*

現状維持バイアスが強すぎる

公開日: : 最終更新日:2019/06/26 社会

璃奈さん、痛かったでしょう・・・先生方や救急隊も倒れたブロック塀が重くてどかせなかったとか。
1人で早番の登校の途中に経験した事のない大きな揺れ。
「この壁が守ってくれる」
でも、その壁は日本の小学校の壁の中で最も危険な壁の一つだったのかも・・・
もし、先輩たちの絵が描いてなくてグレー一色だったら・・・まるで●●所の壁の様に見えると思います。いま、こちらの●●所をグーグルマップで見ました。壁が道路に面してはいないのでかえって・・・。
校長先生が、
「時間を戻したい」と話したようですね。でも、時間が戻せたら、如何されるというのでしょう・・・

どう見てもつぎ足したように見えるプールの壁・・・

璃奈さん、プールの壁を高くするように要望した人や点検してOKを出した市教委の人が分かったら訊いてみては?
「あの壁が倒れてきて、私死んじゃいました・・・」
(でも、そっちじゃ遭えないかもしれないですね・・・その人たちはそこにはいかないかもしれない・・・)
今の時代、ネットで概略はすぐに調べることができます
素直に読むと・・・
・この高さのブロック塀が何で存在するの?
・なんで控壁がないの?
・なんで縦筋が上まで通っていないの?
こちらの地方局のニュースではなぜか「高校の」壁のニュース・・・
(高校より小・中が先でしょ・・・)
県内の小学校に問題個所があったニュースで、震災直後によく聞いたあの言葉が、
直ちに危険があるわけではないので、プールを使用する時には、子どもたちの安全を守り、塀に近づかせないようにしています。」
ここにも、その時に「時間が戻せたら・・・」がいましたよ、璃奈さん(^_^;)
でも、夏休みには撤去するのだそうです・・・それならあの枕詞は言わなければいいのに。アレを言わないと話せないのですかね・・・
責任ある立場の方々は是非「想像力」を働かせてください。
璃奈さんに向こうで聞かれた時に、
「あの後、ちゃんと・・・したら、●年後の地震の時に、学校では子供たちはみんな大丈夫でしたよ。」と言えるように。
もし、ピンと来ないのであれば後進に道を譲ってください、子供たちのために。現状維持バイアスが強すぎて、思考停止になっていると思われるので。
次男の中学はグーグルマップでみると大丈夫そうです(道に面した壁だけならチェックに5分もかかりません)。高校?あなたたちはたちはむしろ人々を助ける方・・・(^_^;)
だれか死んでからやる人より、死ぬ前にやる人の方が素晴らしいですよね。
そんなの、当たり前ですよね・・・
本当に当たり前ですか?
(それを主張する人を、変な目で見たりしませんか?)
なんで、変えることにそんなに抵抗するのでしょう・・・
落合氏も言っていますが、まずは変える・・・1週間やってダメなら戻せばいい。でも、引き出しは増える。
桑田氏も東大野球部の選手たちに話しました。
「結果を変えるには誰が変わらなければいけないの?」
学生たち:「自分です」
璃奈さんは地震で亡くなったのでなく、違法に建てられたブロック塀が倒れてきて亡くなったのです・・・忘れないように銘記しておきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

河村さん(伊達直人)、そのとおりですね。

「過去は変えられないので自分の昨日より、子どもたちの明日。身近な人、地域の子どもたちを大切にしてくだ

記事を読む

周りにストレスをかけない運転

情けは人のためならず 最近、朝の通勤で強い雨の中での走行の機会がありました。霧もあって視界はか

記事を読む

ちょっと偶然?

北里大の大村智さんに、ノーベル賞(医学生理学)の受賞が決まりました。 先週末は、その出身校の名

記事を読む

ある大学の人権ガイドラインより

「大学は、いかなる人権侵害も許しません。学ぶ権利や教育研究を行う自由が阻害され、安全かつ快適に働くこ

記事を読む

上越市(謙信公の本拠地)が甲府市に除雪車と運転手を派遣

このニュースは今回のことではじめてホッとさせてくれました。 「新潟県上越市は2014年2月17

記事を読む

ファシズムを繰り返さないために

自分を集団に融合させることで孤独を忘れようとする習性・・・ 集団に依存しきってしまう→ファシズ

記事を読む

なんでこんなことをするの?

中1の長男に訊かれました・・・ このサイトではあえて触れませんでした。それは、スルーが一番の抵

記事を読む

私も同じことをした

こちらのローカル局、YBSがいい取材をしてくれました。 ネット上では私なら一人では行かせない・

記事を読む

これは納得できました。

今月の100分de 名著は「出会えました」m(_)m カントの「永遠平和のために」 &n

記事を読む

こういう船長(責任者)って

報道されていることが事実だとすると、あまりにも酷過ぎて亡くなった人は浮かばれませんね。 船長が

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑