*

胸騒ぎの原因

公開日: : 社会

前回、クラウンのモデルチェンジについて言及しました。

でも、胸騒ぎの原因はクラウンに限らなかったのかもしれません。

 

こちらでは時代の流れについていく事を「バスに乗る」と表現することがあります。

大学の英語の入試問題の文章?でそう表現されていたのが印象に残っているのです(当時の読解力の範囲内ですが)。

 

あの時はまだバスに乗っているように書きましたが、やはり降りていたようです(^_^;)

 

今場所は久しぶりに横綱の土俵入りをテレビで見ることがありました。

 

(いやいや、これはひどい・・・)

 

父が昔よく言っていました。最近は土俵入りがなっていない・・・と(^_^;)当時はネットで見られないので柏戸や初代若乃花はそんなにすごかったのかと思うしかありませんでした・・・

(そう言われていた人たちが稀勢の里に教えていました・・・)

 

「すごいすごいって誰一人立ち合いでちゃんと手をついてないじゃないか・・・あれなら上位の力士が有利だ。」とふっかけたらおこられましたね(^_^;)

最近は土俵入りの事について父と話していませんでしたが、今度訊いてみよう・・・

「お前、まだ大相撲だと思ってみてたのか?」と言われてしまうかも(^_^;)

 

(こっちはこんなに崩れていたんですね・・・)

腕が曲がってるじゃねえか・・・なんで協会はちゃんとやらせないんだ・・・誰だ、理事長は!佐渡ヶ嶽(元横綱琴桜)だったらこんなことには・・・、って昔の父だったら言いそう(^_^;)

 

大相撲というバスから平成の大横綱を下ろしていいのでしょうか・・・と思っていましたが、実は最後まで乗っていたのは貴乃花で相撲がなんか違うところに?

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

変えないと繰り返す・・・

本当に必要なのは、議会改革ではないでしょうか。 以前に書いているのですが、あれから8年ですか・

記事を読む

これは納得できました。

今月の100分de 名著は「出会えました」m(_)m カントの「永遠平和のために」 &n

記事を読む

ファシズムを繰り返さないために

自分を集団に融合させることで孤独を忘れようとする習性・・・ 集団に依存しきってしまう→ファシズ

記事を読む

財務省事務次官と日大アメフト監督の共通点

それぞれ、時代錯誤のハラスメント・・・   尚、これらが報道され世の中で騒ぎに

記事を読む

「ギンギラギンにさりげなく」と「赤いスイートピー」

2015紅白のトリは80年代のアイドル二人でしたね。   マッチ・・・カッコよ

記事を読む

上越市(謙信公の本拠地)が甲府市に除雪車と運転手を派遣

このニュースは今回のことではじめてホッとさせてくれました。 「新潟県上越市は2014年2月17

記事を読む

研究の目的

STAP細胞の研究は残念な事になっていますね・・・ 私も一時期研究をしていましたが、かなり違和

記事を読む

甲府、観測史上最大の積雪

63㎝76㎝!これはかつて暮した上越の高田並み・・・ (さらに増えて114㎝、一晩でこれは高田

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

巨人軍、スマホ没収!

いえ、冗談ではありません。 4年間スポ少を手伝い、次男がこの春中学に進級し、兄弟での中学野球を

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑