*

現状維持バイアスが強すぎる

公開日: : 最終更新日:2019/06/26 社会

璃奈さん、痛かったでしょう・・・先生方や救急隊も倒れたブロック塀が重くてどかせなかったとか。
1人で早番の登校の途中に経験した事のない大きな揺れ。
「この壁が守ってくれる」
でも、その壁は日本の小学校の壁の中で最も危険な壁の一つだったのかも・・・
もし、先輩たちの絵が描いてなくてグレー一色だったら・・・まるで●●所の壁の様に見えると思います。いま、こちらの●●所をグーグルマップで見ました。壁が道路に面してはいないのでかえって・・・。
校長先生が、
「時間を戻したい」と話したようですね。でも、時間が戻せたら、如何されるというのでしょう・・・

どう見てもつぎ足したように見えるプールの壁・・・

璃奈さん、プールの壁を高くするように要望した人や点検してOKを出した市教委の人が分かったら訊いてみては?
「あの壁が倒れてきて、私死んじゃいました・・・」
(でも、そっちじゃ遭えないかもしれないですね・・・その人たちはそこにはいかないかもしれない・・・)
今の時代、ネットで概略はすぐに調べることができます
素直に読むと・・・
・この高さのブロック塀が何で存在するの?
・なんで控壁がないの?
・なんで縦筋が上まで通っていないの?
こちらの地方局のニュースではなぜか「高校の」壁のニュース・・・
(高校より小・中が先でしょ・・・)
県内の小学校に問題個所があったニュースで、震災直後によく聞いたあの言葉が、
直ちに危険があるわけではないので、プールを使用する時には、子どもたちの安全を守り、塀に近づかせないようにしています。」
ここにも、その時に「時間が戻せたら・・・」がいましたよ、璃奈さん(^_^;)
でも、夏休みには撤去するのだそうです・・・それならあの枕詞は言わなければいいのに。アレを言わないと話せないのですかね・・・
責任ある立場の方々は是非「想像力」を働かせてください。
璃奈さんに向こうで聞かれた時に、
「あの後、ちゃんと・・・したら、●年後の地震の時に、学校では子供たちはみんな大丈夫でしたよ。」と言えるように。
もし、ピンと来ないのであれば後進に道を譲ってください、子供たちのために。現状維持バイアスが強すぎて、思考停止になっていると思われるので。
次男の中学はグーグルマップでみると大丈夫そうです(道に面した壁だけならチェックに5分もかかりません)。高校?あなたたちはたちはむしろ人々を助ける方・・・(^_^;)
だれか死んでからやる人より、死ぬ前にやる人の方が素晴らしいですよね。
そんなの、当たり前ですよね・・・
本当に当たり前ですか?
(それを主張する人を、変な目で見たりしませんか?)
なんで、変えることにそんなに抵抗するのでしょう・・・
落合氏も言っていますが、まずは変える・・・1週間やってダメなら戻せばいい。でも、引き出しは増える。
桑田氏も東大野球部の選手たちに話しました。
「結果を変えるには誰が変わらなければいけないの?」
学生たち:「自分です」
璃奈さんは地震で亡くなったのでなく、違法に建てられたブロック塀が倒れてきて亡くなったのです・・・忘れないように銘記しておきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ある大学の人権ガイドラインより

「大学は、いかなる人権侵害も許しません。学ぶ権利や教育研究を行う自由が阻害され、安全かつ快適に働くこ

記事を読む

震度5弱で冷却水が止まる

不気味な長い揺れ方でした。 でも、最大で震度5弱。 熊本では震度7が連続で起きましたし、

記事を読む

新幹線が全車両脱線し、高速道路も破壊

自然の力の前で人類はまたもやあまりに無力でした。 私たちはもっとそれに対して畏怖の念を持つべき

記事を読む

2018.6.12は1989.11.9のような日になるのか

もしそうなったら、東西ドイツや関係国がどうなっていったのかを確認することは有益に違いありません。

記事を読む

賠償と処理に20兆円!

あまりにもリスクが大きすぎではないでしょうか。 (一施設にそれだけのリスクがあるって・・・)

記事を読む

散髪中に見えるクルマたち

おしゃれには全く自信がありません・・・ 私が認知症になったら、同じ服を着続けると思います(^_

記事を読む

屋根の上の雪を下ろさないで走るのは危険

首都圏で大雪警報が出ているようです。 積雪になれ慣れていないところだと、屋根の上の雪をそのまま

記事を読む

中曽根元総理の寄稿

戦後70年に当たり中曽根元総理の寄稿が報道されています。 特に以下の部分に感銘を受けました。

記事を読む

負けた理由

自分の備忘のために、夏にはこのことを考えていきたいと思います。 「負けに不思議な負けなし。」

記事を読む

マイケル・サンデル「日中韓の未来の話をしよう」

マイケル・サンデル教授の哲学の授業「正義」 これまでもいくつか拝見させていただき、考えさせられ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑