*

煽らない(or られない)ために

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 社会

いくつかの知見を得ました。

(私自身がどうしていくべきか・・・)

 

欧米では、昨今クローズアップされているような執拗な報復的な煽り運転は稀なのだそうです。意外でした。

「相手がどんな奴か分からないのにそんなことできるわけがない・・・」

という話しだけならここに紹介する事はないのですが、

「相手の権利を尊重する」意識が欧米では高い・・・

これに引っかかりました。

例えば、周囲からその必要性を理解できない状況で追い越し車線を走り続ける・・・

これは日本ではルール違反ですが、顧みて自分はそのようなスタンス(∴相手の権利を尊重する)で日々運転していたか・・・

 

もう一つ、今後の自分の行動の基準にすべきなのでは、と思わされたのですが、

「善良な」ドライバーであったか・・・

 

「どの国が世界にとってもっとも善良な国なのか?」というTEDのプレゼンを知りました。

 

「自分の国や他の国について、政治について、企業について考える時、『善良』であるかどうかを自問する。」

50歳を前に、どう生きるべきかの基準が見つかってよかったと思います。

 

ちなみに、1位はアイルランド!

2位:フィンランド、3位:スイス、4位:オランダ、5位:ニュージーランド、6位:スウェーデン、7位:イギリス、8位:ノルウェー、9位:デンマーク、10位:ベルギー・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「なんだ、やっていいんだ」

チームの子たちがよく言います・・・ 忸怩たる思いでいつも聞いていましたが、自分はその原因になっ

記事を読む

これは納得できました。

今月の100分de 名著は「出会えました」m(_)m カントの「永遠平和のために」 &n

記事を読む

完成検査問題に対する反応を見て

問題そのものについてはなべ田さんの記載も拝見し、SUBARU車についての評価にいささかの変化もないの

記事を読む

中曽根元総理の寄稿

戦後70年に当たり中曽根元総理の寄稿が報道されています。 特に以下の部分に感銘を受けました。

記事を読む

上越市(謙信公の本拠地)が甲府市に除雪車と運転手を派遣

このニュースは今回のことではじめてホッとさせてくれました。 「新潟県上越市は2014年2月17

記事を読む

あまりに可哀そう・・・

「厚木市のアパートで見つかった男児の白骨遺体は、生きていれば中学生だったはずの斎藤理玖(りく)ちゃん

記事を読む

一番悪いのは・・・虐めた奴

岩手でまた悲劇が起きました。確認しておかなければならないのは、「頭を何回も殴る」というのは障害罪だと

記事を読む

パナマ文書は現代の「パンがないなら・・・」

これは自分たちの問題なのでは・・・   富裕層に、 「パンがないならケー

記事を読む

「なんで、ちゃんとやらないんだ・・・」

築地で働いている人の協会の上の人がインタビューに答えているなかにありました。 そうですよね・・

記事を読む

はじめてのおつかい?

この春、長男が高校に進学し、次男は中2になります。 昨日の帰宅後、二人が満面の笑みを浮かべて昼

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑