*

齋藤孝先生の話しとレヴォーグ

公開日: : , 家族

先日、レヴォーグのマイナーチェンジモデルに試乗しました。

1.6のノーマルサスペンションで、乗り心地や快適性に感銘を受けました。

 

少し後になりますが、次男の中学で開学●●周年ということで齋藤孝さんの講演があったようです。

以前の茂木健一郎さんの時もそうでしたが、テレビの時とは違う(より面白い)感じで話されたようです(^_^;)

自分がもし中学生だったら・・・

たぶん入らなかったと思います(^_^;)でも、実は大事なコミュニケーション能力・・・

まず相手に沿う・・・

相手がこっちにボールを投げるときは少なくとも、相手を見た方がいい・・・

私も、正直下手です(^_^;)

(でも、上手くなりたい・・・)

奥さんから教えてもらい自分に落とし込んでみたのですが、まずは微笑んでオウム返し?

それが、少なくともボールを投げる人の方を見る事になるのかもしれない・・・

(相手に主導権を握られたくない・・・)

私はどうしてもそれが気になってしまうのですが、それを否定しては成り立たないので受け入れたうえで前述の対策を考えてみました。

微笑んでオウム返しすることは相手に主導権を握られるわけではない・・・

齋藤さんの講演の話しを聞いているうちに、先日のレヴォーグの事が思い出されました。

(レヴォーグ、こっちに沿ってくれていた?)

昔のSUBARUとは違う印象はこういうことだったのでは・・・

(SUBARU、コミュニケーション力が上がった?)

ツーリングアシストの印象が意外に良かったのは、この沿ってくれている感じなのでしょうか。出しゃばり過ぎず、忍び過ぎでもなく・・・

せっかくの「良さ」は伝わらければもったいない。でも、何でもかんでも相手の思うがままではなく、

「こういう方がいいですよね」としっかりしたスタイルは持っていて・・・

なんか、レヴォーグといいコミュニケーションが取れたのかもしれません。

(GT-Sも試乗してみますか・・・)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

MAZDA、まさか・・・

先日、がアクセラのデザインを評価したのですが、妻号がMAZDAになる可能性がある? あるモデル

記事を読む

「B4には鋭さがある」

自分の車の嗜好を確認するためにも、B4には試乗すべきのようですね。 600kmインプレッション

記事を読む

北米向けシビックの新型

まあ、「北米向け」の新型ですが・・・(^_^;) でも、私にとってシビック

記事を読む

次期アウトバックのティーザー

スバルは、4月16日に幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーで、新型アウトバックを公開すると発表しま

記事を読む

相棒の点検で・・・

昨日は6カ月点検をしてきました。 点検のコンセプトは、年始に言われていたバッテリー交換。左顎の

記事を読む

謹賀新年2017

明けましておめでとうございます。 昨年は、オバマ大統領が広島を訪問し、安倍総理が真珠湾を訪問す

記事を読む

そんなことも分かっていなかった

シフトアップの時にアクセルをもどしはじめた時にクラッチを切って・・・ それで、つないだ時にショ

記事を読む

初めてだけど助かる装備

相棒アクセラには、センターコンソールのけっこういい場所にそのスイッチがあります。これまで暮らした車に

記事を読む

C3ピカソの後継?

C3と暮らしていることは、私のカーライフに幅を持たせてくれています。 もし、うちのが次期インプ

記事を読む

ドイツ人の3分の2がVW車「変わらず素晴らしい」

ロイターによると、 「ドイツ人の3分の2が自動車大手VWのイメージは排ガス規制逃れ問題で傷つい

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    昔、研修でコミュニケーション云々の話を聞いた事を思い出しました。
    相手の話を笑いながらオウム返しをして、天才的な話術をされる方がいる、と。

    明石家さんま がそうなんだそうです。

    • tanac より:

      Mashiさん、ありがとうございます。
      そうなんですか・・・
      これからはそういう観点でも見させてもらおうと思います。なるほど・・・
      (井口選手恐れ入りました。Mashiさんのおっしゃる通り、涌井投手いちどマウンドに戻って、投球した後の降板に気持ちが出ていたでしょうか・・・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑