*

当事者じゃない自分ができること

公開日: : 最終更新日:2019/06/02 社会

川崎で凄惨な事件が起きました。

犯人は自殺したため、動悸は明らかになりません。

 

前の事故の際にも書きましたが、当事者ではない自分ができること・・・

 

犯罪心理学的には今回は「拡大自殺」とのこと・・・

であれば、死にたいと思っている人の引き金を引くようなことをしない・・・

これが、自分ができること。今までそんなことしたことがあるのか?ないとは思うが、意識することでよりそうしないように変わるかもしれない。

このようなことが起きないようにするにはどうすればいいのか、科学的に根拠のある対策を世の中が共有しないのであれば、また起きる・・・どんなに可哀想と思っても。

 

では、以前に表明した、横断歩道で渡ろうとしていたら一時停止、は続けているのか?

続けてます。2ペダルだったら・・・わざわざ止まる?でも、3ペダルは発進は「楽しい」事なので・・・その道交法を守る=楽しいのです。

ただ、横断歩道ではないところで渡ろうとしているのはどうする?という問題点が・・・これは止まらないことにしている。その行為自体がその場の危険につながるので・・・。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ファシズムを繰り返さないために

自分を集団に融合させることで孤独を忘れようとする習性・・・ 集団に依存しきってしまう→ファシズ

記事を読む

こういう船長(責任者)って

報道されていることが事実だとすると、あまりにも酷過ぎて亡くなった人は浮かばれませんね。 船長が

記事を読む

編集は自由なのか

安倍晋三首相は10月6日の衆院予算委員会で、朝日新聞の報道について 「民主主義がしっかりと健全

記事を読む

佐村河内氏は話し言葉が分かっている

「今(手話)通訳者を見ないで答えましたよね・・・」 昼食時にワイドショーで謝罪会見を扱っている

記事を読む

甲府、観測史上最大の積雪

63㎝76㎝!これはかつて暮した上越の高田並み・・・ (さらに増えて114㎝、一晩でこれは高田

記事を読む

本当の事が知りたい

先日の手応えのあったラウンドで、面白いことがありました。 それはグリーン上でした。 ボー

記事を読む

上越市(謙信公の本拠地)が甲府市に除雪車と運転手を派遣

このニュースは今回のことではじめてホッとさせてくれました。 「新潟県上越市は2014年2月17

記事を読む

負けた理由

自分の備忘のために、夏にはこのことを考えていきたいと思います。 「負けに不思議な負けなし。」

記事を読む

ボーっと生きていてはいけない

そっちではなくて、例の如く「100分de名著」です(^_^;) オルテガの「大衆の反逆」

記事を読む

人を幸せにしてくれるAI

AIによって人の暮らしがどう変わっていくか・・・今後AIとどう共存していけばいいのか・・・ そ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑