*

新元号をかみしめる

公開日: : 社会

決まりましたね・・・

その内容については他頁に譲るとして、なにより今朝、まさに旬の桜の下でジョギングしながら、

「万葉集か・・・」

と穏やかに新元号のことを考えることができている・・・

 

平成に変わる時、皆さんはどういう思いだったでしょう。

少なくとも穏やかには考えることはできなかったのでは・・・

 

それにスタートには一番いい季節・・・

 

どんなにいい元号、法律もどう運用されるかで宝にも不幸の元にも・・・

その悲劇を繰り返したくないという思いが昭和を連想させる「和」に込められているのでしょうか・・・

私たち大衆もその責を逃れることはできません。

(魂を何かに支配されてはならない。)

 

はじめてその字を見たときに律令の「令」、だと思いました。

しかしその出典は万葉集の「令月」・・・

 

万葉集・・・

それは民を含めた人々の心。

素晴らしいと思います。

 

この国は「心」の国・・・

 

この元号をどうするのか。それは私たち次第。

この素晴らしい改元の機会を与えていただいた英断に、私たちはしっかり応えなければいけないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人口減少社会とはこういう事?

私も以前少子化について触れていました。 5/31に放送されたNHKスペシャル「戦後70年 ニッ

記事を読む

河村さん(伊達直人)、そのとおりですね。

「過去は変えられないので自分の昨日より、子どもたちの明日。身近な人、地域の子どもたちを大切にしてくだ

記事を読む

周りにストレスをかけない運転

情けは人のためならず 最近、朝の通勤で強い雨の中での走行の機会がありました。霧もあって視界はか

記事を読む

病理は同じだった

先日、その録画を見ました。 NHKスペシャル オウム獄中の告白~死刑囚たちが明かした真相~

記事を読む

「ギンギラギンにさりげなく」と「赤いスイートピー」

2015紅白のトリは80年代のアイドル二人でしたね。   マッチ・・・カッコよ

記事を読む

「直」とはこれなのでは

6月6日の朝のNHKニュースでやっていました。 「アイドルから”日韓”が見える?」 &n

記事を読む

「なんで、ちゃんとやらないんだ・・・」

築地で働いている人の協会の上の人がインタビューに答えているなかにありました。 そうですよね・・

記事を読む

佐村河内氏は話し言葉が分かっている

「今(手話)通訳者を見ないで答えましたよね・・・」 昼食時にワイドショーで謝罪会見を扱っている

記事を読む

ノーベル平和賞 サーロー節子さんの演説

備忘のために記します。 「 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さ

記事を読む

「田舎のプロレス」に失礼

自国の議会を貶めるコメントがあったようですが、まさに官僚のおごりではないでしょうか。 以前にも

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑