*

坂を上り下りしない

公開日: : ゴルフ

久しぶりのラウンドでしたが・・・

スコアというより、体力的に厳しい?坂を登り下りするのをできるだけ避けないと・・・

今後も長く楽しむためには・・・ティーショットを磨くべき(^_^;)

 

ふり返ると・・・はじめから少し右にでてまっすぐ飛ぶのは実はナイスショットなのでは?

例のB2タイプでは、必ずしもスクエアに構えない方が居心地がいい・・・(確かにそうなんです)ボールも左足踵線上より右の方がしっくりくる・・・

今後は身体も無理はきかないでしょうから・・・それで、方向重視のティーショットの練習をしていった方がいい?少しオープン。右に置いて、100Y位?からでしょうか・・・

それと、相変わらずの左足上がり、つま先あがりでチョロ、下をくぐる・・・

(B2は左足上がりで右の軸を意識。鉛直に構える。)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ダイナミックゴールド断念

練習場でMIZUNOの試打会をやってました・・・ 実はミズノのダイナミックゴールドを検討してい

記事を読む

【ゴルフ】これで練習していく

前回の追伸で書きましたが、「これ」は今の私には少なくとも必要のようです。 価値観が変わる?人が

記事を読む

「45歳からシングルになる!」

備忘のためにサマリーを(^_^;) ●「右肩を後ろに引く」とテークバックが上がりやすい。

記事を読む

【備忘】B2タイプのスイング

久しぶりのラウンド(職場のコンペ)で、またもやOver 110 (TωT) まあ、付け焼刃の練

記事を読む

妻も再開?

が打ちっぱなしに行ったようです! いやー、どうしたのでしょう・・・(^_^;) 一時期、

記事を読む

B1タイプ(かかと内側)タイプのプレーヤー

B1タイプのプレーヤーと言えば、 https://www.youtube.com/watch?v=

記事を読む

中井学超ゴルフ学

備忘のためサマリーを・・・ ●右を向いてしまいがち・・・⇒飛球線の目印を探してそれに平行に構え

記事を読む

「強く打ったことはない・・・」

これがラストチャンス?という覚悟で再出発していますが(^_^;)、参考にさせていただいているMASS

記事を読む

もしかして「B2」?

先日、ラウンドしました・・・ (TωT) 110も切れません・・・  

記事を読む

キャディバッグ

今の職場はゴルフをする人がいて、時々やるようになりました。 今度の職場のコンペも参加したいと思

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑