*

煽らない(or られない)ために

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 社会

いくつかの知見を得ました。

(私自身がどうしていくべきか・・・)

 

欧米では、昨今クローズアップされているような執拗な報復的な煽り運転は稀なのだそうです。意外でした。

「相手がどんな奴か分からないのにそんなことできるわけがない・・・」

という話しだけならここに紹介する事はないのですが、

「相手の権利を尊重する」意識が欧米では高い・・・

これに引っかかりました。

例えば、周囲からその必要性を理解できない状況で追い越し車線を走り続ける・・・

これは日本ではルール違反ですが、顧みて自分はそのようなスタンス(∴相手の権利を尊重する)で日々運転していたか・・・

 

もう一つ、今後の自分の行動の基準にすべきなのでは、と思わされたのですが、

「善良な」ドライバーであったか・・・

 

「どの国が世界にとってもっとも善良な国なのか?」というTEDのプレゼンを知りました。

 

「自分の国や他の国について、政治について、企業について考える時、『善良』であるかどうかを自問する。」

50歳を前に、どう生きるべきかの基準が見つかってよかったと思います。

 

ちなみに、1位はアイルランド!

2位:フィンランド、3位:スイス、4位:オランダ、5位:ニュージーランド、6位:スウェーデン、7位:イギリス、8位:ノルウェー、9位:デンマーク、10位:ベルギー・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人は変われる

虐待の地獄から子供たちを一人でも助けてあげたい・・・ 確かに子供を安全なところに避難させる事

記事を読む

王さんの始球式(平和の象徴)

高校野球の始球式を王さんがつとめられました(^_^;) 今年は高校野球100周年。第一回大会の

記事を読む

韮崎で小水力発電

こういうのが作れるところ、日本には多いと思うのです。   大地が怒っている・・

記事を読む

研究の目的

STAP細胞の研究は残念な事になっていますね・・・ 私も一時期研究をしていましたが、かなり違和

記事を読む

多数決⇒民主主義ではない

EU離脱に際した英国の混迷を見るとつくづく考えさせられます・・・ これについて考えるのにNH

記事を読む

なんでこんなことをするの?

中1の長男に訊かれました・・・ このサイトではあえて触れませんでした。それは、スルーが一番の抵

記事を読む

それを繰り返さないためには、まずそれを知る

年始に、BSで「映像の世紀」デジタルリマスター版を放送していますね。 1995年に放送されたN

記事を読む

譲位についての議論の進め方

(※皇后陛下のお言葉を受けて、「生前退位」という表現を改めました。謹んでお詫びいたします。)

記事を読む

ヤジはよくない

ヤジはいけないですね・・・ 長男がスポ少にお世話になってすぐは、私も自身が中学の時のようにスタ

記事を読む

ボーっと生きていてはいけない

そっちではなくて、例の如く「100分de名著」です(^_^;) オルテガの「大衆の反逆」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑