*

煽らない(or られない)ために

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 社会

いくつかの知見を得ました。

(私自身がどうしていくべきか・・・)

 

欧米では、昨今クローズアップされているような執拗な報復的な煽り運転は稀なのだそうです。意外でした。

「相手がどんな奴か分からないのにそんなことできるわけがない・・・」

という話しだけならここに紹介する事はないのですが、

「相手の権利を尊重する」意識が欧米では高い・・・

これに引っかかりました。

例えば、周囲からその必要性を理解できない状況で追い越し車線を走り続ける・・・

これは日本ではルール違反ですが、顧みて自分はそのようなスタンス(∴相手の権利を尊重する)で日々運転していたか・・・

 

もう一つ、今後の自分の行動の基準にすべきなのでは、と思わされたのですが、

「善良な」ドライバーであったか・・・

 

「どの国が世界にとってもっとも善良な国なのか?」というTEDのプレゼンを知りました。

 

「自分の国や他の国について、政治について、企業について考える時、『善良』であるかどうかを自問する。」

50歳を前に、どう生きるべきかの基準が見つかってよかったと思います。

 

ちなみに、1位はアイルランド!

2位:フィンランド、3位:スイス、4位:オランダ、5位:ニュージーランド、6位:スウェーデン、7位:イギリス、8位:ノルウェー、9位:デンマーク、10位:ベルギー・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

熊本、九州の皆さん頑張ってください!

熊本、九州の皆様、被災経験地をはじめ各地から水・食料等物資が送られています。 みんな見守ってい

記事を読む

スーパーマンになる?

今更ですが、ウインカーを出さないで斜線を変更したり、交差点を曲がったりするのは道交法違反なのでした。

記事を読む

それを繰り返さないためには、まずそれを知る

年始に、BSで「映像の世紀」デジタルリマスター版を放送していますね。 1995年に放送されたN

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

東電には無理

組織の対応能力や企業文化の観点で、無理なのだと思います。 これくらいの事が適切に処理できないの

記事を読む

皆さん、ここは思案のしどころ

いつもの広場で一緒に遊んでいるのは、本当にジャイアン(アメリカ)とスネ夫(日)だけになってしまいまし

記事を読む

ノーベル平和賞 サーロー節子さんの演説

備忘のために記します。 「 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さ

記事を読む

世のため人のためになる車

4月から勤務先が変わりました。 これまでとは違って農道を気持ちよく走る・・・ようなステージはあ

記事を読む

天皇陛下の年頭所感全文

「昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、家族や住む家をなくした人々の気

記事を読む

ガソリン価格が3か月連続160円超で

これはまだ有効なのでしょうか。 ガソリン価格が3カ月連続160円超で、暫定税率課税停止・・・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑