*

【試乗】ホンダ・シビック ハッチバック(FF/CVT)

公開日: : 最終更新日:2017/10/11 ホンダ, 試乗リポート,

いよいよ「試乗」に対して腰が重くなってしまいましたが、シビックはその「錆」を落としてくれました。

久しぶりのHONDAディーラーでした(S660以来?)。連休でしたがけっこうにぎわっていました。来店前に電話しておいてよかったようです。

初めて対面するシビックの実車・・・Mashiさんの写真以外に、いいんじゃない?と思えるシビックの画像を見ないので(^_^;)外観デザインは期待していなかったのですが、

(え、カッコいい・・・今のクルマは二次元で表現しきれないのですかね・・・)

直後に急きょレヴォーグGT-Sにも乗ったのですが、HONDAは一人乗りです(^_^;)

といっても待っている人もいる様なので、ごく近くのコーナーを往復することに・・・でも、そこがけっこう試せるのですが(^_^;)

バイパスを下りるように左折して、ここもけっこう突っ込めるのです(^_^;)

ピーピー・・・この後、コーナリングを試そうとするとずっと鳴ってくれました(^_^;)

(車線の認識?をキャンセルできたのでしょうか・・・)

前後しますが、最初に感じたのはタイヤの空気圧が高い?的なロードノイズ・・・それと、CVTの音。ただ、いつもの相棒や最新のレヴォーグのそれと「違う」ということが悪いとは限りません。他の音が静かだから目立ってしまうという感じでした。

乗り心地は・・・結論から書くとその後乗ったGT-Sより少し好ましい・・・レヴォーグGTとGT-Sの間のほとんどGT-S寄りなのですが、当たりがこちらの方がとれています。でも、相棒(BR9)からすれば双方望外の素晴らしさですが・・・日本車良くなりましたね(^_^;)

話しは戻って、高架のバイパスから左にカーブして下の国道に入る、ICの1/2くらいのいいカーブなのですが、今思えばまずは普通にクリアすればよかったのかもしれません(^_^;)

締まったサスとそれと合っている情報量の多い自然なパワステだったので、気が付いたらそうしていました・・・

(へ~、ロールさせるんだ・・・でも、かつての相棒初代ストリームもそうでした。HONDAと言ってもロールを使って曲がるタイプ?)

前の内側だけがヒョコっと上がるわけでもなく、2700mmのホイールベースはアクセラと同じでレヴォーグより30mm長いのですが後ろがよく分からないというわけでもないので、そういうコーナリングを予想して・・・

(あれ、返ってこない・・・)

その後もピーピー音の中、荷重と操舵のタイミングをいろいろやっているうちに試乗が終わりました(^_^;)

(アクセラの時はすぐに馴染んで、後半は車の評価をしなくなっていたのですが・・・この探し続けるというのがGOLF的?)

でも、これは私のドライブとの相性ということで、このシビックはそういうオールドタイプ?の運転を想定していないのかもしれません。でも、アクセラやレヴォーグで同じようなことをしても、すっと試乗が続けられるのですが・・・

その後レヴォーグ(1.6L)に乗って改めて感じたのですが、シビックの1.5Lターボエンジン良いですね・・・SUBARUを圧倒という訳ではありませんが、このエンジンはやはりこういう車で乗るべきですよ(^_^;)

ただ・・・このくらいの排気量のターボエンジン、2.5LのNAの代わりに・・・ということのようですが、例えばアウトバックの2.5Lはかなり素晴らしいです。これらがその代わりには・・・CVTでは尚更なりません。

ブレーキがいいから、余計な?荷重を前にかけたくなったというのもあるかもしれません。そうでなければCVTのマニュアルモードで・・・いえ、あの反応(CVT)だとそれよりブレーキを踏みたくなります(^_^;)まあ、それはレヴォーグも同じですが・・・

シートも良いです。レヴォーグより良いと感じるのはそのサイズでしょうか。いい意味でたっぷりしています。いずれにしても双方、相棒(BR9)からすればうらやましい、硬めの良いシートです(^_^;)

ハッチバックはスポーツという位置づけになるようですね・・・(モノグレード?)個人的には逆にホンダらしくロールを押さえて、それでも回頭するヒラヒラ感が加わってくれた方が・・・多少快適性を損なうとしても?それは北米で出ているSiがすでに担っているのでしょうか・・・

逆に少し快適にして・・・セダンはそういう感じなのかもしれません。

 

この車で、なんでヒラヒラ感を?

(だって、シビックだから・・・)

全幅1800mm、ホイールベース2700mm・・・そうなんです、サイズはすっかりアコードですよね(^_^;)アコードで今回のような試乗をした?まあ、私はしますが・・・メニューとして違うのかもしれません。

いえ、日本にも出てくれたことが素晴らしいのです。

このスポーティな着座からの風景・・・その後乗ったレヴォーグはすっかり実用車ですね(^_^;)たしかにSUBARUは見やすいのですが、あの両端に見える一瞬ポルシェ?のようなふくらみ・・・

 

試乗から帰ると、赤のType-Rが停まっていました・・・

理屈抜きの眩しさ・・・(^_^;)

これらに勝つには・・・もっと善い人になるしかない?(^_^;)

そうやって、切磋琢磨・・・

 

HONDAさん、是非頑張って下さい!

(モテる奴にはかなわない・・・)

やっぱり、そういう車がないと・・・面白くないですよね(^_^;)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SUBARU、まずまずの評価

WebCGでチェックしているジャーナリストがいます。 山田弘樹さんです。 (SUBARU

記事を読む

次期アウトバックのティーザー

スバルは、4月16日に幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーで、新型アウトバックを公開すると発表しま

記事を読む

新しい靴、BRIDGESTONE TURANZA

これは本来買わない靴のはずでした? (車自体が換わっていたはず・・・)  

記事を読む

カムリとシビック

期せずして、今度の夏に日本に新型が導入される2モデル。 それぞれのブランドの屋台骨でもあります

記事を読む

山梨トヨタ70th試乗会

貴重な試乗の機会となりました。山梨トヨタのみなさんお世話になりましたm(__)m でも、本当は

記事を読む

相棒(BR9)のリニアトロニックが・・・

相棒レガシィ(BR9)with STI performance pack.(17インチタイヤ)はマニ

記事を読む

都心が走りやすくなった?

実家に日帰りしてきました。 朝は目が覚めたまま、暗いうちに出発してしまいました。 涼しい

記事を読む

軽スポーツ当たり年

世の中はS660で大騒ぎかもしれませんが、機を同じくして、私にとって大事なモデルが発表されました。

記事を読む

クラウン(ロイヤルサルーン)VS FUGA(By momo)

非常勤リポーターのmomoさんが、良い比較リポートを送ってくれました。 それぞれ両親を乗せての

記事を読む

ライトを点けましょう。

台風18号の迫る中の通勤でした。本格的な風雨で斜線変更時はかなり神経を使う状況でしたが、ライトを点け

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Mashi より:

    気になった点
    ・エンジン音:私も聞こえてきました。カーナビがセットされてない状態でしたのでそれが原因かと思ったのですが、
    少しガサガサした感じでした。
    ・ヒラヒラ:感覚的なものですね。これをテキストに表現するのは難しいですね^_^;

    私もNAエンジン派なのですが、適切なトルクを2000回転くらいから維持できる感覚が養えばと感じてます。

    ヒラヒラ、シフト、パワーを操る
    →スイフトスポーツMTを次回!(≧∇≦)

  2. tanac より:

    Mashiさんありがとうございます。
    HONDA、にぎわっていました・・・
    CG誌の比較テスト?楽しみにしています。

    スイスポは・・・いっちゃいそうで・・・(^_^;)
    RStでも、スポーツ度高かったですから)

    昨日奥さんに言われたのですが、
    「自分らしいのに乗ればいいんじゃない?」
    これは、今日の岸投手の対浅村選手(第一打席)を打ち取ったインハイのようにえぐってきました・・・(^_^;)

  3. Mashi より:

    2速、3速でヒラヒラするのはマニュアルしかないかと。
    BRZかシビックかスイフトスポーツしか思いつきません。
    あとは、WRXくらいかと。
    自分の叫びに従いましょう!おそらく最短距離です。

    • tanac より:

      そうですね・・・
      「ファーストストライクから打て!」
      言ってきたことですし、子供たちもやっています・・・
      見送ることは、よくないんですよね・・・

      (凡退したら?)

      ・・・次、次!(^_^;)

      (ありがとうございますm(_)m)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑