*

東アジアの大きな動きの中で

公開日: : 最終更新日:2018/04/27 社会

これは備忘として記しておきます。

明日、南北首脳会談が予定されています。

史上初の米朝首脳会談に向けて東アジアの情勢が大きく動いています。北・ロシアの外相会談、北の委員長が中国を訪問するなど、平昌オリンピック以降歴史的な外交の動きが続いています。

そこで日本は・・・なんと政局になっています。

公文書の改ざん、財務省の事務次官がセクハラで更迭・・・

マスコミは政権に逆風のキャンペーン?ただ、事務次官の件はマスコミの記者が「週刊誌」に伝えるという異例な経緯・・・

 

南北の動きに対してこうあるべきという建設的な政治的なメッセージは感じられず、マスコミによるキャンペーンも世論に方向性は与えてはいない・・・

(というよりも日本の政界は混乱させられて場外に出ている?)

 

記録しておくべきは、明日の南北首脳会談の前に、日本の与党の国対委員長は「衆院の解散」の可能性を口にしました・・・

成功すれば(失敗でも?)・・・世界史的な転換点になるイベントの経緯で日本は総選挙が選択枝の一つになっていたという事実。

(維新が成ったときに、安政の大獄をまだ続けているようなズレ具合にならないといいのですが・・・)

追伸:

南北首脳会談の当日、TOKIOの山口メンバーがスキャンダルで大騒ぎ・・・

ただ、最初に報道したのはNHK自身・・・相手がEテレの番組の関係者という事ではあるが、なぜ今?

(かつての朝青龍的なにおいを感じる)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

変えないと繰り返す・・・

本当に必要なのは、議会改革ではないでしょうか。 以前に書いているのですが、あれから8年ですか・

記事を読む

渋野プロのプレーを守る

42年ぶりの、日本人によるゴルフのメジャー大会制覇の快挙を、タイガーウッズ選手のマスターズ優勝に続い

記事を読む

「なんで、ちゃんとやらないんだ・・・」

築地で働いている人の協会の上の人がインタビューに答えているなかにありました。 そうですよね・・

記事を読む

「ハゲタカ」の作者真山仁氏の書きたい事

9/23の読売新聞に特集されていました。 「今年は作家デビュー10年。未来を考える上で今、取り

記事を読む

研究の目的

STAP細胞の研究は残念な事になっていますね・・・ 私も一時期研究をしていましたが、かなり違和

記事を読む

時期外れのスコップ

先週ホームセンターでこの時期、いやシーズン中も見かけたことのない、各種とり揃ったスコップが並んでいま

記事を読む

今日、判決です

3年前の年末・・・笹子トンネルで大きな事故が起きました。 今日はその裁判の判決ですね・・・

記事を読む

初心に帰る(東京五輪)

また白紙撤回・・・ 初心に帰るためにエンブレムはこれでいいのでは、というかこうだったんですね・

記事を読む

広島市長が「人類愛」「寛容」

今日は8月6日。 広島市長の平和宣言にありました。最近の演説の中では、ダントツで染み込んできま

記事を読む

人は変われる

虐待の地獄から子供たちを一人でも助けてあげたい・・・ 確かに子供を安全なところに避難させる事

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑