中曽根元総理が亡くなった。

「大勲位」という表現がまず来ることの方が多いのでしょうか。

でも、私は「風見鶏」になってしまうのです・・・

彼をそう思っていたという事ではなく、父がそう言っていたから・・・

父が言うには、「青年将校」だったのに首相になった頃?は派閥の力学の中で生き抜く姿をそう揶揄されていたことも。

思えば、私はまず父の人物評が入る・・・その後、逆に否定から入る時期も・・・

(大鵬が好きな人が、なぜ長嶋はダメなのか・・・)

ちなみに母の実家の選挙区で、「票を読む」とはそういう事だったのかと知ることに・・・

 

私の中では、そういうところもあったのかと、後で人物評を考えさせられた最右翼かもしれません・・・

最晩年の寄稿には感銘を受けました。

「(当時の指導者の戦争責任について)日本人自らの責任で決着をつけるべきだった。

「東西冷戦がはじまったことで、日本社会としての戦争の総括が中途半端に終わってしまった

 

彼は、まだほかに残しているのではないかと、感じるのですが・・・

 

もしかしたら、実はそのチャンスが来ていたのかもしれませんが、またつぶされるのでしょうか・・・

(歴史の見方は、結局その後誰が得したのか・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました