*

煽らない(or られない)ために

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 社会

いくつかの知見を得ました。

(私自身がどうしていくべきか・・・)

 

欧米では、昨今クローズアップされているような執拗な報復的な煽り運転は稀なのだそうです。意外でした。

「相手がどんな奴か分からないのにそんなことできるわけがない・・・」

という話しだけならここに紹介する事はないのですが、

「相手の権利を尊重する」意識が欧米では高い・・・

これに引っかかりました。

例えば、周囲からその必要性を理解できない状況で追い越し車線を走り続ける・・・

これは日本ではルール違反ですが、顧みて自分はそのようなスタンス(∴相手の権利を尊重する)で日々運転していたか・・・

 

もう一つ、今後の自分の行動の基準にすべきなのでは、と思わされたのですが、

「善良な」ドライバーであったか・・・

 

「どの国が世界にとってもっとも善良な国なのか?」というTEDのプレゼンを知りました。

 

「自分の国や他の国について、政治について、企業について考える時、『善良』であるかどうかを自問する。」

50歳を前に、どう生きるべきかの基準が見つかってよかったと思います。

 

ちなみに、1位はアイルランド!

2位:フィンランド、3位:スイス、4位:オランダ、5位:ニュージーランド、6位:スウェーデン、7位:イギリス、8位:ノルウェー、9位:デンマーク、10位:ベルギー・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

王さんの始球式(平和の象徴)

高校野球の始球式を王さんがつとめられました(^_^;) 今年は高校野球100周年。第一回大会の

記事を読む

譲位についての議論の進め方

(※皇后陛下のお言葉を受けて、「生前退位」という表現を改めました。謹んでお詫びいたします。)

記事を読む

「直」とはこれなのでは

6月6日の朝のNHKニュースでやっていました。 「アイドルから”日韓”が見える?」 &n

記事を読む

研究の目的

STAP細胞の研究は残念な事になっていますね・・・ 私も一時期研究をしていましたが、かなり違和

記事を読む

人の中に巣くう「争う心」と決別する

安倍首相が2016年5月14日に都内の会合であいさつし、オバマ米大統領の広島訪問に関してのコメントの

記事を読む

「なんだ、やっていいんだ」

チームの子たちがよく言います・・・ 忸怩たる思いでいつも聞いていましたが、自分はその原因になっ

記事を読む

巨人軍、スマホ没収!

いえ、冗談ではありません。 4年間スポ少を手伝い、次男がこの春中学に進級し、兄弟での中学野球を

記事を読む

パナマ文書は現代の「パンがないなら・・・」

これは自分たちの問題なのでは・・・   富裕層に、 「パンがないならケー

記事を読む

子供たちが3.11が何の日か答えられなかった

子は鏡 ショックでした。「東日本大震災」とちゃんと言えませんでした。 しかし、これは自分

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑