*

病理は同じだった

公開日: : 社会

先日、その録画を見ました。

NHKスペシャル オウム獄中の告白~死刑囚たちが明かした真相~

地下鉄サリン事件の記憶は鮮明です。

本来であれば、父が通勤で乗っていたかもしれない時間・・・

あのような気持で実家に電話したのは、いまだにあれが最初で最後です。

強制捜査の前?中央高速には見た事のない数の装甲車の列・・・

記憶は鮮明です

 

(このやりとりがなぜ裁判で行われないのか・・・)

真相を知る手段として裁判というものの無力さを感じざるを得ません。

 

それとキーワードとして出てきた、「忖度」「功名心」・・・

 

公文書改ざんや日報の扱い。文科省の・・・

企業の検査値改ざん・・・

 

(事件は解決どころか、その病理はむしろ広がっている?)

バブルの一方でそれに違和感を持つ人たちに入り込んだ教義・・・

 

時代に関わらず必要なものは、何物にも支配されない自己の確立、なのでは・・・

先人たちがたたかって得たものは、努力なしに自動的に保持されていくわけではない。

その歴史を知る事・・・

支配されないために歴史を学ぶ。

 

AIに人類史をディープラーニングさせたら・・・言われてしまいますかね。

「あんたたち、バカ?」

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

胸騒ぎの原因

前回、クラウンのモデルチェンジについて言及しました。 でも、胸騒ぎの原因はクラウンに限らなかっ

記事を読む

財務省事務次官と日大アメフト監督の共通点

それぞれ、時代錯誤のハラスメント・・・   尚、これらが報道され世の中で騒ぎに

記事を読む

屋根の上の雪を下ろさないで走るのは危険

首都圏で大雪警報が出ているようです。 積雪になれ慣れていないところだと、屋根の上の雪をそのまま

記事を読む

佐村河内氏は話し言葉が分かっている

「今(手話)通訳者を見ないで答えましたよね・・・」 昼食時にワイドショーで謝罪会見を扱っている

記事を読む

バカになって野球やろう

ファイナルステージ、2連敗して追い込まれたソフトバンク・ホークスの工藤監督が選手たちにそう声をかけた

記事を読む

「ギンギラギンにさりげなく」と「赤いスイートピー」

2015紅白のトリは80年代のアイドル二人でしたね。   マッチ・・・カッコよ

記事を読む

現状維持バイアスが強すぎる

璃奈さん、痛かったでしょう・・・先生方や救急隊も倒れたブロック塀が重くてどかせなかったとか。

記事を読む

韮崎で小水力発電

こういうのが作れるところ、日本には多いと思うのです。   大地が怒っている・・

記事を読む

彼を選んだ有権者は如何に

「(がん患者は)受動喫煙のない所で働く方がためになる(との趣旨だった)」と釈明されたようです。

記事を読む

震度5弱で冷却水が止まる

不気味な長い揺れ方でした。 でも、最大で震度5弱。 熊本では震度7が連続で起きましたし、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑