*

負けた理由

公開日: : 最終更新日:2018/08/20 社会

自分の備忘のために、夏にはこのことを考えていきたいと思います。

「負けに不思議な負けなし。」

負けた原因の総括なしに戦えば・・・繰り返します。負けた原因を分析するのは当然であり、むしろ建設的で進歩につながるはずです。それが前大戦のこととなるとなぜタブーになってしまうのか・・・

以下は半藤一利氏の寄稿「戦後70年」の抜粋です。

「敗戦の原因は、日本人固有の精神構造にあると思います。情報を直視せず自分に都合のいい結論のままどんどん行った。ミッドウェー海戦では敵機動部隊は出てこないと決めつけ、ガダルカナル島の戦いでも、敵はすぐに引くと根拠もなく信じた。兵站が限界を超えても出て行った。

陸海軍合わせて240万人の戦死者のうち、7割が餓死か栄養失調か、それに伴う病死でした。そんな無残な死に方をする戦争なんてありえません。国全体が集団催眠にかかり、勢いで突き進んだ結果でした。」

 

以下は中曽根元総理の表明です。

「(当時の指導者の戦争責任について)日本人自らの責任で決着をつけるべきだった。」「東西冷戦がはじまったことで、日本社会としての戦争の総括が中途半端に終わってしまった。」

この影響は大きいと言わざるを得ません。何百万人が死んでもうやむやでいいなら、総括すべきことなどなくなってしまいます。

財務省や防衛相の隠蔽・改竄。利己的な動機による政権への忖度・・・

再びルーズベルトのような覇権的な戦略に巻き込まれた時、当事者意識のない無責任な自国の指導層から身を守るにはどうすれば・・・

ひとつは、論理的に考え行動する。

それと、自分の精神が何ものにも支配されず自由である、という事が大事なのではないでしょうか。

弱い人の助けになる・・・そういう価値観が必要とされないセレクトで偉くなっている今のこの国の中枢、特に官僚が有事の際であっても前述の半藤氏の指摘を繰り返してしまうと思います。なぜなら、この国は自らを総括していないから・・・

総括していない組織が何をするか・・・「えばる」トップの前時代的な仕打ちがあちこちで明るみに出ています。それも、総括がなされていないからなのでは。

当事者意識がなく無責任な、現場に責任を擦り付ける・・・それを、ひどい目に遭った人たちの手で総括していないのだから・・・

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

散髪中に見えるクルマたち

おしゃれには全く自信がありません・・・ 私が認知症になったら、同じ服を着続けると思います(^_

記事を読む

完成検査問題に対する反応を見て

問題そのものについてはなべ田さんの記載も拝見し、SUBARU車についての評価にいささかの変化もないの

記事を読む

周りは変わらない、自分が変わる・・・

名古屋で大変な事件が起きましたね。以下報道より、 「JR名古屋駅近くの笹島交差点の歩道に23日

記事を読む

「直」とはこれなのでは

6月6日の朝のNHKニュースでやっていました。 「アイドルから”日韓”が見える?」 &n

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

新撰組じゃなくて・・・

なぜ、守旧派の実力集団である新撰組なのか・・・という池上氏の質問に、 そうかもしれない・・・で

記事を読む

福島の子供達のみなさん、甲状腺エコー検査を受けましょう!

なぜこんな目に合わなければいけないのか・・・ 検査の効率をあまりに重視した一巡目の検査の進め方

記事を読む

ライトを点けましょう。

台風18号の迫る中の通勤でした。本格的な風雨で斜線変更時はかなり神経を使う状況でしたが、ライトを点け

記事を読む

広島市長が「人類愛」「寛容」

今日は8月6日。 広島市長の平和宣言にありました。最近の演説の中では、ダントツで染み込んできま

記事を読む

子供たちが3.11が何の日か答えられなかった

子は鏡 ショックでした。「東日本大震災」とちゃんと言えませんでした。 しかし、これは自分

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑