*

本当の事が知りたい

公開日: : 最終更新日:2019/09/20 社会

先日の手応えのあったラウンドで、面白いことがありました。

それはグリーン上でした。

ボールの後ろから見た時と、カップの向こう側から見た時で傾斜(どちらに切れるか)が反対に見えることが続きました・・・

反対から見て分かっても、いざ打とうとすると・・・どうしてもそのラインには見えない。

「見た目に騙されてはだめだよ・・・」とアドバイスをいただきました。

一緒に回ってくれた、ゴルフを楽しんでいるご夫婦はカップ付近に立って傾斜を感じていました。じかに「そこ」の傾斜を確認する。「そこ」の事を本当に知りたいのであれば・・・(プロゴルフツアーの中継でもそういうシーンがありました。プロもやっている・・・)

 

 

大事なことは、「知ろうとする」ことのようです(^_^;)

見えている人の「ここから見るとよくわかるよ・・・」というアドバイスに耳を傾ける・・・

 

(本当のラインを知るには・・・)

カップ際に立って傾斜を感じたり、グリーンの一番高いところに行ったり、反対側から見たり・・・

私は、ボールのところから唸っていないで本当のラインを求めて必要なポイントへ見にいきたいと思います。

 

(でも、それは何のため?

以前のプレーの結果を知ったり詳しい人の見解を得たりするのは、今これから打つパットのため・・・

追伸:

打つところから唸っていないでいろいろ見に行かなければ本当のラインは見つからない・・・

見つかりました!私が知りたかったことは「これ」でした。

意外な人物がその検証を提唱していました・・・

「まず我が国が、戦争責任の所在を究明、検証し、その政治的、道徳的責任を明らかにしなければ、関係国との歴史的和解が長期にわたって困難となり、相互に得るところ少なく、失うことが多くなるのみだろう。」

自分が今一番知りたいことを彼によって届けられるとは・・・読売新聞の主筆の取り組みに敬意を表します。

読売は以前にも戦争責任について中曽根元総理の表明をを載せていました・・・

(知ることによってしか救われない・・・)

「昭和戦争」から何を学ぶべきか・・・

・国際情勢、読み誤る。

・幕僚政治 責任不問で弊害噴出

・議会 戦争を無批判に追認

・世論形成 新聞、報道の使命放棄

・人命・人権の軽視

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

河村さん(伊達直人)、そのとおりですね。

「過去は変えられないので自分の昨日より、子どもたちの明日。身近な人、地域の子どもたちを大切にしてくだ

記事を読む

はじめてのおつかい?

この春、長男が高校に進学し、次男は中2になります。 昨日の帰宅後、二人が満面の笑みを浮かべて昼

記事を読む

賠償と処理に20兆円!

あまりにもリスクが大きすぎではないでしょうか。 (一施設にそれだけのリスクがあるって・・・)

記事を読む

人を幸せにしてくれるAI

AIによって人の暮らしがどう変わっていくか・・・今後AIとどう共存していけばいいのか・・・ そ

記事を読む

ライトを点けましょう。

台風18号の迫る中の通勤でした。本格的な風雨で斜線変更時はかなり神経を使う状況でしたが、ライトを点け

記事を読む

中曽根元総理の寄稿

戦後70年に当たり中曽根元総理の寄稿が報道されています。 特に以下の部分に感銘を受けました。

記事を読む

新撰組じゃなくて・・・

なぜ、守旧派の実力集団である新撰組なのか・・・という池上氏の質問に、 そうかもしれない・・・で

記事を読む

人の中に巣くう「争う心」と決別する

安倍首相が2016年5月14日に都内の会合であいさつし、オバマ米大統領の広島訪問に関してのコメントの

記事を読む

多数決⇒民主主義ではない

EU離脱に際した英国の混迷を見るとつくづく考えさせられます・・・ これについて考えるのにNH

記事を読む

見つかってよかった・・・

大和君、すごい・・・ 5月28日からだから、まだ寒いし・・・クマに襲われたのでは?とみんな心配

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑