*

ボーっと生きていてはいけない

公開日: : 社会

そっちではなくて、例の如く「100分de名著」です(^_^;)

オルテガの「大衆の反逆」

今回も、「なんだ答えはあるんじゃないか・・・」と思わせてくれます。人が初めて経験する困難なのではない・・・(私たちは、人類の知恵を学ぶべき・・・)

「私はひねくれている・・・」ではなくてもいいのだと思わせてくれましたm(_)m 彼の考える「大衆」に迎合せず、「 過去から受け継がれてきた、生活に根付いた人間の知。あるいは、自分と異なる他者に対して、イデオロギーを振りかざして闘うのではなく対話し、共存しようとする我慢強さや寛容さ 」を備えている存在を目指す・・・オルテガはこのような存在を「貴族」としています。ブルジョアやエリートのイメージとは違います。自分の目指すべき生きざまが「貴族」とは・・・そのネーミングや良しです。そして、それはスピノザの自由にも通じているのでは・・・

「過去の英知とともに生きる」

先人たちが自由を得るために築いてきた礎を壊してはいけない・・・それをして得られる自由などあり得ない・・・自由を得るための保守・・・たしかに複雑でわかりにくいのですが、真理を得る事が簡単であるわけがありません。シンプルなメッセージで得られる結論はむしろ胡散臭い?

複雑で忍耐強くなければ得られない自由を、生きるよすがもなくボーっと生きている( =根無し草のように為政者の洗脳に流される)と失ってしまう・・・

無理して愚かになることはないのです。自分の価値(そちらを向いているとワクワクする、心が軽くなる)に従って・・・

(貴族を目指して・・・)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

屋根の上の雪を下ろさないで走るのは危険

首都圏で大雪警報が出ているようです。 積雪になれ慣れていないところだと、屋根の上の雪をそのまま

記事を読む

「ギンギラギンにさりげなく」と「赤いスイートピー」

2015紅白のトリは80年代のアイドル二人でしたね。   マッチ・・・カッコよ

記事を読む

新元号をかみしめる

決まりましたね・・・ その内容については他頁に譲るとして、なにより今朝、まさに旬の桜の下でジョ

記事を読む

2018.6.12は1989.11.9のような日になるのか

もしそうなったら、東西ドイツや関係国がどうなっていったのかを確認することは有益に違いありません。

記事を読む

残念、清原逮捕

このブログを始めた年(2005年)に、私は彼のパリーグへの移籍について触れていました。 &nb

記事を読む

上越市(謙信公の本拠地)が甲府市に除雪車と運転手を派遣

このニュースは今回のことではじめてホッとさせてくれました。 「新潟県上越市は2014年2月17

記事を読む

中曽根元総理が亡くなった。

「大勲位」という表現がまず来ることの方が多いのでしょうか。 でも、私は「風見鶏」になってしまう

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

自動運転で自分の運転技術は・・・

これは、明らかですね・・・自動運転の車に乗っていて運転がうまくなるわけがありません。 私は勘違

記事を読む

東電には無理

組織の対応能力や企業文化の観点で、無理なのだと思います。 これくらいの事が適切に処理できないの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑