*

中曽根元総理が亡くなった。

公開日: : 社会

「大勲位」という表現がまず来ることの方が多いのでしょうか。

でも、私は「風見鶏」になってしまうのです・・・

彼をそう思っていたという事ではなく、父がそう言っていたから・・・

父が言うには、「青年将校」だったのに首相になった頃?は派閥の力学の中で生き抜く姿をそう揶揄されていたことも。

思えば、私はまず父の人物評が入る・・・その後、逆に否定から入る時期も・・・

(大鵬が好きな人が、なぜ長嶋はダメなのか・・・)

ちなみに母の実家の選挙区で、「票を読む」とはそういう事だったのかと知ることに・・・

 

私の中では、そういうところもあったのかと、後で人物評を考えさせられた最右翼かもしれません・・・

最晩年の寄稿には感銘を受けました。

「(当時の指導者の戦争責任について)日本人自らの責任で決着をつけるべきだった。

「東西冷戦がはじまったことで、日本社会としての戦争の総括が中途半端に終わってしまった

 

彼は、まだほかに残しているのではないかと、感じるのですが・・・

 

もしかしたら、実はそのチャンスが来ていたのかもしれませんが、またつぶされるのでしょうか・・・

(歴史の見方は、結局その後誰が得したのか・・・)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ライトを点けましょう。

台風18号の迫る中の通勤でした。本格的な風雨で斜線変更時はかなり神経を使う状況でしたが、ライトを点け

記事を読む

「歩行者軽視」に向き合う

また、子供たちの列に車が突っ込む事故が起きました・・・ でも、かわいそうに・・・残念・・・はあ

記事を読む

パナマ文書は現代の「パンがないなら・・・」

これは自分たちの問題なのでは・・・   富裕層に、 「パンがないならケー

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

「田中角栄って知ってる?」

中3の長男が訊いてきました・・・ ここまでくれば角栄ブームも本物でしょうか(^_^;)

記事を読む

子供たちが3.11が何の日か答えられなかった

子は鏡 ショックでした。「東日本大震災」とちゃんと言えませんでした。 しかし、これは自分

記事を読む

韮崎で小水力発電

こういうのが作れるところ、日本には多いと思うのです。   大地が怒っている・・

記事を読む

「沈没船ジョーク」を聞いて

長男から教わりました・・・ 「フランス人は・・・あ、忘れちゃった。一番面白かったのに・・・」

記事を読む

政治生命をかけた冒険?

ジャーナリストの田原総一朗氏がなんか動いているようですね・・・ 「(衆院)解散ではない。そんな

記事を読む

小保方さん、公式戦でホームランを

「200回はSTAP細胞を作成した・・・」 私が子供たちに話したのは、 「試合で、それも

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑