*

新自由主義とは・・・

公開日: : 社会

1/3放送のBS1スペシャル「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」を見ました。

自分は経済と少し距離を置いた分野に携わっている(と勝手に思っている)ので、今の格差や混乱を理解していない・・・(というより向き合うのを避けていた?)

番組の解説によると、事態は深刻のようですね・・・「上位8人の富が人類の半分の富に相当」って・・・フランス革命の格差どころではない?

いわゆる”空腹ならケーキを食べたら?”位で革命が起きたのに、現在はなぜ起きないのか・・・

(搾取が見えないから?)

以上は私見で番組の論点とは違いますm(__)m

私はこれを見る前は「自由」を制限する必要が出てきてしまうのか、と感じていました。

(新自由主義の自由とは?)

原典ではそう言っていない・・・ということはままあること、とされていましたが、(中略)アダム・スミスの「見えざる手」には、ありのままである自由も含まれるはず・・・ハイエクも新自由主義=成長資本主義とはしていない、と・・・

(では、そのすり替えは誰によって?)

以前に扱ったのスピノザの「エチカ」にも通じる・・・

どうあるべきか、少し見えてきたかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残念、清原逮捕

このブログを始めた年(2005年)に、私は彼のパリーグへの移籍について触れていました。 &nb

記事を読む

争点を整理

なんか、分からなくなってきました・・・ (与党大勝で大丈夫?) 仕事人内閣ってなんだった

記事を読む

東電には無理

組織の対応能力や企業文化の観点で、無理なのだと思います。 これくらいの事が適切に処理できないの

記事を読む

ある大学の人権ガイドラインより

「大学は、いかなる人権侵害も許しません。学ぶ権利や教育研究を行う自由が阻害され、安全かつ快適に働くこ

記事を読む

知識と道徳のある「人」に一票を(斎藤隆夫を知る)

「開戦前夜!政治家 斎藤隆夫の挑戦~命をかけた名演説~」 皆様、是非昭和の政党政治家、斎藤隆夫

記事を読む

認知症って・・・人の社会が優しくなるため?

NHKで認知症のキャンペーンが展開されていますね。 今回の番組は示唆に富むものだったと思います

記事を読む

これは納得できました。

今月の100分de 名著は「出会えました」m(_)m カントの「永遠平和のために」 &n

記事を読む

散髪中に見えるクルマたち

おしゃれには全く自信がありません・・・ 私が認知症になったら、同じ服を着続けると思います(^_

記事を読む

AIに倫理を学ばせたら

BSで、AIと倫理、AIは脅威か・・・というような主旨の討論番組をやっていました。

記事を読む

負けた理由

自分の備忘のために、夏にはこのことを考えていきたいと思います。 「負けに不思議な負けなし。」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑