヤメロ」というのでしたね、宮沢賢治様。

追伸:

総理は北のミサイル発射の前日は公邸に泊まっていたようです・・・

(事前に分かってたんですか・・・これは参りましたね)

 

今月の100分 de 名著は「野火」(大岡昇平)でした。

「戦争を知らない人間は、半分は子供である」

もし、戦争を解決策として考えるのであれば、この著作によるメッセージを確認してからにすべきでしょう。

その選択枝をとならないで被る不利益より、それをとったことによって失うことの方が圧倒的に甚大であることは自明。

(勝てばいい?)

それは、あまりに楽観的に過ぎます。

前大戦後の秩序を変更したい国がどこに?

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

天皇陛下の年頭所感全文

「昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、家族や住む家をなくした人々の気

記事を読む

煽らない(or られない)ために

いくつかの知見を得ました。 (私自身がどうしていくべきか・・・)   欧

記事を読む

皆さん、ここは思案のしどころ

いつもの広場で一緒に遊んでいるのは、本当にジャイアン(アメリカ)とスネ夫(日)だけになってしまいまし

記事を読む

それを繰り返さないためには、まずそれを知る

年始に、BSで「映像の世紀」デジタルリマスター版を放送していますね。 1995年に放送されたN

記事を読む

財務省事務次官と日大アメフト監督の共通点

それぞれ、時代錯誤のハラスメント・・・   尚、これらが報道され世の中で騒ぎに

記事を読む

人をサポートする喜び

このCMで議論になっているようですね・・・ https://www.youtube.com/w

記事を読む

「田舎のプロレス」に失礼

自国の議会を貶めるコメントがあったようですが、まさに官僚のおごりではないでしょうか。 以前にも

記事を読む

敗戦の原因(半藤一利氏)

読売新聞の「戦後70年」に寄稿されていました。 最近の新国立競技場のやり直しにも見られるように

記事を読む

太陽光発電で水から水素を(CO2ゼロ)

山梨県、山梨大学等が成果を出したようですね\(^o^)/ (燃料電池で発電するとエネルギーのサ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑