*

2018.6.12は1989.11.9のような日になるのか

公開日: : 社会

もしそうなったら、東西ドイツや関係国がどうなっていったのかを確認することは有益に違いありません。

始まりはゴルバチョフ氏でした。今回、それに相当するのは誰?

(攻守逆転している?)

 

今回もまた、シャボウスキー氏のような勘違いが起きて・・・いえ、逆の勘違いが起きないことの方が大事でしょうか・・・

ただ、今の日本は当時の東ドイツのような、ベルリンの壁は50年後も100年後も存在している・・・的な空気を出していることが気になります。

 

そこから脱却できないと、東西ドイツの格差と同じようなことに・・・

(いえ、日本は手のひらを返すのは得意だから大丈夫でしょうか・・・)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

賠償と処理に20兆円!

あまりにもリスクが大きすぎではないでしょうか。 (一施設にそれだけのリスクがあるって・・・)

記事を読む

人口減⇒いろんな一軍が弱くなる?

私の通っていた中学は8クラスでした。 隣の中学は13クラス・・・時々校庭にバイクが走っていまし

記事を読む

あまりに可哀そう・・・

「厚木市のアパートで見つかった男児の白骨遺体は、生きていれば中学生だったはずの斎藤理玖(りく)ちゃん

記事を読む

認知症って・・・人の社会が優しくなるため?

NHKで認知症のキャンペーンが展開されていますね。 今回の番組は示唆に富むものだったと思います

記事を読む

ガソリン価格が3か月連続160円超で

これはまだ有効なのでしょうか。 ガソリン価格が3カ月連続160円超で、暫定税率課税停止・・・

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

新党「希望」の要綱に入ってる

一気に流れになりそうですね。 (小泉総理もアドバイザーだった?) さすが、こういうことに

記事を読む

独首相:原発には予想できないリスク生じる

ドイツのメルケル首相が来日しました。 ドイツが2011年3月の東日本大震災直後に、エネルギー政

記事を読む

敗戦の原因(半藤一利氏)

読売新聞の「戦後70年」に寄稿されていました。 最近の新国立競技場のやり直しにも見られるように

記事を読む

死者が出なかったからいいではない

https://www.youtube.com/watch?v=mTr_dibvfD8 よそ見

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑