*

ツマラナイカラヤメロ・・・

公開日: : 最終更新日:2017/09/01 社会

通告なしの日本の上空通過は初めてではありません。

ただ、19年後に避難訓練で体育館で頭を抱えて伏せることになろうとは・・・

父が言ったことがあります、

「そういう空気ではなかった」

今の小学校高学年の少年は仕方がありませんが、大人たちが空気を読んで、それでどうなったのでしょう・・・

当時の人たちも竹鑓でB-29が落とせるなんて、誰も信じてはいなかった・・・
(じゃあ、なんでやってたのでしょう・・・空気を読んで?)

昔と違って今は人工知能が囲碁で人間に勝つ時代。東アジア情勢を問うてみては・・・

コンテストで優勝するAIはこう答えるかもしれません。

「巨神兵では王蟲には勝てない」

もう一度歴史を勉強しようと思います。ちょうど子供用に高校講座「世界史」を録画していました。むしろ世界史をとっていなかった私が見るべきでした(^_^;)

今後、「竹鑓で・・・」と同様の事を言われそうな「空気」になるかもしれません。そうなっても悲劇を繰り返さないために・・・「学ぶ」のだと習いました。

でも、私たちにはすでに答えがあります・・・
「ツマラナイカラヤメロ」というのでしたね、宮沢賢治様。

追伸:

総理は北のミサイル発射の前日は公邸に泊まっていたようです・・・

(事前に分かってたんですか・・・これは参りましたね)

 

今月の100分 de 名著は「野火」(大岡昇平)でした。

「戦争を知らない人間は、半分は子供である」

もし、戦争を解決策として考えるのであれば、この著作によるメッセージを確認してからにすべきでしょう。

その選択枝をとならないで被る不利益より、それをとったことによって失うことの方が圧倒的に甚大であることは自明。

(勝てばいい?)

それは、あまりに楽観的に過ぎます。

前大戦後の秩序を変更したい国がどこに?

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人をサポートする喜び

このCMで議論になっているようですね・・・ https://www.youtube.com/w

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

スマホを見ないで運転するのは、何のため?

また、「スマホを見ていて」が人の命を奪いました。 それも故郷で、実家に行くときにいつも通る交差

記事を読む

中曽根元総理の寄稿

戦後70年に当たり中曽根元総理の寄稿が報道されています。 特に以下の部分に感銘を受けました。

記事を読む

機動隊の目の前で信号無視

いや~、あんな数の機動隊はじめて見ました(^_^;) (日教組全国大会の特別警戒のようですね。

記事を読む

震度5弱で冷却水が止まる

不気味な長い揺れ方でした。 でも、最大で震度5弱。 熊本では震度7が連続で起きましたし、

記事を読む

財務省事務次官と日大アメフト監督の共通点

それぞれ、時代錯誤のハラスメント・・・   尚、これらが報道され世の中で騒ぎに

記事を読む

周りにストレスをかけない運転

情けは人のためならず 最近、朝の通勤で強い雨の中での走行の機会がありました。霧もあって視界はか

記事を読む

賠償と処理に20兆円!

あまりにもリスクが大きすぎではないでしょうか。 (一施設にそれだけのリスクがあるって・・・)

記事を読む

小保方さん、公式戦でホームランを

「200回はSTAP細胞を作成した・・・」 私が子供たちに話したのは、 「試合で、それも

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑